カメラカバンにこだわってオシャレコーデに!選び方のコツも伝授

みなさんはカメラを収納するためのカバンにこだわりはありますでしょうか。なかにはカメラが入れば何でもいいと、とくにこだわりを持っていないこともあると思います。しかし、カメラカバンはちょっとしたポイントを押さえて選ぶと、さまざまなメリットが発生するのです。もしかしたら、すでに頭を悩ませて、この記事にたどり着いたかもしれませんね。

今回はカメラカバンにこだわりを持つことのメリットや選び方のコツを解説していきます。記事を読めば、他のカメラマンからも一目置かれるほどのオシャレなカメラコーデを行えるので、ぜひ参考にしてみてください!

こだわりのカメラカバンを持てばメリットがたくさん!

カメラ初心者はメーカーのカメラカバンを適当に使ったり、手持ちのカバンで代用していることが多いかと思います。しかし、デザインやサイズにこだわることで、撮影現場もより楽しくすることが可能です。

ここではカメラカバンにこだわりを持つことのメリットを紹介します!

撮影中のコーデがオシャレになる

カメラカバンのデザインにこだわれば、撮影時のコーデをよりオシャレにすることができます。せっかくオシャレな格好をしたつもりでも、持ち運んでいるカメラバックが浮いていれば台無しです。どうせなら、自分の好みにあったオシャレなカバンにカメラを入れておきましょう。

カメラカバンを含めたコーデをオシャレにすることは撮影に出かけるモチベーションにつながります。また、ポートレートなどで誰かに被写体を依頼するときは当然、身だしなみを整えることは必要不可欠。カメラカバンにまで気を使っていれば、センスのある人だと一目置いてもらえるかもしれません。

それに昨今では自撮りしやすいカメラが増えたので、自分を被写体に活動している人も多いですよね。カメラカバンをあらかじめデザイン性のあるものにしておけば、ちょっとしたときに写真を彩る小物に早変わりします。

男女問わず、カメラカバンをセンスあるものに変えていきましょう。

カバンが使いやすければ撮影の段取りがスムーズに

カバンの使いやすさにこだわれば撮影の段取りがスムーズになるメリットがあります。案外、見落としがちですが、カメラカバンの使いやすさは段取りに大きく影響するのです。

たとえば、仕切りの少ないカバンでは機材がゴチャゴチャとしていて、必要なレンズなどを取り出すのに苦労します。不意にシャッターチャンスが訪れるスナップ撮影などでは段取りが遅いのは致命的。できれば、素早くカメラを取り出して、肝心なシーンを逃さないようにしたいものです。

逆にカメラカバンが使いやすければ段取りもスムーズになり、撮影枚数も自ずと増えるでしょう。商業シーンでは段取りを手早くすることで、現場にいる人たちから信頼を得ることにもつながりますね。

ストレスフリーに撮影を行うにはカメラカバンの使いやすさにこだわることが大事です。

素材によってはレフ板の代わりになる

光を反射しやすい素材のカメラカバンだと、いざというときにレフ板の代わりに使うことができます。レフ板とは被写体に光を反射させて、陰影を調整するための道具です。スタジオなどの室内撮影では、照明やレフ板を駆使して自分のイメージを再現できますが、外では簡単にいきません。

とくに観光などの遠征時に大きなレフ板を持ち運ぶことはないです。そんなときに光を反射しやすいカバンを持っていれば、簡易的なレフ板として使うことが可能。外でのポートレートではちょっと光を反射させるだけでも、肌が美しく見えたり、表情が明るくなったりなどの効果があります。

大がかりな道具がなくても写真を上手に撮るテクニックとして、ぜひ覚えておいてください。

理想的なカメラカバンを選ぶためのコツ

カメラカバンにこだわることで、さまざまなメリットがあることがわかりました。では、一体どうやって理想的なカメラカバンを見つけたらいいの?と気になったことでしょう。

ここではカメラカバンを選ぶためのコツを具体的に解説します。

最初は自分の好きな色から選ぶと候補が絞れる

カメラカバンは各メーカーから多種多様なデザインのものが発売されています。その中で自分が使いたいカバンを選ぶには、まず好きな色から絞っていくといいでしょう。自分の好きな色がメインカラーとなっているカバンにすることで、普段のコーデにもあわせやすくなります。

好きな色が複数ある場合は2、3色に絞って少しずつ吟味していくといいでしょう。もちろん、予算に余裕があるのであればピックアップしたものをすべて購入しても大丈夫です。もし、好きな色がない場合は形などのシルエットから絞っていってもいいでしょう。

候補を絞るための手段として、好きなデザインから選んでみることを意識してみてください。

機能性を求めるならサイズ感が重要

好きなデザインが決まったら、次はカバンのサイズ感に注目してみましょう。カバンのサイズ感は機能性を求めるうえで最も重要な要素です。具体的には手持ちの機材がしっかり収納できるかどうかをチェックしてください。

手持ちの機材が多すぎる場合は使用頻度の高いものだけを選別しましょう。とくに目的がないのであれば、日常使いのしやすさで決めることが肝心です。遠征での撮影など、特殊な現場をメインに活動しているなら、それを想定したサイズのカバンにしてください。

くれぐれもデザインを優先して、サイズが小さいカバンに無理に機材を詰め込むようなことはやめてください。カバンを痛めるほか、機材の故障にもつながります。こだわりを持つといっても、カバンはあくまで機材を運ぶものというのが前提です。

目的に応じたサイズを選べば、カバンとして最低限の使いやすさは確保できます。

内部の仕切りを最後の決め手に

デザイン、サイズが決まったら最後はカバン内部の仕切りをチェックしてみましょう。仕切りはカメラ機材を収納するときに重要な部分です。レンズやアクセサリーを豊富に使う人は細かな仕切りがあるほうが使いやすいでしょう。種類別に仕分けることによって、取り出しやすさが格段にアップします。

逆に必要最低限の機材しか持ち運ばない人は仕切りが少ないカバンのほうがおすすめです。使わないスペースがあると、細かな機材が見つけにくいといったことになるので、現場での段取りが悪化します。

もちろん仕切りの好みや使いやすさは個人によって異なるので、自分の中でしっくりくるものを選んでみましょう。ちなみにカメラカバン内部に別途、インナーケースなどを入れれば仕切りをある程度は自由に調整できます。どうしても使いたいカバンがあるときは試してみてください。

できればカバンの素材にもこだわりたい

余裕があればカメラカバンに使われている素材にもこだわりたいところです。素材はカバンの耐久性や寿命につながります。分厚く丈夫な素材であれば、頻繁に現場を行き来しても壊れにくく、長く使っていけるでしょう。

また、先にも触れたとおり、素材によってはレフ板の代わりといった応用的な使い方も可能です。ただし、素材にまでこだわると逆に選択肢が少なくなるデメリットもあります。素材については可能な範囲くらいの気持ちでこだわってみてください。

状況によってはこだわりがアダに!カメラカバンの注意点

カメラカバンを選ぶときのコツを紹介しました。おそらく、日常使い程度であれば先に紹介したコツで自分好みのカバンを見つけられるはずです。しかし、こだわりが強すぎると逆に撮影時にトラブルが起きることもあります。

ここではカメラカバンを扱うときの注意点を解説していくので、参考にしてみてください。

シチュエーションに応じたカバンを使おう

カメラカバンはシチュエーションに応じたものを使うのが重要です。日常的なシーンではどんなカバンでも問題が起きることは少ないですが、特定の状況では注意が必要。

たとえば、山道などの足場の悪い場所ではカバンに求められる機能性が変わってきます。足場の悪い場所ではカバンの耐久性や持ち運びやすさが最優先です。万が一、落としてしまったときに備えてクッション性があるかもポイントになってくるでしょう。劣悪な環境ではデザインなどよりも、カメラマンと機材の安全性が高いものを選ぶ必要があります。

日常的に使っているカメラカバンを普段とは違う現場に持っていくときは、環境的にふさわしいか確認してください。

愛着があるカバンも早めに交換を

カメラカバンは長く使っていると、愛着が沸くことも珍しくありません。自分がこだわって購入したカバンならなおさらですよね。しかし、長く使っているカバンは細部がほつれていたり、生地が擦れていたりして劣化しています。

できれば、そろそろボロボロになってきたと思ったあたりで新しいものに交換しましょう。場合によっては底が抜けるなどの恐れがあります。そうなると、大事なカメラやレンズが落下して破損してしまい目も当てられません。

長く使ったお気に入りのカバンでも早め早めに新調していくことを意識しましょう。仮に新しいカバンでも、何かのトラブルで痛めたものはなるべく交換することが大事です。

まとめ

カメラカバンにこだわるメリットや選び方のコツを解説しました。カメラカバンは単に機材が入ればいいというわけではなく、デザインや機能性を追求することで、撮影がより楽しくなります。自分好みのカバンを見つけて、撮影のモチベーションにつなげたいものです。

ただし、カバンだけに注目して肝心のカメラやレンズをおろそかにしてはいけません。機材も自分にあったものを選ぶことが大事です。もし、自分にあったカメラがわからない人はカメラのレンタルサービスを利用してみてください。カメラのレンタルサービスはお手頃価格で好きなカメラを簡単に借りれるサービス。確実に自分にあったカメラが見つかることでしょう!

 

  GooPassで 最新の機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。