【2020年最新】FUJIFILM(富士フイルム)のレンタルにオススメな交換レンズ10選

みなさんは富士フイルムと聞いて何を思い浮かべますか?

カメラのフィルムメーカー?化粧品・医薬品メーカー?

様々な顔も持つ富士フイルムですが今回はミラーレス時代において勢いのあるカメラメーカーとしての富士フイルムからオススメレンズをご紹介させて頂きます!

入門用単焦点レンズから広角・望遠レンズまで幅広い機種を解説付きでご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

FUJIFILM(富士フイルム)レンズの魅力とは?

ミラーレスカメラ時代において勢いのあるカメラメーカーの富士フイルム。

オススメのレンズを紹介する前にサラッとおさらいしておきましょう!
富士フイルム初のカメラの誕生は1948年(昭和23年)4月、ブローニー判フィルムを使用する画面サイズ6cm×6cmのスプリングカメラ“フジカシックスIAです。このカメラは富士フイルムが光学機器事業進出を決意してから10年目に完成したカメラでまさに富士フイルムの歴史に残る1台となりました。

その後カメラの効率生産のため1950年(昭和25年)3月、カメラの生産を富士写真光機に集約して光学機器事業部を発展させます。

まさに老舗カメラメーカーといえる富士フイルムの特徴をご紹介します!

美しいメカデザイン

カメラボディ本体及びレンズを選ぶ際のポイントとして重要なのはもちろん性能だと思いますが、それと同じくらい大切なのがデザイン(外観)だと思いませんか?富士フイルムのレンズは往年のレンジファインダー機を彷彿させるレトロなデザインや、アルミ削り出しのパーツを惜しみなく使用するなど美しいメカデザインが特徴で、所有する喜びを感じさせてくれるそんなカメラやレンズなのです。

独自のフィルムシミュレーション

富士フイルムのミラーレスカメラの特徴として、フィルムシミュレーションという機能が存在します。

これは、富士フイルムがフィルムカメラ時代に製造していたフィルムをデジタルカメラで再現した機能で独特の色合いであったり、どこか懐かしい粒子感などを感じられる写真を撮ることができるのです。まさに老舗カメラメーカーの富士フイルムだからこそ実現できた機能といえるでしょう。

FUJIFILM(富士フイルム)のオススメ交換レンズ10選

FUJIFILM フジノンレンズ XF8-16mmF2.8 R LM WR

迫力満点の写真が狙える、超広角レンズ。

このレンズはF2.8通しの大三元レンズといわれる明るいズームレンズで、8-16mmという焦点距離の通り広角域を担う広角ズームレンズになります。

富士フイルムのレッドバッジと呼ばれる高性能ズームレンズにしか付けられない称号がつけられておりこのレンズもその名に恥じない高性能なレンズです。

超広角レンズの最大の敵であるディストーションや球面収差を抑えるために富士フイルムは4枚の非球面レンズを使っています。

さらにスーパーEDレンズ3枚を含む合計6枚のEDレンズによって倍率収差を抑制しどの焦点距離でも高い解像度の描写を実現しました。

像面湾曲補正機構というものを採用しており、これによりズームに合わせて像面湾曲補正レンズを駆動させズーム全域で像面湾曲を補正してくれます。

コーティングにはダブルナノGIコーティングというものを採用しフレアやゴーストの発生を抑えてくれ、フィールドでの使用をより快適なものにしてくれるでしょう。

レッドバッジらしく防滴防塵性能も優れていてー10度まで耐えられる耐低温構造も採用されています。

像面湾曲や各種収差も抑えられF2.8通しのこのレンズはまさに大三元レンズにふさわしいスペックになっているといえるでしょう。

 

サイズ 約121mm
重量 約950g
レンズ構成 13群20枚
手ブレ補正 なし
焦点距離 8-16mm(35mm換算12-24mm)

■購入する場合は、199,480円(2020/5/18現在カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額23,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額13,800円で1週間借りることができます。

FUJIFILMフジノンレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro

人物撮影にバッチリ使える、中望遠レンズ。

35mm換算122mmの焦点距離の中望遠マクロレンズのこのレンズは、名前の通りマクロ撮影が可能なレンズで富士フイルムの高性能センサーの性能を余すところなく発揮できるレンズです。

マクロレンズらしく高解像度の描写を得意とし非球面レンズ1枚・レンズ3枚・スーパーEDレンズ1枚を採用することにより、球面収差と色収差をバランスよく抑制してくれて高い解像性能を実現させました。

富士フイルムのレンズラインナップ「Xシリーズ」では、初の等倍撮影を可能にし被写体を原寸大でセンサー上に映し出すことが出来るようになり、迫力のある描写が可能です。フォーカス方式にはフローティングフォーカスを採用したことにより近接も含めた全撮影領域で収差を良好に抑制し、高画質な撮影を実現します。

マクロ撮影の際に重要になってくるのが手ブレ対策でこのレンズはOIS(手ブレ補正機構)を搭載し、ジャイロセンサーと加速度センサーによりシフトブレと角度ブレを補正しブレのない高解像度の描写が可能になりました。

リニアモーターを搭載することにより静かで正確なピント合わせが可能になり被写体に近づくことの多いマクロ撮影では大変役に立つでしょう。防滴防塵性能もしっかりしており−10度でも耐えられる耐低温構造も採用されています。

フィールドでも物撮りでもどちらでも活躍するこのレンズをぜひ試してみてくださいね!

サイズ 130mm
重量 約750g
レンズ構成 12群16枚
手ブレ補正 約4.0段分
焦点距離 80mm(35mm換算122mm)

■購入する場合は、113,760円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

FUJIFILMフジノンレンズ XF23mmF2 R WR [ブラック]

リーズナブルでコンパクト。お散歩向きの単焦点レンズ。

このフジツボ型の形が特徴のこのレンズは35mm換算35mmの焦点距離を持つ広角レンズで、見た目通り軽量コンパクトで持ち運びに便利なレンズといえるでしょう。

その特徴的な見た目は富士フイルムのレトロなデザインのミラーレスカメラにぴったり合うように作られており、リーズナブルなお値段ながら金属製の部品も多く使われています。

スナップ撮影に最適で、お散歩しながらのスナップ撮影や旅先での記念撮影など様々な場面で活躍すること間違いなし!光学性能も申し分なく非球面レンズを二枚使用して像面湾曲を抑制し、広角レンズでありがちな歪みを少なくしてくれます。

そして最大の特徴はインナーフォーカス方式を採用し軽量なフォーカスレンズを、静粛性と制御性に優れるステッピングモーターで駆動させるため静かで高速なピント合わせが可能になりました。

−10度でも耐えられる耐低温構造と防滴防塵性能も搭載されており、早いAF・軽量コンパクト・防滴防塵性能、まさに日常生活での使いやすさを追求したレンズと言えるでしょう。 

サイズ 51.9mm
重量 約180g
レンズ構成 6群10枚
手ブレ補正 なし
焦点距離 23mm(35mm換算約35mm)

■購入する場合は、45,099円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

FUJIFILMフジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

航空・鉄道撮影はお手のもの。手ぶれ補正機構搭載の超望遠レンズ。

このレンズは、富士フイルムの高性能レンズラインナップであるレッドバッジに属するレンズで、35mm換算152-609mmの望遠レンズになります。換算600mmを超える望遠レンズがあればモータースポーツや航空機・鉄道撮影などあらゆる場面で活躍すること間違いなしですね!望遠レンズで起こりやすい色収差をED(異常分散)レンズ5枚とスーパーEDレンズ1枚を含む高性能レンズにより徹底的に低減し、超望遠レンズでありながら色収差が限りなく少ない高画質な描写を実現しています。

また最大撮影倍率が望遠端で0.19倍なのでテレマクロのような使い方をすることも可能です。

AFにはリニアモーターを採用し、静かで高速なピント合わせが可能で、動きものや航空・鉄道撮影などで重要なAFのスピードや正確性も文句なしの性能となっています。

クラス最高レベルとなる最大約5.0段分の手ぶれ補正機構を搭載しており600mmを超える望遠端でも手持ちでの撮影が可能になり、望遠レンズとしては軽量な質量1.4kgのレンズと相まってとても扱いやすい超望遠レンズと言えるでしょう。

ぜひ最高クラスの高画質と換算600mm相当の超望遠レンズを試してみてくださいね! 

サイズ 270mm
重量 約790g
レンズ構成 14群21枚
手ブレ補正 約5.0段
焦点距離 100-400mm(35mm換算約152-609mm)

■購入する場合は、185,000円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

FUJIFILMフジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

美しいボケ味のポートレート撮影がウリ。

このレンズは、35mm換算約137mmの焦点距離を持つ望遠単焦点レンズです。

広角単焦点レンズ・標準単焦点レンズ・望遠(中望遠)単焦点レンズ、それぞれ得意な被写体がある中でこの望遠単焦点レンズといわれる137mmの画角はポートレート撮影やスポーツ撮影に最適な焦点距離だと言われています。

このレンズもまたXマウントにおいてポートレート撮影の時は必須のレンズといっても過言ではありません。大口径のEDレンズを三枚も配置することにより望遠レンズで発生しやすい色収差を効果的に抑制し、絞り開放からシャープな描写を実現することに成功しています。口径食を最小限まで排除するよう設計されたレンズ設計と円形絞りの採用により美しいボケ味を出し、その鋭い解像感をより引き立たせてくれるでしょう。

マクロレンズではないこのレンズですが、近接60㎝、撮影倍率0.3倍と優秀な近接撮影能力もありその解像度の高さをあらゆる場面で発揮することができます。

AFはクアッド・リニアモーターカという機構を採用しボディとの組み合わせによっては最速0.14秒という驚異的な数字をたたき出しました。

美しいボケ味・チャンスを逃さない素早いAFまさにポートレート撮影にぴったりのレンズです! 

サイズ 105mm
重量 約540g
レンズ構成 8群11枚
手ブレ補正 なし
焦点距離 90mm(35mm換算約137mm)

■購入する場合は、98,110円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

FUJIFILMフジノンレンズ XF16mmF1.4 R

広角レンズで、ダイナミックな風景写真を。

このレンズは35mm換算約24mmの広角大口径単焦点レンズになります。

24mmという焦点距離は標準ズームレンズのワイド端と同じことから、慣れ親しんだ方も多いのではないでしょうか?

標準ズームレンズがあるから別に24mmの単焦点レンズはいらないかなと思っている方にも、このレンズはぜひ試してみて欲しいレンズでその理由を説明します!まずこのレンズはF1.4の大口径レンズで光学性能についても、非球面レンズ2枚、EDガラスレンズ2枚を使用し、歪曲収差や色収差などの収差を低減し開放からシャープな描写を実現しています。

またレンズの全面に高い光学性能を誇るHT-EBCコートをほどこし、レンズの背面にはナノGIコートが採用されておりこれによりフレアやゴーストに対して高い耐性を持つことが出来ました。

そしてこのレンズの最大の特徴は、24mmの広角単焦点レンズ初となる最短15㎝での接写が可能になったことです。

これにより広角レンズのダイナミックな画角のまま被写体に寄って撮影することが出来るようになったので今まで見たことのない景色がファインダーに写ることでしょう。

是非ともこの大口径広角レンズでのダイナミックの描写を試してみてくださいね! 

サイズ 73mm
重量 約375g
レンズ構成 11群13枚
手ブレ補正 なし
焦点距離 16mm(35mm換算約24mm)

■購入する場合は、106,049円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

FUJIFILMフジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

イベント行事で活躍間違いなしの、大三元レンズ。

このレンズは、35mm換算約24-84mmの焦点距離を持つ標準ズームレンズで、富士フイルムの高性能ズームレンズの証であるレッドバッジがついています。標準ズームレンズのF2.8通しといえばだれもが憧れる大三元レンズの一つです。このレンズも標準ズームレンズとして最高画質を目指した光学設計をしており非球面レンズ三枚で球面収差やディストーションを抑制し、異常分散ガラス3枚で倍率色収差と軸上色収差(望遠)を低減、ズーム全域で高解像度の描写を可能にしています。

レンズの全面に富士フイルム独自のHT-EBC をほどこすことにより、フレアやゴーストを抑えシャープな描写を実現しました。

リニアモーターのAFのおかげで静かで高速のオートフォーカスが可能になり、どんな場面でも快適にオートフォーカスがバシバシ決まってくれます。イベントやお子様の学校行事などレンズ交換をする暇がないほど忙しい撮影現場ではやはりこのズーム全域で高解像度の描写をしてくれる大三元レンズが活躍すること間違いないでしょう! 

サイズ 約129mm
重量 約655g
レンズ構成 12群17枚
手ブレ補正 約4.0段分
焦点距離 16-55mm(換算約24-84mm)

■購入する場合は、113,400円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

FUJIFILMフジノンレンズ XF56mmF1.2 R APD

富士フイルムの技術が結集した、ポートレート撮影用レンズ。

このレンズは35mm換算約85mmの望遠大口径単焦点レンズになります。

焦点距離85mm・大口径レンズとくれば、このレンズがポートレート撮影に向いていることはカメラ好きの方ならすぐに分かったのではないでしょうか?

85mmという中望遠の焦点距離は被写体との距離が絶妙で、バストアップを撮るにも引きで全身を撮影するときにも望遠レンズの圧縮効果と大口径レンズの美しいボケ味によって美しい写真に仕上ります。

光学性能も素晴らしく両面非球面レンズ一枚・EDレンズ二枚によって各種収差を補正し、さらにこのレンズ最大の特徴であるAPDフィルターの搭載によってさらに美しい描写を実現しています。

APDフィルターとは、富士フイルムが独自に開発したアポダイゼーション・フィルターのこと。

このフィルターによりボケの輪郭が滑らかにとろけるようなボケになり解像感の高い描写と相まって立体感のある表現になるのです。

ぜひ富士フイルムの技術が結集したこのレンズを試してみてくださいね!

サイズ 69.7mm
重量 約405g
レンズ構成 8群11枚
手ブレ補正 なし
焦点距離 56mm(35mm判換算:85mm相当)

■購入する場合は、142,383円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

FUJIFILMフジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

人物撮影も、風景撮影も、そつなくこなす優れもの。

このレンズは、35mm換算約76-213mmの焦点距離を持つ望遠ズームレンズで、富士フイルムの高性能ズームレンズの証であるレッドバッジがついています。

富士フイルムの大三元レンズのひとつで望遠域を担うこのレンズは世界初のトリプルリニアモーターを搭載しており、高速AFを実現するインナーフォーカスという方式を採用。これによりフォーカスレンズの軽量化とトリプルモーターのおかげで静かで高速なオートフォーカスを実現しました。

またシャッターを半押しをしてピント合わせをした後でも、マニュアルフォーカスが可能など快適な操作感にもこだわりを感じることができますね。

手ブレ補正機構も充実していて、世界最高クラスの約5.0段分の手振れ補正効果とF2.8通しの明るさをいかして望遠端での撮影でも手ぶれすることなく撮影することができます。

光学性能ももちろん優秀で円形7枚絞りにより美しい円形のボケを生み出し、望遠レンズの圧縮効果によって人物撮影も風景写真もそつなくこなす優秀なレンズといえるでしょう。

フィールドでの使用にも配慮されており、鏡筒各部にシーリングをほどこすことにより防滴防塵性能と−10度まで耐えられる耐低温構造が採用されています。

サイズ 175.9mm
重量 約995g
レンズ構成 16群23枚
手ブレ補正 約5.0段
焦点距離 50-140mm (35mm判換算:76-213mm相当)

■購入する場合は、155,810円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

FUJIFILMフジノンレンズ XF35mmF1.4 R

ポピュラーな単焦点レンズ。

このレンズは35mm換算約53mmの標準単焦点レンズとなります。

一番ポピュラー単焦点レンズは何かと聞かれたら最初に頭に浮かぶのが、50mmの標準単焦点レンズではないでしょうか?

ボディに付属していたキットレンズからのステップアップはもちろん幅広いユーザー層から愛されるそれが標準単焦点レンズです。このレンズもまさにXマウントユーザーにとって必須の標準単焦点レンズといっても過言ではないと思います。この見た目通り軽量コンパクトのこのレンズは、ボディが小さい富士フイルムのカメラとの相性は抜群で、どこに持ち運びするにも大変使いやすくスナップ撮影にぴったりのレンズです!

このレンズの特徴として、第5レンズと呼ばれる場所にガラスモールド非球面レンズというものを採用したことにより球面収差を極力抑えることに成功しています。

基本中の基本、王道のこのレンズをぜひ試してみてくださいね! 

サイズ 50.4mm
重量 約187g
レンズ構成 6群8枚
手ブレ補正 なし
焦点距離 35mm(35mm判換算:53mm相当)

■購入する場合は、55,728円(2020/5/18現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

まとめ

ここまで富士フイルムのレンズをご紹介させてもらいましたがいかがでしょうか?

富士フイルムのレンズの特徴として、やはり美しいメカデザインとコストパフォーマンスの良さだと思います。

軽量コンパクトで高性能のレンズも多いため、重くて大きいカメラやレンズに疲れてしまった方もぜひGooPassで富士フイルムのレンズを試してみてください!

  FUJIFILM(富士フィルム)の 交換レンズを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

※GooPassサービス紹介はこちら

 

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。