【2020年最新】一眼レフカメラで背景をぼかした写真を撮る方法。スマホでは難しい?

写真を撮ったことがある人なら、「背景が綺麗にぼけている写真を撮りたい!」と思ったことはないでしょうか。

普通に撮った写真と比べても、やはり目を引くのは背景がぼけている写真ですよね。しかし、スマホやコンパクトデジカメ(コンデジ)で撮ろうと思ってもなかなかうまく背景をぼかした写真を撮れないもの。

一眼レフカメラなら、背景がぼけた写真を撮ることが可能です。そこで、この記事では一眼レフで背景をぼかした写真の撮り方を解説します。

この記事の内容を理解して撮影すれば、あなたもプロのように背景がぼけた写真の撮影ができるようになるでしょう。

背景をぼかすには一眼レフかミラーレスが必要

まず、背景をぼかした写真を撮るために必要なカメラについて解説していきます。

背景をぼかした写真を撮るには、一眼レフカメラもしくはミラーレス一眼が必要です。コンパクトデジカメ(コンデジ)でも背景をぼかすことは可能ですが、あまり綺麗にぼかすことができません。

またミラーレスよりも一眼レフカメラのほうが、背景をぼかした写真が撮りやすいです。

おすすめなのは、センサーサイズがAPS-C以上の一眼レフ。これがあればより背景のぼかしを強くすることができます。

センサーサイズとは、レンズから入った光を電気信号に変換する「イメージセンサー」の大きさのこと。センサーサイズが大きいと、写真の解像度が高くなり画質が綺麗になり、背景のぼけが強くなります。

カメラを撮る上で必要な3つの要素について解説

前の章では、背景をぼかした写真を撮るにはどんなカメラが必要なのかを解説しました。

一眼レフカメラで背景をぼかした写真を撮る方法を解説する前に、写真を撮る上で重要な3つの要素について知っておく必要があります。その要素とは次の3つです。

  • 絞り
  • シャッタースピード
  • ISO感度

それぞれについて簡単に解説していきます。

絞り

まず絞りとは、「絞り」とは、設定を変えることで光を取り込む量の調整ができるもののこと。絞りを数値化したものを「F値」と呼びます。

絞りを開くと、光を取り込む量を増やすことができ、ピントが合う範囲が狭くなり、F値は小さくなります。明るくぼけた写真を撮るには絞りを開く、つまりF値を小さくすると背景をぼかした写真を撮ることができるのです。

理解しやすいように絞りとF値の関係を表にしました。

シャッタースピード

次にシャッタースピードは、その名前のとおりカメラのシャッターが降りるスピードのこと。シャッタースピードは1/2、1/30というように表記されます。「1/2」とは2分の1秒、つまり0.5秒でシャッターが降りるということです。

このシャッタースピードがゆっくりであるほど、光を多く取り込むことができ、明るい写真を撮ることができます。しかし動く物体を撮るとブレが発生するほか、写真を撮ったときに手が動いてしまうと発生する「手ブレ」も起きやすくなるのです。

シャッタースピードの変化と明るさ、ブレがどのように変化するかは次の表でも確認できます。

ISO感度

ISO感度とは、カメラセンサーの光に対する感度を数値化したもののこと。ISO感度を上げると、光の感度が上がり、暗い場所でも明るい写真を撮ることができるほか、シャッタースピードが早くなります。

その反面、ISO感度を上げるとノイズが増えて、ざらついた印象の写真になります。逆にISO感度が低いほうが高画質な写真を撮ることができるので、ISO感度が高いほどいいというものではありません。

ISO感度の変化による影響については次の表でまとめてあります。

一眼レフで背景をぼかした写真を撮る方法

前の章では、カメラで写真を撮るうえで重要な3つの要素について解説しました。

3つの要素について理解できたところで、この章では一眼レフで背景をぼかした写真を撮る方法について解説していきます。

その具体的な方法は5つ。

  • 撮影モードを「絞り優先モード」にする
  • 絞りを開いて撮影する
  • 被写体に近づいて、背景から離れる
  • レンズの望遠側で撮る
  • 単焦点レンズを使う

ひとつづつ見ていきましょう。

撮影モードを「絞り優先モード」にする

一眼レフカメラでは、撮影するとき「撮影モード」を選択することができます。

いくつかある撮影モードの中でも全てを自動で設定してくれる「オートモード」は、カメラ初心者にとってはとても便利な機能。しかし、このモードではうまく背景をぼかした写真を撮るのは難しいのです。

そこで、撮影モードを「絞り優先モード」にすることで絞りを自分で設定することができ、背景をぼかした写真を撮れるようになります。そのほかのISO感度やシャッタースピードはカメラが自動で設定してくれるので便利です。

絞りを開いて撮影する

一眼レフカメラを絞り優先モードにしたら、絞りを開く、つまりF値を小さくしましょう。

上で解説したように、絞りを開いてF値を小さくすると、ピントが合う範囲が狭くなるため背景をぼかした写真を撮りやすくなります。

しかしF値を下げると、シャッタースピードも自動で下がるので、手ブレが起こりやすくなってしまいます。どうしても手ブレが抑えられないようなときには、一部の機種で備わっている「自動感度設定」を利用しましょう。

この設定を使うと、一定のシャッタースピードを下回ったときに自動でISO感度を上げて、シャッタースピードを指定した値に戻してくれます。

被写体に近づいて、背景から離れる

絞り優先モードにして、絞りを開いたら、被写体に近づき、また背景から被写体を離しましょう。

被写体に近づくほど、背景はよりぼけていきます。そして被写体を背景から離すと、被写体だけにピントが合って背景はピントが合わずにぼけるのです。

背景を離すのが難しい場合は、下から上を見上げるようにして写真を撮るようにすると、背景をぼかしやすくなります。

レンズの望遠側で撮る

一眼レフカメラを購入すると「標準ズームレンズ」が付属しており、基本的な撮影はこのレンズを付けて行います。

そしてこの標準レンズには「18」「55」などという数字が書かれているのですが、この数字は「焦点距離」を表しているのです。

焦点距離とは、レンズから撮影センサーまでの距離のこと。この焦点距離が短いと、カメラに映る範囲である「画角」が広くなり、より多くのものを写すことができます。このように焦点距離が短い方を「広角側」というのです。

逆に、数字が大きい、つまり焦点距離が長いと、画角が狭くなり、被写体が大きく写ります。こちらを「望遠側」といい、この望遠側で撮影するとより背景をぼかした写真を撮ることができるのです。

しかし、望遠側とはその名のとおり、遠くのものを撮影するときに使われます。そのため被写体とある程度の距離を取らないと、ピントがうまく合いません。また望遠側での撮影は手ブレが起きやすいため、慣れが必要になります。

単焦点レンズを使う

ここまで解説した内容でも、十分に背景がぼけた写真を撮ることができます。しかし「もっとボケの強い写真を撮ってみたい!」と思う人は、「単焦点レンズ」を買ってみることをオススメします。

この単焦点レンズは、上で解説したズームレンズとは異なりズームができず、その名のとおりひとつの焦点距離でしか撮影することができません。しかしこのレンズはF値が低く、明るくてぼけが強い写真を撮ることができます。

また普通のレンズよりも画質がいいというのも単焦点レンズのメリットです。ズームレンズよりも安価なので、より強いぼけを出したいという人は単焦点レンズを購入してみましょう。

スマホでは背景をぼかした写真を撮るのは難しい?

前の章では、一眼レフカメラで背景をぼかした写真を撮る方法について解説しました。

これまで解説したように、一眼レフカメラを使えば背景をぼかした写真を上手く撮ることができます。では、近年ではほとんどの人が持っているスマホで、背景をぼかした写真を撮ることはできるのでしょうか。

結論から言えば、「スマホで背景のぼけを出すのは可能ではあるが、一眼レフほどのぼけは出せない」ということになります。

iPhoneの「ポートレートモード」など、最近発売されたスマホでもぼけを出すことができるモードが搭載されるなど、かなりカメラの性能は上がってきています。またそのようなモードがなくとも、上で解説した背景をぼかすための方法を使ったり、「被写界深度」について理解することによっても背景をぼかした写真を撮ることが可能です。

被写界深度とは、ピントが合っている部分の広さのこと。この被写界深度はF値や焦点距離や被写体までの距離で決まります。被写界深度が浅ければぼけを出しやすく、深ければはっきりした写真を撮ることができるのです。

スマホのカメラはこの被写界深度が深く、一眼レフのようにF値などの設定を変えることが難しいので、一眼レフと比べると背景をぼかした写真をうまく撮ることができません。

また写真を撮ったあとにぼかしを加工できるアプリも数多くありますが、どうしても自然なぼけを表現するのは難しいのです。

「iPhone XS」や「iPhone XS MAX」、「iPhone XR」では撮影後に被写界深度をコントロールできる機能が搭載されており、かなり本格的なぼけを出すことができます。しかしより本格的なぼけを楽しみたいのなら、一眼レフカメラでの撮影がおすすめです。

背景をぼかした写真を撮るには一眼レフカメラがおすすめ!

この記事では、一眼レフカメラを使った背景をぼかした写真を撮る方法について解説しました。最後に記事の内容をまとめていきます。

・本格的に背景をぼかした写真を撮るには一眼レフカメラがおすすめ
・絞り優先モードにして絞りを開き、被写体に近づいて背景からは離れて撮影する

背景がぼけた写真は、被写体を強調させてとても綺麗に見えます。この記事にある情報を参考にして、ぜひ一眼レフカメラで背景をぼかした写真を撮ってみてください。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただきます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

全機材、クリーニング済み。

すべての機材は、返却後に専門スタッフがクリーニングを実施。もちろん動作確認済みです。※GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスなので、送料や追加料金は発生しません。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassレンタル新規ラインナップ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。