シネマカメラで、シネマティックな映像を撮影しよう!

シネマカメラで、シネマティックな動画を撮影しよう!

YouTube・Instagramのリール動画・TikTokなどの浸透により、今やすっかりポピュラーになった動画・映像制作。近年はスマートフォンの進化により、スマートフォン内蔵カメラで撮影した綺麗な動画を、そのままスマートフォン用アプリで編集することが可能になりました。フィルターをかけたり、BGMを乗せたり、エフェクトをかけたり……。難易度の大小こそあれど、きっと、この記事を読んでいる誰もが一度は映像制作に挑戦して、SNSなどに投稿したことがあるはず。

とはいえ、YouTubeやSNSには、日々星の数ほどの動画がアップロードされています。投稿したはものの、思うように再生回数やいいね!の数が伸びずに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そこでオススメしたいのが、映画やMVを彷彿とさせるテイスト・作風の、”シネマティック”と呼ばれる動画です。人気の映像クリエイター・ビデオグラファーの中には、シネマティックな動画を撮影・投稿することで、多くの再生回数やいいね!を稼いでいるます。

また、再生回数やいいね!を稼ぎやすい、シネマティックな動画を撮影するのにオススメなカメラの種類を、シネマカメラといいます。

そこで今回は、シネマカメラを使って、シネマティックな動画を撮影する方法や、編集時のコツ、オススメの機材などを一挙解説。本記事を参考に、いいねやフォロワーをジャンジャン増やしてくださいね。

シネマカメラとは?

シネマカメラとは、ビデオカメラよりも大きなセンサーを搭載した、レンズ交換式の動画専用機のこと。映像を大きなデータで記録できたり、より細かいフレームレートで撮影できたりと、一般的な一眼カメラと少し違った特徴を持つため、名前の通り映画やCMなどの撮影に多く使用されているカメラです。次項では、シネマカメラの特性・魅力と併せて、「なぜ映画やCMで使用されているのか?」という理由を紹介します。

シネマカメラの特性・魅力

グレーディング耐性が高い

Adobe Premiere Proなどの編集ソフトで、自分の思い描く理想の色や雰囲気に映像の色を加工していく、『カラーグレーディング』。一般的に、一眼レフやミラーレス一眼カメラなど、デジタルカメラで撮影した映像をカラーグレーディングすると、画質は劣化するといわれています。それに対して、今回紹介するシネマカメラは、このカラーグレーディング耐性に優れているカメラです。情報量を多く保有できるデータ形式での撮影に対応しており、グレーディングによる画の破綻が起こりにくいという特徴を持っています。今までミラーレス一眼カメラなどで撮影した映像を、思い通りにグレーディングできなかった方も、シネマカメラで撮影することで思い通りの画が作れるようになるでしょう。

NDフィルター内蔵の機種がある

撮影時の画を暗くする効果を持つ『NDフィルター』。動画撮影時はシャッタースピードを固定して、F値を撮影したい画にあわせるのが基本です。そのため、ISOを下げても、野外などの明るい環境では映像が白飛びしてしまうことがあります。レンズが取り込む光量を調整して、白飛びを防いでくれるNDフィルターは、動画撮影時の使用頻度が高い、マストアイテムです。ただし、頻繁にレンズ交換を行なう現場では、いちいちNDフィルターをレンズからレンズに付け替えたり、違う種類のNDフィルターを付け替えたりと、撮影者自身の手間を取られてしまうことがあります。NDフィルターが内蔵されているシネマカメラを使えば、時間的なコストを省くだけでなく、NDフィルターを忘れて撮影を断念するというリスクを防ぐことが可能です。

シネマティックな映像を制作する方法

カラーグレーディングする

映画作品風に動画を仕上げるのであれば、カラーグレーディングは必須。撮影した映像の雰囲気に統一感を出したり、自分の思い描く作風に近づけたりできます。また、カラーグレーディングを行なう際は、あらかじめ映像の世界観を決めておくことでスムーズに編集が進むでしょう。カラーグレーディングを行なうには、『Adobe Premiere Pro』や、『DaVinci Resolve』といった編集ソフトを使用する必要があります。

スローモーションを活用する

スローモーションのシーンを入れることで、映像に緩急が付き、より引き込まれる作品に仕上げることができます。たとえば、静かなシーンや美しいシーンを、より際立たせたり。迫力のあるシーンに、臨場感を持たせたり……。スローモーションの可能性は無限大です。しかし、あまり多用しすぎると、変化のない退屈な画になってしまうことも。映像をスローにする際は、ここぞという場面に絞って使用することをオススメします。

24fpsに編集する

動画を再生する際に、1秒間で魅せる静止画の数を決める、フレームレート。現在制作・上映されている映画作品のほとんどが、24fpsで書き出しされています。24fpsに設定する理由は、映画の音質改善が始まりといわれていますが、一説によると「24fpsが一番映画らしい映像になるから」なのだとか。オススメは、60fpsで撮影し、編集時に24fpsを設定する方法。スロー編集にも対応できるため、編集・表現の幅が広がります。

アスペクト比を2.35:1(シネマスコープ)にする

動画や静止画には、『アスペクト比』という、縦と横の比率があります。一般的なカメラやスマートフォンで撮影する動画は、16:9に設定されている場合が一般的です。このアスペクト比が2.35:1の状態を、『シネマスコープ(シネスコ)』といい、実際に映画館で上映される際のアスペクト比になります。

シネマスコープに設定するには、【16:9で撮影して、映像の上下に黒帯(動画参照)を差し込んで2.35:1にする方法】と、【『アナモルフィックレンズ』という特殊なレンズを使用して、映像を引き延ばして2.35:1にする方法】の2通りがあります。ただし、前者を採用する場合は、黒帯に隠れて見えなくなる部分のことを考えて、引きで撮影しておきましょう。

映像制作にオススメのレンズとカメラのセット

シネマ品質映像制作セット 4Kシネマカメラ&大口径標準ズームPROレンズ BMPCC4K + 12-40mm F2.8 PRO

シネマ品質映像制作セット 4Kシネマカメラ&大口径標準ズームPROレンズ BMPCC4K + 12-40mm F2.8 PRO

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは4K撮影に対応したシネマカメラです。シネマティックな動画制作を目的に作れらている本機は、4K60fpsでのRAW撮影に対応しています。スローモーション演出などで効果を発揮すること間違いなしです。また、付属しているレンズは、OLYMPUSのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO。焦点距離は35mm換算24-80mmで、F値は2.8の通し。これ一本で、広角~中望遠域を撮影することが可能です。ただし、ボディにも、レンズにも手ブレ補正機能がついていないため、撮影時には三脚の使用をオススメします。

シネマ品質映像制作セット 4Kシネマカメラ&大口径標準ズームPROレンズ BMPCC4K + 12-40mm F2.8 PRO
マウント マイクロフォーサーズマウント
対応センサーサイズ 4/3センサー
解像度・フレームレート 4K60p
焦点距離 (35mm伴換算)24-80mm
F値 F2.8
総質量 1104g

まずはレンタルして試してみる

シネマ品質映像制作セット 6Kシネマカメラ&SIGMA標準ズームレンズ BMPCC6K + 18-35mm F1.8 DC HSM [キヤノン用]

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kは、スーパー35mmセンサー搭載のポケットシネマカメラです。シネマティックな動画撮影を目的に作られた本機は、豊かな階調を誇り、最大6Kでの高画質撮影に対応。地方のPR動画から、アーティストのMV撮影まで、幅広い撮影・表現が可能です。

レンズには、35mm伴換算で約26-50mmの画角をF1.8通しで撮影できる、18-35mm F1.8 DC HSM [キヤノン用]をセレクト。大口径レンズならではの大きなボケが、被写体を一層際立たせます。

また、レンズマウントは、豊富なラインナップを誇るキヤノンEFマウント。自分の撮りたい画に合わせて、広角・望遠・単焦点など幅広い種類の中から、好きなレンズを選択して、自由自在に表現できます。

シネマ品質映像制作セット 6Kシネマカメラ&SIGMA標準ズームレンズ BMPCC6K + 18-35mm F1.8 DC HSM [キヤノン用]
マウント Canon EFマウント
対応センサーサイズ スーパー35mmセンサー
解像度・フレームレート 6K60p
焦点距離 (35mm伴換算)26-50mm
F値 F1.8
総質量 1710g

まずはレンタルして試してみる

Panasonic 動画制作に強い本格ミラーレス & ライカ標準ズームセット LUMIX DMC-GH5 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

Panasonic 動画制作に強い本格ミラーレス & ライカ標準ズームセット LUMIX DMC-GH5 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

GH5最大の魅力は、4K60fpsサイズの圧倒的高画質な動画を撮影できる点にあります。

4K動画とは、1080P(FULL HD)の4倍相当の画質を誇る記録形式のこと。野鳥が羽を広げて羽ばたく瞬間や、草花が風に揺られている様子などを滑らかに映し出すことが可能です。また、60fpsで映像を記録できるため(一般的なカメラは24~30fps)、2.5~2倍スローで撮影することもできます。雨が水溜りに落ちて波紋が拡がっていく様子や、飛行機が離陸して上昇していく過程などをスローモーションで切り撮ることが可能です。Vlog・YouTube動画をはじめ、曲調・展開に合わせて表現を変えるMV・ショートフィルムなど、様々なジャンルで映像表現の幅を広げてくれるでしょう。
付属レンズ・LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0の画角は、35mm判換算で約24-120mm。5倍ズームで、画面全体を綺麗に写す風景撮影から、人物を大きく写すポートレート風の映像まで一本で対応できます。

Panasonic 動画制作に強い本格ミラーレス & ライカ標準ズームセット LUMIX DMC-GH5 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0
マウント マイクロフォーサーズマウント
対応センサーサイズ 4/3センサー
解像度・フレームレート 3030万画素
焦点距離 (35mm伴換算)24-120mm
F値 F2.8-4.0
総質量 965g

まずはレンタルして試してみる

 

Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VK (FE 24-105mmレンズ付属モデル)

Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VK (FE 24-105mmレンズ付属モデル)

2020年12月にSONYから発売された『Cinema Lineカメラ FX6』。「Cinema Line」とはSONYが展開するデジタルシネマ映像制作用カメラのことです。本機の魅力は、高い動画処理能力と高性能AF。まずは、従来機「FS5 II」の最大4倍に及ぶ動画処理速度。これにより、画質はもちろん、QFHD(3840×2160)120fpsなどハイフレームレート動画の膨大な映像データ処理や、SONYが発売する新開発の記録メディア「CFexpress Type A」への書き出し速度が向上しました。もう一つは、高いAF性能。627点の選択可能な位相差測距点を、イメージセンサーの撮像画面の最大約89%に配置しています。動体でも高い精度で、そのうえ高速にピントを合わせ続けることが可能。また、高速性・追従性・フォーカス精度の優れた「ファストハイブリッドAF」を搭載している点もポイントです。被写界深度の浅い場合にも、広範囲にわたって被写体をとらえます。

Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VK (FE 24-105mmレンズ付属モデル)
マウント SONY αEマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
解像度・フレームレート 4K120fps
焦点距離 24-105mm
F値 F4.0
総質量 2590g

まずはレンタルして試してみる

まとめ

今回は、シネマカメラというカメラの種類や、シネマティックな動画を撮影するコツについてご紹介しました。スマートフォンや一眼レフ・ミラーレス一眼カメラなどでも気軽に動画を撮影できるようになりましたが、シネマカメラで撮影することにより、映像作品としてのクオリティは大幅にアップします。

また、YouTubeやInstagramで、好きな映像クリエイター・ビデオグラファーの投稿動画を参考にすると、スキルアップも速くなるはずです。撮影に慣れたら、Adobe Premiere Proなどのソフトを使って、ぜひ編集や作品づくりにも挑戦してください。