【2020年最新】レンタル可能なオススメのドローン7選

ドローンは空撮など、日常的には見られない映像を記録できることで人気が出てきました。空撮以外にも施設の点検作業や、ドローンレースなどの競技にもなるなどプロだけでなく、ビジネスシーンや趣味としても幅広く活躍しているドローン。

そんな活躍の幅を広げているドローンも性能によっては10万円以上もするため、気軽に購入できませんよね?今回は、「少しドローンを試してみたい」「使用頻度は低いので、この日だけ使いたい」といった方のためにドローンのレンタルサービスについて解説していきます!

目次

ドローンとは?

まず、ドローンとは「無人航空機」のことを指します。無人航空機は、構造上人が乗って操作するものではなく、自動操縦または無線で遠隔操作が可能な機体のことです。ドローンを飛行させるにあたり、特別な免許は必要ありません。

そのため、新しい趣味として旅行先の空撮を楽しんだり、レースに参加したりなど個人でドローンを使用する人も増えてきています。

ドローンを操縦するために必要な資格

空からの迫力あるシーンの撮影が可能なドローンは、広告やメディアなどでも素晴らしい活躍をしています。ドローンには免許が存在しないため、ドローンさえ手元にあれば空撮などすぐに活用することが可能です。ただし、ドローン飛行を楽しむために、免許は必要ありませんが飛行条件によっては、許可の申請が必要になります。例えば、ドローンの重量が200gを超える場合は、航空法により飛行場所に制限があります。このように、航空法や電波法などドローンを飛行させるためには様々な条例や法律の確認が必要で、ガイドラインに抵触した場合は、50万円以下の罰金などの罰則を受ける場合も。ドローン飛行させる場合は、必ずルールとマナーについて確認する必要があります。国土交通省のHPにわかりやすい「無人航空機の飛行ルール」が記載されているので、ドローンを飛行させる前に確認してみてくださいね!

ドローンを手に入れる方法

新品で購入する

予算に余裕があれば、やはり新品で購入するのが無難でしょう。新品で購入する一番のメリットは、何といっても保証サービスに加入できること。通常であれば、故障箇所を修理する場合は、高額な修理費用が発生します。しかしながら、保証サービスを利用することにより、墜落・水没などした場合でも格安で修理することが可能です。たとえば、ポラリスドローンケア は、購入代金の10%(または20%)を支払うことで、1年間(または2年間)は何度でも一律4950円(税込)で修理することができるサービス。また、DJI社は『DJI CARE REFRESH』という独自の保証サービスを展開しています。事故の危険性が高いドローンだからこそ、万が一の事態に役立つ保証サービスという存在は、心強く感じるでしょう。

デメリットを挙げるなら、購入費用が高額であること。モデルによっても異なりますが、新品で購入する際の相場価格は数万円〜十数万円に及びます。常に事故・故障の危険性と隣り合わせであることに加えて、操作は決して簡単ではありません。「これからドローンを始めよう!」と考えているビギナーには、最初から高額な費用をかけることに少なからずリスクを感じる方も少なくないようです。

中古で購入する

「ドローンに興味はあるけど、高額な費用をかけてまで購入する勇気はない…」という方には、ドローンを中古で購入するのも1つの手です。ただし、初期投資を抑えられるというメリットを持つ一方で、(新品購入時に比べて)加入できる保証サービスが限られるというデメリットがあります。また、購入した中古量販店の独自プランや各保険会社の保証サービスなど、自分で加入する保証サービスを探す必要もあるでしょう。

レンタルサービスを利用する

「費用を抑えてドローンを手に入れたい」「いきなる高額なドローンを購入するのはちょっと怖い」という方にオススメしたいのが、ドローンをレンタルするという選択です。近年のカメラ機材や家電製品レンタルサービスの中には、ドローンを取り扱っている企業も少なくありません。本記事では、ドローンをレンタルするメリットトを詳しく紹介します。

ドローンをレンタルするメリット

ドローンをレンタルで試すことによるメリットは、以下の4つです。

ドローンをレンタルすると、費用が安い。

レンタルサービスの一番のメリットは、安価にドローンを試せることです。ドローンは性能などによって値段が大幅に違います。プロ仕様の機体であれば20万を超えることも…。しかし、レンタルであればプロ仕様のドローンでも、数日間で2万円前後と安価に試すことが可能。中には、1ヶ月間で5800円〜1万円程度でレンタルできるサービスもあろ、足・年に数回の旅行の時だけ空撮を試したい、点検作業で急遽数日だけ使用したいなどの数日間だけドローンを使いたい場合は、レンタルがおすすめです。

ドローンをレンタルすると、モデルを比較できる。

前述の通り、ドローンは無人航空機の総称です。2020年6月時点で販売されているドローンは、一種類だけではありません。新品にしろ中古にしろ、購入する場合はどうしても初期投資が高くなってしまいます。高性能なドローンにするか。それとも、折りたたみができるコンパクトなドローンにするのか。数種類のドローンをレンタルして比較することにより、自分にピッタリのドローンを選べるというメリットもあります。

ドローンをレンタルしても、必ずしも保証サービスに加入する必要はない。

誤った操作でドローンをぶつけてしまったり、操作不良などで墜落してしまった場合などドローン飛行にはリスクを伴います。そんな万一の事故の時のために、ドローンには保険が存在します。この保険も、レンタルサービスを利用した場合は、保障サービスとしてオプション加入することが可能で、個人でわざわざ保険に加入せずとも済みます。機体の破損時にも免責金額のみの支払いで、全額負担になることが少ないので安心してドローン飛行させることが可能です。

ドローンのレンタルサービスを申し込むと、無料講習・練習場が利用できる場合も。


レンタルサービス業者によっては、ドローン飛行の無料講習を受講させてくれる
ところもあります。また、ドローン飛行場が業者と連携している場合は、練習場の利用も可能になる場合もあり、ドローン初心者の方に嬉しいメリットがあります。

ドローンの操作に慣れていない方が、レンタルサービスを利用する場合はその機種になれるまでの時間が足りずにレンタル期間が終了してしまう場合があります。

機体によって性能さや癖が違うため、ドローン飛行に慣れていない場合は練習期間を含めた長めのレンタル期間を設けることが必要になります。

ドローンをレンタルする際のポイント

ここからは実際にドローンをレンタルする時のおすすめの選び方について、ご紹介いたします。現在ドローンは多くの種類が存在するため、自分の飛行用途にあったものを選んで下さいね!

メーカー


ドローンは様々なメーカーが販売をしていますが、高いシェアを誇る有名メーカーといえば中国メーカーの「 DJI」でしょう。一般向けドローンの70%をシェアしていると言われるだけあって、どの機種も性能、安定性が抜群です。

また、ドローンブームの火付け役として名高いフランスメーカー「Parrot」もドローン主要メーカーです。デザイン性が高いドローンを数多く開発しているため、大変人気が高いメーカーです。

そしてアメリカの「3DRobotics」も、ドローンの拡張性を重視した開発が得意なメーカーとして有名です。高性能で低価格なドローンを多くリリースしているため、初めてドローンを使う人に人気のメーカーです。

重さの違い


ドローンを飛行させる上で、気をつけなければならない条件の一つにあたるドローンの重量。機体の総重量が200gを超えるドローンは、航空法により飛行場所の制限があります。そのため許可申請が必要となり、無許可で飛行させてしまった場合は罰則があります。

200g以下のトイドローンやミニドローンと200g以上のドローンでは、取り扱い方法が変わるのでレンタル時には必ず重量の確認が必要です。

性能の違い


ドローンには、自動操縦機能や自動帰還機能など便利な機能が搭載されているモデルが、数多くリリースされています。障害物を検知して回避してくれる機能や搭載されているカメラ性能の高さなど、機種によって性能差があります。

空撮メインでレンタル利用を検討している場合は、カメラ性能と最大飛行時間を確認しましょう!点検作業や生態調査などビジネスシーンでの利用の場合は、機体の頑丈さや障害物検知機能が搭載されているかなどが選ぶポイントになってきます。

ドローンをどのような用途で使うかによってレンタルする機種を選ぶことが重要です!

手軽にレンタルできるドローン7選

ここからはいよいよ、GooPassがおすすめするレンタルにぴったりなドローンをご紹介します。

高精細な映像の撮影を可能にしたコンパクトドローンの決定版/DJI Mavic 2 Pro

 

従来のモデルよりも大きな1インチのセンサーを搭載し、高精細な映像撮影が可能になったフラグシップモデルです。イメージセンサーが大きくなったことで、薄暗い朝焼けなども綺麗な撮影が可能になりました。センサーサイズが大きくなっただけでなく、絞り調整も可能になったため一眼レフカメラのようにディティールがしっかりと表現できるようになりました。

階調もなめらかに、黒潰れや白飛びもよく抑えられています。動画撮影も最大ビットレートが100Mbpsとなり、大幅にスペックが上がっています。性能面でも全方向の障害物を検知し、衝突を回避するセンサーと高度操縦支援システムが搭載されました。またバッテリーが大きくなったことで最大飛行時間が31分と撮影可能時間にゆとりが持てるようになりました。

DJI Mavic 2 Pro
カメラセンサーサイズ 1インチCMOS
画素数/動画サイズ 20MP/4K(30p)
最大飛行時間 31分
操作可能距離 5000m
常用感度 動画:100~6400
写真:100~3200 (オート)100~12800 (マニュアル)
シャッター速度 8~1/8000秒
本体の重さ 907g
その他機能 スマホ・タブレット対応/GPS

■購入する場合は、183,840円(2020/10/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額23,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額13,800円で1週間借りることができます。

背景だけが迫ってくる新感覚撮影が可能な楽しい機種/DJI Mavic 2 Zoom

光学2倍ズームとデジタル2倍ズームを合わせて合計4倍ズームが可能な機体です。Proと違い、イメージセンサーは1/2.3インチですが、望遠撮影が可能なためダイナミックな映像の撮影が可能です。新機能の「ドリーズーム」という特殊な撮影方法で、機体を後退させながらズームインすることで背景だけが迫ってくるような映像が撮影できます。

不思議な視覚効果を得られるため、新鮮な映像の撮影ができよりクリエイティブな表現ができるようになりました。また、望遠レンズで9枚の同時撮影と合成することにより、48MPの超高解像度写真の作成が可能です。風景写真などの撮影では、細部までしっかりと色鮮やかに解像されるので、動画だけでなく写真撮影も非常に楽しめる機体です。

DJI Mavic 2 Zoom
カメラセンサーサイズ 1/2.3インチCMOS
画素数/動画サイズ 12MP/4K(30p)
最大飛行時間 31分
操作可能距離 5000m
常用感度 動画:100~3200
写真:100~1600 (オート)100~3200 (マニュアル)
シャッター速度 8~1/8000秒
本体の重さ 905g
その他機能 スマホ・タブレット対応/GPS

■購入する場合は、156,493円(2020/10/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

コンパクト軽量な200gを切ったカジュアルドローンの決定版!/DJI Mavic Mini

Mavic Miniは、本体、バッテリー、SDカードの合計重量が199gととても軽量に設計されたカジュアルドローンです。海外向けでは249gでしたが、日本で発売さればモデルは200gをきっているため「無人航空機」ではなく「模型航空機」の扱いとなり航空法の制限がないのでとても扱いやすいドローンです。

軽量化するためにバッテリーは1100mAhになっていますが、飛行時間は18分程度あります。容量が少ない分充電時間も短いので長いインターバルを挟まなくてもフライトさせることが可能です。表現力もナチュラルな色味で、3軸ジンバルのおかげで安定性も抜群のため自然な映像が撮影可能です。

DJI Mavic Mini
カメラセンサーサイズ 1/2.3インチCMOS
画素数/動画サイズ 12 MP/2.7K(25/30 p)
最大飛行時間 30分(無風で14km/hの速度で飛行時に測定)
18分(日本向け)(無風で12km/hの速度で飛行時に測定)
操作可能距離 2000m
常用感度 動画:100~3200
写真:100~1600 (オート)100~3200 (マニュアル)
シャッター速度 4~1/8000秒
本体の重さ 199g
その他機能 スマホ・タブレット対応/GPS

■購入する場合は、44,681円(2020/10/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

開封して5分以内に飛行可能!簡単操作でドローン初心者におすすめの機体/DJI Spark

ドローンの中でもコンパクト軽量に設計されているため室内でも飛行が可能な機体です。操作性がとても簡単で、スマートフォンとWi-Fiで接続するだけで飛行が可能になります。別売りの送信機とスマートフォンで操作する本格的な操作もできるだけでなく、ジェスチャー飛行も可能です。

また、手のひらをかざして決まったジェスチャーをすることでドローンの操作が可能になる「パームコントロール」も搭載されているので、ドローン初心者でも操縦がとても楽しめる機体になっています。障害物を認識して衝突を防止してくれるFlight Autonomy機能、自動で元の場所に戻ってくる自動帰還機能も搭載されているため、高い安全性を備えています。コンパクトドローンのため、飛行可能時間は無風状態で最大16分と短めになっていますが、性能面を考えるとコスパのとてもいい機体です。

DJI Spark
カメラセンサーサイズ 1/2.3インチCMOS
画素数/動画サイズ 12MP/FHD(30p)
最大飛行時間 16分
操作可能距離 100m
常用感度 動画: 100~3200
写真: 100~1600
シャッター速度 2 ~ 1/8000秒
本体の重さ 300g
その他機能 スマホ・タブレット対応/GPS

■購入する場合は、37,800円(2020/10/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

根強い人気で再販が決定したプロ仕様ドローン/DJI Phantom 4 Pro V2.0

2019年3月に一度生産を停止した本機は、根強い人気で復活を遂げました。圧倒的なカメラ性能で、イメージセンサーは1インチセンサーを搭載しており、黒潰れや白とびなどもなく4K60fpsの撮影が可能なためプロ仕様の空撮が可能なドローンです。メカニカルシャッターを搭載しているので、動きの激しい被写体を撮影するときでもローリングシャッター現象が起きにくくなっています。

また、電子シャッターも20MPで14fpsの撮影が可能なバーストモードの使用が可能なため、シャッターチャンスを逃しません。最大飛行可能時間は30分で、5方向に対しての障害物検知、プロペラによる飛行音を極限まで抑えた設計など、大変高性能なモデルです。

DJI Phantom 4 Pro V2.0
カメラセンサーサイズ 1インチCMOS
画素数/動画サイズ 2,000万画素/4K(60p)
最大飛行時間 30分
操作可能距離 4000m
常用感度 動画:100~3200 (オート)100~6400 (マニュアル)
写真:100~3200 (オート)100~12800 (マニュアル)
シャッター速度 メカニカルシャッタースピード :8~1/2000 s
電子シャッター速度 :8~1/8000 s
本体の重さ 1375g(バッテリーとプロペラを含む)
その他機能 スマホ・タブレット対応

■購入する場合は、207,678円(2020/10/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

4K撮影が可能なのに、ポケットにしまえる折りたたみ式ドローン/DJI Mavic Air

折りたためば上着のポケットにいれてしまえる大きさでありながら、4K撮影が可能な本機は初めての空撮におすすめなドローンです。片手サイズで430gととてもコンパクト軽量に設計されていて、女性でも簡単に持ち運びが可能です。カメラ性能は申し分なく、4K30fpsの撮影が可能で、ビデオビットレートはProよりも高い100Mbpsなため建物などの細かいディティールもしっかり撮影が可能です。

小型機でも3軸ジンバルで安定性も高く、ブレの少ない空撮が楽しめます。飛行性能は、最大飛行時間が21分程度、障害物検知は、前方・下方・後方の3方向から可能です。また、8GBの内蔵メモリが搭載されたため。MicroSDカードを忘れてしまった場合でも機体本体に録画が可能です!

DJI Mavic Air
カメラセンサーサイズ 1/2.3インチCMOS
画素数/動画サイズ 12 MP/4K Ultra HD(30p)
最大飛行時間 21分
操作可能距離 2000m
常用感度 動画:100~3200 (オート)100~3200 (マニュアル)
写真:100~1600 (オート)100~3200 (マニュアル)
シャッター速度 8~1/8000秒
本体の重さ 430g
その他機能 スマホ・タブレット対応/GPS

■購入する場合は、81,990円(2020/10/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

子供から大人まで楽しめる遊びと学習ができるトイドローン/Ryze Tech Tello

手のひらサイズで、飛ばすだけでなくプログラミングも学べる遊びと学習が両立できるドローンです。非常にシンプルな構成で設計されており、スマートフォンでの操作が可能です。重量も80gととても軽く、プロペラガードがついているので安全性も抜群です。

空からの映像を楽しむ初めてのドローンとして大変おすすめで、このドローンを手からトスするだけでその場でホバリングしてくれたり、自動離陸・着陸機能が可能であったり難しい操作がありません。また、遊びながらもプログラミングの基礎が学べるようになっているだけでなく、慣れてきたらソフトウェアアプリの開発もできるためこの一台で長く楽しむことが可能です。

Ryze Tech Tello
カメラセンサーサイズ
画素数/動画サイズ 5MP/HD720p30
最大飛行時間 13分
操作可能距離 100m
常用感度
シャッター速度
本体の重さ 87g(プロペラガードを含む)/80g(プロペラ・バッテリーを含む)
その他機能 スマホ・タブレット対応

■購入する場合は、12,500円(2020/10/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

まとめ

ドローンは様々なメーカーが、魅力的な機種を数多くリリースしています。気軽に多くのドローンを試せるレンタルサービスは、近年需要が高まっています。購入に迷った時は、ぜひ自分の使ってみたい機種、憧れの機種をレンタルサービスで利用してみてくださいね!

  GooPassで レンタルカメラを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。