【2020年最新】FUJIFILM(富士フイルム)のオススメ望遠レンズ5選

カメラといえば、どこのメーカーを思い浮かべるでしょうか?Canon(キヤノン)・Nikon(ニコン)・SONY(ソニー)など、多くの会社がしのぎを削っているカメラ業界。今回は数あるメーカーの中でも、フィルム時代から根強い人気を誇るFUJIFILM(富士フイルム)の魅力と、おすすめの望遠レンズを紹介します。「望遠レンズは重くて持ち運びづらい」というイメージがあるかもしれませんが、コンパクトが信条のFUJIFILMは携帯性に優れた望遠レンズを揃えています。望遠レンズの特徴や選び方も併せて紹介しますので、参考にしてみてください。

FUJIFILM(富士フイルム)とは

FUJIFILMはフィルムカメラメーカーと思われがちですが、デジタルカメラにおいてもシェアも拡大しています。FUJIFILMのこだわりの1つは、レトロ調な外観。フィルムカメラ時代を彷彿とさせるような、懐かしいデザインが人気です。一眼カメラであっても重々しくない「おしゃれカメラ」という立ち位置で、ファッションの一部としても取り入れることができるでしょう。またFUJIFILMは他社メーカーと異なり、フルサイズ機を製造していません。APS-C機に集中したラインナップで、フルサイズカメラにも劣らない画質・性能を実現しています。

フィルム会社として成長してきたFUJIFILMは、市場がデジタルに移行する中、フィルムカメラの特徴や魅力を受け継いだカメラを製造してきました。フィルムシミュレーションと呼ばれる独自の機能で、フィルムカメラのような雰囲気をデジタルカメラで味わうことができます。ざらざらとした粒状の質感に加え、独特な色彩の表現。FUJIFILMで撮った写真はレタッチを加えることなく、フォトジェニックな仕上がりが期待できます。旅先でも写真をすぐにシェアできる点が喜ばれており、時代に合ったカメラを作り続けるメーカーといえるでしょう。

FUJIFILM(富士フイルム)製レンズの特徴と見方

FUJIFILMは、小型・軽量に特化したミラーレス一眼カメラに主力を注いでいます。APS-C機のセンサーサイズを持つ一眼カメラはXシリーズと呼ばれ、レンズマウントはXマウント。フジノンの光学技術を生かした高い描写力を誇るレンズ群です。ラインナップが豊富な単焦点レンズに加え、広角から望遠にいたるまで使い勝手のよい焦点距離のレンズが存在します。Xマウントのフジノンレンズは2種類あり、「XFレンズ」と「XCレンズ」。XFレンズはマウント部分に金属を採用し、高級感溢れるデザインのレンズです。大口径レンズが多く、価格設定も高めである点が特徴。一方のXCレンズは、プラスチック製の外観にすることで低コストに抑えています。

フジノンレンズには製品名に「R」が付いているレンズがありますが、これは絞りリングと呼ばれる、F値(絞り値)を変えるリングが装着されているレンズ特有の表記です。絞りリングがついているのはXFレンズのみで、設定値が分かりやすい構造になっています。「LM」の表記は、リニアモーターを意味します。ピント合わせにリニアモーターが使用されているため、AFは駆動音が静音かつ精度も高め。OISの表記は手ぶれ補正機能の有無を表しています。RWは防塵・防滴加工が施されているレンズのことで、安価な製品であっても防塵・防滴の機能がついている点がFUJIFILMの特徴です。

望遠レンズの特徴

望遠レンズは、焦点距離が長く画角が狭いレンズです。一般的な35mm判換算で、85mm前後から105mmほどの画角を持つレンズを中望遠レンズ、105mmから300mmを望遠レンズ、300mm以上の焦点距離のものを超望遠レンズと呼びます。全長が長く重いレンズが多いため、使いづらいと感じる人もいるかもしれません。しかし広角レンズや標準レンズにはできない、狭い画角に被写体を凝縮した高密度の表現が可能です。特徴や描写性能を把握し、望遠レンズならではの写真を撮ってみましょう。

望遠レンズのメリット

遠くのものを大きく写せる
一番イメージしやすいのは、遠くの被写体を大きく撮影できる点です。運動会や演奏会・乗り物・スポーツ観戦・動物園・結婚式など、被写体に接近できない際に活躍するのが望遠レンズ。広角レンズや標準レンズでは小さく写ってしまう被写体も、望遠レンズを使うことで大きくはっきりと写せるのです。

背景が大きくボケる
焦点距離が長い望遠レンズは、浅い被写界深度を活かした、背景を大きくぼかす写真が得意です。背景をぼかして被写体を際立たせる、ポートレートや草花撮影といった身近な撮影にも役立ちます。

圧縮効果が期待できる
望遠レンズでは、遠くにある被写体が実際よりも近くに迫って見える「圧縮効果」がはたらきます。これにより、本当は遠いはずの山や月が近くに見えたり、手前の被写体と奥の被写体が近接して見えたりするのです。少人数でも大勢が集まっているような描写や、少ない花や木がたくさんあるように表現することも可能。見たままとは異なる画を作り出せる望遠レンズは、まさに作品作りのレンズといえるでしょう。

望遠レンズのデメリット

重い・かさ張る
望遠レンズのデメリットに、重くかさ張る点が挙げられます。特に高倍率の望遠ズームレンズ・超望遠レンズでは、使用レンズの枚数も多く、中には2kgを超えるものも。慣れないうちは重さや大きさが理由で持ち運びが面倒だと感じてしまうかもしれません。旅行などに携帯するには不向きなレンズもあるため、手に入れる際にはどのようなシチュエーションで使用するのか、あらかじめ考えておくことが大切です。

手ぶれしやすい
焦点距離が長くレンズ自体が重い望遠レンズでは、手ぶれを起こしやすくなってしまいます。撮影をしていてピントがブレてしまう場合は、シャッタースピードを早くするか、三脚の利用をおすすめします。望遠レンズは最短撮影距離が長めに設定されているものが多く、近くの被写体にピントを合わせることができません。被写体との距離がとれない場面では、使用が難しいことを覚えておいてください。

望遠レンズの選び方

望遠レンズとひと口にいっても、焦点距離に大きな差があります。自分が撮影したい被写体に合わせてレンズを選びましょう。35mm判換算で、85mmから105mmほどの焦点距離のレンズが中望遠レンズ。開放値の明るいレンズが多く、ポートレートに最適です。105mmから300mmほどの画角は撮影のカバー範囲が広く、運動会や動物園、鉄道や、圧縮効果を狙った風景に至るまで、多くのシーンで活躍が期待できます。被写体との距離が遠い野鳥撮影やスポーツ撮影、月や星雲などの天体撮影の場合には、超望遠メンズがおすすめ。

メーカーによっては600mmを超える超望遠レンズを製造していますが、手持ち撮影が難しいレンズも多いので、積載耐荷重の大きい三脚も必要になってきます。初心者の方や撮りたい被写体がはっきり決まっていない方は、汎用性の高い105mmから300mmほどの焦点距離を持つズームレンズを使ってみるのがよいでしょう。

FUJIFILM(富士フイルム)のおすすめ望遠レンズ5選

フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

広角から望遠までをカバーする高倍率ズームレンズ。

35mm判換算でおよそ23mmから106mm相当の画角は、広角から望遠までの幅広い撮影に対応します。ポートレートやスポーツシーンに役立つ、7.5倍の高ズーム。汎用性のある画角を1mm単位で調整できるため、この1本で日常的な撮影をほとんどカバーできるといっても過言ではないでしょう。4枚の非球面レンズと2枚の異常分散レンズを使い、望遠側であっても色収差が気になりません。0.2%の低い反射率と、99.8%の透過性を誇るコートをレンズ前面に施し、逆光で発生しやすいフレアやゴーストを徹底的に抑えました。手ぶれ補正機能が搭載されているため、三脚を使わない手持ち撮影でも高画質な撮影が期待できます。高性能と高倍率ズームを併せ持ちながら、質量は490g。防塵・防滴構造も施されているため、よりアクティブな撮影が楽しめるはずです。

製品名 フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
マウント Xマウント系
焦点距離 18~135mm
F値 F3.5
最短撮影距離 0.45m
絞り羽根枚数 7枚
重さ 490g

■購入する場合は、87,369円(2020/10/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

フジノンレンズ MK50-135mmT2.9

軽量ながら高い描写性能を持つシネマレンズ。

シネマレンズの「MKレンズシリーズ」であるMK50-135mmT2.9は、動画専用のレンズです。シネマレンズとしては低価格ながら、単焦点レンズに匹敵する高画質を実現。全焦点距離でT2.9の明るい撮影が可能です。動画撮影では、焦点距離によってフォーカス位置がズレる「引きボケ」が生じてしまうことが多く、その場合はズームを変える度にフォーカスを確認しなくてはいけません。ただし、MK50-135mmT2.9はフランジバック(レンズのマウント面から画像素子までの距離)の調整機構が付いているため、全域でフォーカスがズレることなく、引きボケが発生しづらいズームレンズです。フォーカスリングに関しても200°の広い回転角で、浅い被写界深度の撮影でも精度の高いピント合わせが可能になりました。

製品名 フジノンレンズ MK50-135mmT2.9
マウント Xマウント系
焦点距離 50~135mm
F値 F2.8
最短撮影距離 0.85m
絞り羽根枚数 9枚
重さ 1080g

■購入する場合は、534,101円(2020/10/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額17,800円で1週間借りることができます。

フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

高速AFと手ぶれ補正でシャッターチャンスを逃さない。

35mm判換算で76mmから213mm相当の画角を持つ望遠レンズ。16群23枚のレンズには、EDレンズが6枚使用され、色の収差を極限まで抑え込みました。独自のコーティング処理であるHT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)や、ナノGIコーティングが施されたレンズは、フレアやゴーストの少ない優れた描写力を発揮します。外観に関しても、フォーカスリングと絞りリングに金属製品を採用し、重厚感ある質感を実現しました。防塵・防滴加工・マイナス10度までの耐低温構造により、FUJIFILMの一眼カメラX-T1と合わせることで、過酷な状況下でも問題ない撮影が楽しめます。5段階の強力な手ぶれ補正機能が、望遠レンズであっても手持ち撮影をサポート。リニアモーターの採用で、静音かつより高速なAFで被写体を捉えます。開放値F2.8という明るさと7枚の絞り羽根は、美しい玉ボケを作ってくれるでしょう。

製品名 フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
マウント Xマウント系
焦点距離 50~140mm
F値 F2.8
最短撮影距離 1m
絞り羽根枚数 7枚
重さ 995g

■購入する場合は、149,480円(2020/10/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

軽量でコンパクトな望遠レンズ。

35ミリ判換算では84mmから305mmに相当する画角を持つ望遠ズームレンズ。汎用性のある焦点距離とお手頃な価格のXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISは、初心者におすすめの1本です。子供の運動会や遊戯会といったシーンで活躍するでしょう。全長約118mm、質量約580gと望遠レンズにしてはコンパクトに抑えている点も特徴。リニアモーターによる高速AFと、5段階の手ぶれ補正機能でシャッターチャンスを逃しません。切れ味のある描写とともに程よいボケ具合を出すことができますので、草花撮影を行なう人が好むモデルでもあります。

製品名 フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
マウント Xマウント系
焦点距離 55~200mm
F値 F3.5
最短撮影距離 1.1m
絞り羽根枚数 7枚
重さ 580g

■購入する場合は、65,980円(2020/10/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

手持ちも可能な超望遠ズームレンズ。

35mm換算で152mmから609mm相当の画角をカバーする、超望遠ズームレンズです。遠くの被写体を引き寄せ、遠近感のある画を作るのに最適な1本。ワイド側は街中でのスナップ撮影にも適しています。AFが静音であるため、演奏会などの駆動音が気になるシーンでも問題ありません。最高倍率は0.19倍で、テレマクロ撮影も可能。超望遠レンズであっても、EDレンズとスーパーEDレンズにより、発生しやすい色収差を抑えています。手ぶれ補正に関しても、5段階の補正で安定した撮影を目指しました。フッ素コーティングや撥水、防塵・防滴などの加工が、幅広い環境でのアクティブ活動を支えます。Xマウントレンズの中では重さと大きさが際立ちますが、600mmを超える焦点距離を持つレンズとしては、比較的軽量なレンズだといえるのではないでしょうか。

製品名 フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
マウント Xマウント系
焦点距離 100~400mm
F値 F4.5
最短撮影距離 1.75m
絞り羽根枚数 9枚
重さ 1375g

■購入する場合は、187,801円(2020/10/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

まとめ

FUJIFILMおすすめの望遠レンズでした。重くてかさ張るイメージのある望遠レンズですが、フジノンレンズは比較的コンパクト。望遠レンズに慣れていない方でも扱いやすいレンズが揃っています。中望遠~望遠の焦点距離を採用しているレンズが多く、日常的な撮影にも使えるFUJIFILMのレンズは、望遠レンズをより身近な存在にしてくれるはずです。望遠レンズが欲しいけれど重さでためらっている方は、ぜひFUJIFILMのレンズを選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

  FUJIFILM(富士フィルム)の 交換レンズを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

 

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年11月30日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報