【2021年最新】花や植物の撮影にオススメのカメラ10選

花や植物の撮影にオススメのカメラ

「道端で綺麗な花を見かけると、つい足を止めて手持ちのスマートフォンで撮影してしまう」「自宅で飼育している植物が蕾をつけたので、開花するまでの様子を写真に収めて記録したい」という方は、きっと少なくないはず。近年はスマートフォンに内蔵されているカメラが大幅に進化しており、誰でも簡単に高画質な写真を残せるようになりました。でも、どうせ撮るなら、より綺麗で可愛らしく、花や植物の撮影をしたいもの。そこで今回は、スマートフォンよりも高画質な、花や植物を魅力的に撮影できるオススメのカメラ10選を紹介します。

花や植物を撮影するカメラ選びのポイント

一般的な花や植物撮影は、コンパクトデジタルカメラ、一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラなど、あらゆる種類のカメラで撮影できます。花や植物の撮影に最適な使い勝手のよいカメラを求める方は、次に挙げる5つのポイントを意識してみてください。

有効画素数

大きく引き伸ばすプリントをしない限り、画素数にこだわる必要はありません。しかし、花や植物撮影はトリミングや拡大をする可能性があるため、1,600万画素以上の機種をオススメします。デジタルカメラの中には超高画素を宣伝文句にするカメラも存在しますが、装着するレンズや条件によってはスペックを生かしきれない場合も。目安としては、1,600~2,400万画素ほどあれば十分と考えてください。

重量・大きさ

遠出をして花や植物の撮影をする方や、撮影だけでなく山登りなどのトレッキングも楽しみたい方は、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)や、軽量な一眼カメラを選ぶのがオススメ。一眼カメラの場合は、ボディを軽くすると多少重いレンズを付けても負担にならないので、レンズの選択肢が増えます

マニュアルフォーカス機能があるか

花や植物の撮影で好まれるクローズアップ撮影は、被写界深度が浅いため、AF(オートフォーカス)ではピンボケすることが多く、ピントが合わせづらいという欠点があります。そんな時に使えるのが、自分でピント調整ができるマニュアルフォーカスモードです。コンパクトデジタルカメラではマニュアルモードの無いカメラもあるため、購入時にはチェックしてみましょう。

接写機能付きorレンズ交換ができるか

花や植物撮影は広角から望遠、マクロなど、撮りたいイメージに合わせた様々な撮影パターンがあります。中でも人気なのは、花を主題にしてダイナミックに写すマクロ撮影や、望遠でのズーム撮影です。一眼カメラの場合はレンズ交換で簡単に画角変更が可能ですが、コンパクトデジカメは接写・マクロ機能が付いていないと、近接撮影ができません。接写モードの有無や、最短焦点距離(被写体からイメージセンサーまでの距離)を確認して選ぶと、撮影の幅が広がります。

チルト液晶やバリアングル液晶だと便利

花や植物は地面スレスレに群生するものが多く、時には屈んで撮影しなければならない場合があります。そんなローアングル撮影時に便利な機能が、稼働液晶です。モニターを上下に動かせるチルト液晶や、回転もできるバリアングル液晶のカメラなら、無理な体勢を取る必要がないため、身体的な負担なく撮影できるでしょう。

花や植物の撮影にオススメのカメラ10選

ここからはGooPassがオススメする「花や植物の撮影にオススメのカメラ10選」を紹介していきます。

FUJIFILM X100V

x100v

撮って出しが楽しい、本格コンデジ。

富士フイルムX100シリーズの5代目となるX100V。アルミニウムを採用した高級感溢れる金属外装が、所有欲を満たしてくれます。いつ・どこへでも持ち歩けるコンパクトボディが、ふとした日常を次々と特別な作品に仕上げてくれるでしょう。一眼カメラと同様のX-TransCMOS4センサーと画像処理エンジンを採用しており、F2のレンズによって写される開放でもパリッとしたシャープな描写が特徴です。ただし、最短撮影距離は10cmなので、花を大きく写す近接撮影には向いていません。しかしながら、ボケもパンフォーカスも得意なモデルなので、風景に溶け込む花や植物撮影を行ないたい方にはオススメできます。焦点距離は23mm固定ですが、ワイド側・テレ側ともにコンバージョンレンズを用いて撮影することが可能。何より、富士フイルム独特の発色と、全17種類のフィルムシュミレーションで、JPEG撮って出しでもフォトジェニックな作品に仕上がる点が魅力です。撮影後の写真をSDカードに眠らせ気味な人・レタッチが苦手な人は、ぜひX100Vで「撮って出し」の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

FUJIFILM X100V
焦点距離 23mm
(35mm判換算値:35mm)
有効画素数/動画 2610万画素/4K
常用感度 ISO160~12800
シャッター速度 4~1/32000 秒
幅×高さ×奥行き 128×74.8×53.3 mm
質量 478g

■購入する場合は、144,890円(税込)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

RICOH WG-6

WG-6

写すのは、超マクロな世界。

リコーイメージングから発売されたWG-6は、防水、マイナス10度の耐寒、2.1mの耐衝撃など、タフな性能を発揮するアウトドア向きのコンデジです。登山をしながら植物撮影を楽しみたい方や、水辺などの過酷な環境での使用を目的とする方にピッタリ。約5倍の光学ズームで28mmから140mmまでの幅広い焦点距離をカバーするので、花畑の撮影や、望遠を生かした花や植物のフォーカス撮影も行なえます。また、WG-6の最大の特徴として挙げられるのが、顕微鏡モード。1cmまでの接写ができるため、超マクロの世界が楽しめます。レンズのF値は3.5~5.5とやや暗めですが、ボディにはリングライトを内蔵。ライトの照射で露出を補うため、早いシャッタースピードを採用してブレの抑制が可能です。

RICOH WG-6
焦点距離 5~25mm
(35mm判換算値:28~140mm)
有効画素数/ 動画 2000万画素/4K
常用感度 ISO125~6400
シャッター速度 1/4~1/4000 秒
幅×高さ×奥行き 118.2×65.5×33.1 mm
質量 246g

■購入する場合は、36,700円(税込)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

SONY サイバーショット DSC-RX100M5A

DSC-RX100M5A

ポケットに収まる高性能・高機動コンデジ。

ソニーが発売したコンパクトデジカメ・サイバーショット DSC-RX100M5A。ポケットサイズの超軽量ボディは、取り出してから約3秒後には撮影ができる圧倒的な機動性を備えています。コンパクトデジカメでありながら、ファインダービューが内蔵されている点も高ポイント。晴天下で画面の確認が難しい時は、ファインダーから確認できます。また、1/32000までのシャッタースピードとNDフィルターを搭載しているため、EV19までの露出調整が可能です。白飛びに悩まされがちな屋外での使用も、露出を調節できるため、よりイメージの実現がしやすくなります。広角24mmから中望遠70mm(35mm判換算)の使い勝手のよい焦点距離や、ローアングル撮影をサポートするチルト液晶も人気の秘訣です。

SONY サイバーショット DSC-RX100M5A
焦点距離 8.8~25.7mm
(35mm判換算値:24~70mm)
有効画素数/動画 2010万画素/4K
常用感度 ISO125~12800
シャッター速度 30~1/32000 秒
幅×高さ×奥行き 101.6×58.1×41 mm
質量 299g

■購入する場合は、89,800円(税込)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Panasonic LUMIX DC-TX2

LUMIX DC-TX2

マクロもこなせる15倍光学ズームのコンデジ。

高級感あふれるワンランク上のコンパクトデジタルカメラであるLUMIX DC-TX2。約15倍の光学ズームは35mm判換算で24mmから超望遠の360mmの焦点距離になり、あらゆる画角で花や植物の魅力を伝えられます。マクロモードに切り替えると、最短撮影距離は3cm。手ぶれ補正機構も備わり、マクロ撮影でもブレを軽減します。LUMIX DC-TX2の特徴としてカメラ内でのRAW画像・レタッチ機能が挙げられ、ホワイトバランスや露出がその場で調節可能です。旅先でもすぐに現像してスマホへ転送、SNSでシェア……時代に適した高性能なコンパクトデジカメといえるでしょう。

Panasonic LUMIX DC-TX2
焦点距離 8.8~132mm
(35mm判換算値:24~360mm)
有効画素数/動画 2010万画素/4K
常用感度 ISO125~12800
シャッター速度 60~1/16000 秒
幅×高さ×奥行き 111.2×66.4×45.2 mm
質量 340g

■購入する場合は、92,932円(税込)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Canon EOS Kiss X10i

EOS kissX10i

直感的な操作性で一眼レフ初心者もラクラク。

キヤノンの最新APS-C機・EOS Kiss X10i。従来のKissシリーズよりややサイズは大きくなったものの、471gの軽量ボディは、カメラ慣れしていない初心者の方や、女性でも使いやすいサイズ感。グリップが握りやすいので、長時間使用しても腕に負担がかかりません。また、オールクロス45点のAFセンサーで、ピント合わせの難しい花や植物撮影でも素早く合焦できます。撮影がスマホ感覚で楽しめるタッチパネル仕様で、一眼レフデビューにオススメ。11種類のクリエイティブフィルターを活用して、気軽にフォトジェニックな作品作りを体験してみましょう。

Canon EOS Kiss X10i
センサーサイズ/タイプ APS-C/一眼レフ
画素数/動画サイズ 2410万画素/4K
AF測距点 45点
ファインダー視野率/倍率 95%/0.82倍
常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/4000~30秒
本体の重さ 471g
その他機能 バリアングル、Wi-Fi、Bluetooth4.1

■購入する場合は、103,950円(税込)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Canon EOS M6 Mark II

EOSM6mark2

旅も日常もこれ一本、コンパクトなミラーレス。

高性能な上級モデルと同じエンジンDigic8を使用し、旧モデル・EOS M6より性能が向上したEOS M6 MarkⅡ。EVF(電子ビューファインダー)を外付け設計にすることで、よりコンパクトで持ち運びやすくなりました。その他、シャッターボタン周辺にメインの電子ダイヤルを集中させたり、タッチパネル操作に対応したりと、操作性はピカイチ。3.0型のチルト液晶は、ローアングルでの撮影が多い植物撮影の味方です。また、最高約14コマ/秒の高速連写は、一瞬のシャッターチャンスを逃しません

Canon EOS M6 Mark II
センサーサイズ/タイプ APS-C/ミラーレス一眼
画素数/動画サイズ 3250万画素/フ4K
AF測距点 143点
常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/4000~30秒
本体の重さ 361g
その他機能 チルト液晶、Wi-Fi、Bluetooth4.1

■購入する場合は、111,380円(税込)(2021/4/16現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。(EF-M18-150 IS STM レンズキット)

SONY α7C ILCE-7C

α7C

いつも携帯できる、超小型軽量フルサイズミラーレス。

ソニーから発売されたα7Cは、フルサイズミラーレス一眼カメラとしては超軽量モデルです。424gのボディに防塵・防滴、5軸の手ぶれ補正、バリアングル液晶などの機能が目白押し。より自由に、さまざまなシーン・場所での撮影を可能にしました。小型化されたボディで、旅先でも日常でも軽いフットワークで撮影できること間違いなし。また、高解像度の4Kで動画撮影にも適した本機は、スロー&クイックモーション機能を生かして、動画で花や植物の魅力を記録できます。最先端のオートフォーカス機能として、動体の被写体を追う「リアルタイムトラッキング」も備わり、風に揺れやすい花や植物の撮影でもピントがブレない映像が記録できるはずです

SONY α7C ILCE-7C ボディ
センサーサイズ/タイプ フルサイズ/ミラーレス一眼
画素数/動画サイズ 2420万画素/4K
AF測距点 最大693点
ファインダー視野率/倍率 100%/0.59 倍
常用感度 ISO100~51200
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 424g
その他機能 バリアングル、防塵・防滴、手ぶれ補正、Wi-Fi、Bluetooth4.1

■購入する場合は、194,000円(税込)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Nikon D3300

D3300

シンプルでも高画質、はじめての一眼レフ機に。

スマホで花や植物撮影をするうちに、本格的なカメラに興味が出てきた方へオススメなモデルが、ニコンの一眼レフ・D3300。初心者向けエントリー機のため、Wi-Fi転送などの機能は削られていますが、シンプルだからこその使いやすさがウリ。オートでも高画質かつ色鮮やかな写真を楽しめる点が特徴です。優れた携帯性と、サッと取り出せる機動性で、使用が億劫になりません。「知識はないけれど早く撮ってみたい」という希望を叶える、ガイドモードも充実。花や植物の撮影で多用される背景をぼかすテクニックもガイドしてくれるため、初心者でも思い通りの作品を仕上げられるモデルです。

Nikon D3300 ボディ
センサーサイズ/タイプ APS-C/一眼レフ
画素数/動画サイズ 2416万画素/フルHD
AF測距点 11点
ファインダー視野率/倍率 95%/0.85 倍
常用感度 ISO100~12800
シャッター速度 1/4000~30秒
本体の重さ 410g

■購入する場合は、19,800円(税込・中古)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

PENTAX KP

vPENTAX KP

圧倒的な高感度耐性で、夜でも撮影。

リコーイメージングが発売したデジタル一眼レフカメラ、PENTAX KP。ペンタックスのフラッグシップAPS-C機・PENTAX KPは、サイズの小さなボディにペンタックスの魅力を詰め込んだ”良いとこ取り”の一機です。決して軽量ではありませんが、日常に馴染みやすい一眼レフといえるでしょう。登山や旅行などのシーンでも、気軽に使用できます。ボディは交換式のグリップが特徴で、ユーザーの好みや手の大きさに合わせて、グリップサイズのカスタマイズが可能。緻密で丁寧な描写力に定評のあるPENTAX KPは、新開発の画像処理エンジンを搭載することで、従来機に比べてノイズ処理機能が大幅に向上しました。最高でISO819200もの超高感度耐性を持ち、昼間だけでなく朝夕や夜景、星空などの低光量シチュエーションでも花や植物の撮影をしたい方にオススメです。

PENTAX KP
センサーサイズ/タイプ APS-C/一眼レフ
画素数/動画サイズ 2432万画素/フルHD
AF測距点 27点
ファインダー視野率/倍率 100%/0.95 倍
常用感度 ISO100~819200
シャッター速度 1/24000~30秒
本体の重さ 643g
その他機能 チルト液晶

■購入する場合は、65,800円(税込・中古)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III

E-M103

5軸手ぶれ補正でマクロや望遠も楽しめる。

オリンパスのエントリーミラーレス一眼カメラであるE-M10シリーズの三代目・OM-D E-M10 Mark Ⅲ。チルト式のタッチパネルモニターや、内蔵ストロボ、5軸手ぶれ補正などの高機能でありながら、362gの軽量化にも成功。機能性と描写性能を両立したコンパクト一眼カメラです。121点の高速AFシステム、ボディ内の手ぶれ補正機構は、マクロ撮影や望遠撮影などブレが生じやすいシーンをサポートします。多重露出やライブコンポジットなど様々な撮影手法を、簡単操作で楽しめるアドバンスフォトモード(AP)が追加された点も、OM-D E-M10 Mark Ⅲの特徴の1つ。「フォーカスブラケットモード」は接写位置をずらした複数枚の写真を連写するため、ピントがブレやすい花や植物の撮影に役立ちます。

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III
センサーサイズ/タイプ フォーサーズ/ミラーレス一眼
画素数/動画サイズ 1605万画素/4K
AF測距点 121点
ファインダー視野率/倍率 100%/1.23倍
常用感度 ISO100~6400
シャッター速度 1/16000~60秒
本体の重さ 362g
その他機能 可動式液晶、Wi-Fi、手ぶれ補正

■購入する場合は、43,600円(税込)(2021/4/11現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

まとめ

花や植物の撮影にオススメのカメラ10選でした。とても身近で、けれど奥深さのある花や植物の撮影。簡単なようでいて拘ると難しい、本格カメラで撮りはじめたら夢中になること必至の被写体です。ぜひ今回の記事を参考に、自分にとっての最適なカメラで花や植物の撮影を楽しんでみてください。