【2020年最新】レンタル可能な人気のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)10選

コンデジと聞くと、最低限の機能のみ搭載した格安コンデジを想像する方が多いのではないでしょうか。格安コンデジは、非常に小型で気軽に撮影できますが、オススメは各カメラメーカーが力を入れている高級コンデジ。近年、小型なボディをそのままに、一眼レフカメラに匹敵するような性能を誇るモデルが多く登場しています。ただ高級と聞くと、簡単に購入には踏み切れませんよね。
そこで、今回は「GooPassでレンタルできる人気のコンデジ10選」を紹介します。

コンデジ選びのポイント

イメージセンサーのサイズを確認

カメラを選ぶ際に、まず確認するべき点は「センサーサイズ」です。イメージセンサーのサイズは大きいほうが光の情報を多く取り込むことが可能。それにより階調を豊かに表現したり、暗い場所での撮影に強いと言われています。そのため、画質を重視する場合は、小型のセンサーサイズである「〜型」や「フォーサーズ」ではなく、大型のセンサーサイズである「APS-C」を搭載したモデルを選ぶようにしましょう。

レンズの焦点距離や絞り値で選ぶ

高級コンデジには、ズームレンズ搭載モデルだけでなく、単焦点レンズのモデルも存在します。よって、まずは使用用途を明確にすることが必要です。たとえば、旅行などに持っていきたい場合は高倍率ズームレンズ搭載モデルが、日常のスナップ撮影に持っていきたい場合は単焦点レンズ搭載モデルがオススメ。また、開放絞り値もさまざまで、中には単焦点レンズに匹敵するほど大口径のモデルがあります。利便性重視なのか、作品づくりをしたいのかによっても変わってくるので、しっかり検討しましょう。

GooPassでレンタルできる人気のコンデジ10選

ここからはGooPassがオススメする「GooPassでレンタル可能な人気のコンデジ10選」を紹介していきます。

Canon PowerShot G1 X Mark III

初心者からプロカメラマンまで満足できるフラグシップコンデジ。

PowerShot G1 X Mark IIIは、APS-Cセンサーを搭載したGシリーズのフラグシップモデルです。35ミリ判換算24-72mm F2.8-5.6という明るさと実用性の高さを両立したレンズを、手のひらサイズのコンパクトボディに搭載。さらに最短撮影距離は広角端10cmと、被写体にかなり寄って撮影できるので、スナップ撮影からマクロ撮影まで幅広いシーンで活躍します。
コンデジながらシャッタースピード約4段分の手ブレ補正機構が搭載されており、背面液晶はタッチパネルなので、カメラに慣れていない初心者の方でも安心。また、山中や雪原などの厳しい環境での撮影に対応できる防塵防滴仕様や、高解像の内蔵ファインダーなど、プロやベテランカメラマンのサブ機としても対応できる高い機能性を誇ります。気軽に撮影したいお母さんや、こだわって撮影したいお父さんといった使い分けができるので、家族に一台あると便利なカメラです。

製品名 PowerShot G1 X Mark III
有効画素数 2420万画素
常用感度 ISO100-25600
サイズ 115.0×77.9×51.4mm
重さ 375g

■購入する場合は、99,800円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

Nikon COOLPIX P950

この望遠性能は、このモデルでしか体験できない。

COOLPIX P950は、1/2.3型センサーを搭載した超高倍率ズームコンデジです。本モデル最大の魅力は、他には類を見ない圧倒的なズーム倍率。光学ズームにも関わらず、35ミリ判換24-2000mm、ズーム倍率83倍という驚くべき数値を誇ります。デジタルズームと併用すると、最大値は望遠端8000mm、倍率322倍。常用ISO感度の上限が低めなので、三脚の設置は必須ですが、この一台で夜空に光る月面や天体をきれいに撮影できます。また日中の撮影では、被写体に近寄れない空港での航空機撮影やモータースポーツ撮影で活躍。圧倒的な望遠性能で、被写体にグッと寄ったかのような迫力ある1枚が撮影できます。コンデジと言うには、あまりに大きなボディ。しかし、一眼レフカメラの中級機程度の大きさで、この圧倒的な超望遠性能が使えるのは魅力的です。

製品名 COOLPIX P950
有効画素数 1605万画素
常用感度 ISO100-1600
サイズ 140.2×109.6×149.8mm
重さ 1005g

■購入する場合は、84,338円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

SONY サイバーショット DSC-RX100M7

全体的にハイレベルな機能性でバランスの良いコンデジ。

サイバーショット DSC-RX100M7は、1.0型センサーを搭載した高倍率ズームコンデジです。ZEISSの名が冠されたレンズは35ミリ判換24-200mmと高倍率で、利便性はバツグン。さらに開放F2.8-4.5と大口径なので、一眼レフ用レンズ顔負けのボケ感が楽しめます。
オートフォーカスは、357点像面位相差AFと425点コントラストAFを併用した「ファストハイブリッドAF」が進化。0.02秒という速さで、被写体を捉えます。さらに「リアルタイムトラッキング」や「リアルタイム瞳AF」によって、激しく動く被写体の撮影やポートレート撮影にも強いのが特徴。毎秒最高20コマの高速連写との併用で、一瞬のシャッターチャンスも逃しません。シューティンググリップにマイクと装着すれば、気軽に4K動画も撮影できます。静止画も動画もカバーする、高性能でバランスの良い一台です。

製品名 サイバーショット DSC-RX100M7
有効画素数 2010万画素
常用感度 ISO100-12800
サイズ 101.6×58.1×42.8mm
重さ 275g

■購入する場合は、121,980円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

FUJIFILM X100V

フィルム時代の撮影方法や描写を楽しめる単焦点コンデジ。

X100Vは、APS-Cセンサーを搭載した単焦点コンデジです。フィルムカメラを彷彿とさせる外装やビルドインISOダイヤル、ピッタリと収まる背面液晶画面など、富士フイルムのクラフツマンシップを感じる一台。見た目のレトロさと操作感から、撮影する行為自体を楽しむためのカメラとも言えます。
搭載されているレンズは、新設計された35ミリ判換算35mm F2の単焦点レンズ。スナップ撮影では、空気感をも写し出すかのようなクリアな描写をします。往年のフィルムの色味を再現した「フィルムシミュレーション」はもちろん、本モデルから色に深みを加える「カラークロームエフェクト」「カラークロームブルー」や、銀塩写真のような粒状感が加えられる「グレイン・エフェクト」など、一層フィルムライクな作品づくりが楽しめる機能を多数搭載。フィルムカメラを使っていたベテランの方だけでなく、いつもとは一味違った写りを楽しみたい方にもオススメできるカメラです。

製品名 X100V
有効画素数 2610万画素
常用感度 ISO160-12800
サイズ 128.0×74.8×53.3mm
重さ 428g

■購入する場合は、141,489円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

Panasonic LUMIX DC-LX100M2

単焦点に匹敵するボケ描写がウリの大口径レンズ搭載コンデジ。

LUMIX DC-LX100M2は、4/3型センサーを搭載した大口径ズームコンデジです。35ミリ判換算24-75mmの標準ズーム域に、単焦点レンズに匹敵する開放F1.7–2.8の大口径なレンズを搭載。さらに、絞り羽根は9枚の円形絞りが採用され、点光源ボケの中に年輪のような模様が写る「輪線」を抑えるようにこだわっているので、ボケ描写も秀逸です。一眼レフカメラでは、ボディ+レンズ数本を使用しないと得られない描写が、この一台で楽しめます。
レンズ周りには通常のコントロールリングに加え、「絞りリング」や「アスペクト比切り替えレバー」が搭載され、直感的な操作が可能。また、機能の割り当てができる「ファンクションボタン」も、ボディに5つ配置されているので、自分の使いやすいように操作性を高められます。素早く設定しながら、クリアでボケがきれいな描写が楽しめるので、きっと満足できることでしょう。

製品名 LUMIX DC-LX100M2
有効画素数 1700万画素
常用感度 ISO100-25600
サイズ 115.0×66.2×64.2mm
重さ 350g

■購入する場合は、100,864円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

Panasonic LUMIX DC-TX2

手のひらボディで360mmの超望遠まで撮影できるライカ基準レンズ搭載モデル。

LUMIX DC-TX2は、1.0型センサーを搭載した高倍率ズームコンデジです。ライカの厳しい審査基準をクリアしたレンズは、35ミリ判換算24-360mmの光学15倍ズーム。広角端の最短撮影距離はわずか3cmと、マクロ撮影から超望遠撮影まで小型ボディで楽しめます。望遠域で発生しやすい手ブレには、レンズシフト式の手ブレ補正機構でしっかりと抑制。光量の少ない夕景や室内での撮影でも力を発揮します。
パナソニックは動画にも力を入れており、タッチパネルでのピント送りやズームイン/アウト、スローモーション撮影といった機能を搭載。動画撮影の経験が少ない方でも、発想によってはプロ顔負けの映像が撮影できます。「とにかくシャッターチャンスを逃したくない」「広角から望遠まで一台で撮りきりたい」という方にオススメの一台です。

製品名 LUMIX DC-TX2
有効画素数 2010万画素
常用感度 ISO125-12800
サイズ 111.2×66.4×45.2mm
重さ 298g

■購入する場合は、77,396円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

OLYMPUS Tough TG-6

川や海などの水場で活躍する機能が豊富なタフネスカメラ。

Tough TG-6は、1/2.33インチセンサーを搭載したタフネスコンデジです。「タフネスカメラ」とは、防塵・防水・耐衝撃・耐荷重など、厳しい環境での使用を目的としたカメラの総称。本機は、2.1mから落下や100kgの荷重、-10℃の低温環境でも動作するなど、カメラの中でも随一の堅牢性を誇ります。特に水中での撮影機能が充実しており、5種類の撮影モードと水中専用ホワイトバランスを搭載。川遊びや海水浴、プールといったシーンに最適です。
タフネスカメラは堅牢性のみが注目されがちですが、本機はレンズの性能の高さも魅力。35ミリ判換算25-100mmの4倍ズームで、スナップ撮影に申し分ない領域をカバー。開放F2.0-4.9と明るい大口径レンズは、水中などの光量が少なくなる場所でも、しっかりとシャッタースピードを稼げます。開放時にはボケも楽しめるので、タフネスカメラながら満足度の高い一台です。

製品名 Tough TG-6
有効画素数 1200万画素
常用感度 ISO100-12800
サイズ 113×66×32.4mm
重さ 253g

■購入する場合は、42,800円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

RICOH GR III

ペンタックスの機能を搭載して楽しみが倍増したスナップシューター。

GR IIIは、APS-Cセンサーを搭載した単焦点コンデジです。「GR」は、多くのカメラマンから長年親しまれてきたロングセラーシリーズ。胸ポケットに入る小型のボディサイズに、35ミリ判換算28mm F2.8の単焦点レンズ、起動時間の速さから「スナップシューター」という愛称で呼ばれています。
本機は、リコーがペンタックスを買収してから開発されたモデル。従来より評価が高かったGRシリーズをベースとして、ペンタックスの機能が多数追加されています。中でも手ブレ補正機構「SR(シェイクリダクション)」でシャッタースピード約4段分のブレ補正と、102400というコンデジの中ではトップクラスのISO上限感度で、夜間での撮影の性能が向上。スナップシューターとして、一層手持ち撮影の安定感が増しました。スナップ撮影がメインなら、一度は使うべき名機です。

製品名 GR III
有効画素数 2424万画素
常用感度 ISO100-102400
サイズ 109.4×61.9×33.2mm
重さ 227g

■購入する場合は、88,900円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

RICOH WG-6

応用が効くLEDライトを搭載した光学5倍ズームのタフネスカメラ。

WG-6は、1/2.3型センサーを搭載したタフネスコンデジです。堅牢性の高いタフネスカメラの中でも望遠性能に優れ、35ミリ判換算28-140mmと幅広い焦点距離をカバー。さらに、トリミングやデジタルズームといった、実際の画素数を減らして被写体にズームする機能への耐性も高く、2000万と高画素なので安心です。
本機の最大の特徴は、レンズ周囲に設置された6灯のLEDライト。デジタル顕微鏡モードなどのマクロ撮影時に有効で、ただ暗い場所で照明とするだけでなく、片側3灯のみ照らすといったライティングとしての使用もできます。さらに、このLEDライトは自撮りのアシスト機能としても活躍。背面液晶が固定されており、自撮りの際に見れないため、点灯したLEDの位置で自分が画面のどこに写っているかを判別できます。さまざまな使い方ができるLEDライトで、被写体を余すところなく撮影できるオススメの一台です。

製品名 WG-6
有効画素数 2000万画素
常用感度 ISO125-6400
サイズ 118.2×65.5×33.1mm
重さ 219g

■購入する場合は、35,990円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

SIGMA dp0 Quattro

シグマ独自のセンサーを搭載した唯一無二の超広角単焦点コンデジ。

dp0 Quattroは、APS-Cセンサーを搭載した単焦点コンデジです。一風変わった外観の「dp」シリーズは、シグマが誇る独自の高性能センサー「Foveon」を搭載し、あらゆる要素を高画質を追求するために開発。dpシリーズは、あえて小型化せず、幅をもたせて右手のグリップを作り、撮影時の安定感を増しています。そして、光の情報をロスすることなく取り込めるFoveonセンサーで、階調豊かな写真を楽しめます。特に、白飛びや黒潰れといった階調表現の性能が如実に現れるモノクロ写真が、dpファンから高評価。計4モデルも開発される人気につながっています。
dp0 Quattroは、35ミリ判換算21mmの超広角レンズ搭載モデルにも関わらず、歪曲収差は1%以下。歪曲収差の影響を受けやすい建築物などの直線が多い被写体でも、見たままに表現できます。超広角単焦点コンデジである本モデルは、他社のラインナップにはない唯一無二の存在。ぜひ一度試してみてください。

製品名 dp0 Quattro
有効画素数 2900万画素
常用感度 ISO100-6400
サイズ 161.4×67×126mm
重さ 500g

■購入する場合は、89,457円(2020/10/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

まとめ

今回は「GooPassでレンタルできる人気のコンデジ」を紹介しました。一口にコンデジと言っても、高倍率ズームレンズや単焦点レンズ、ズームレンズでも大口径レンズを搭載したモデルなど、さまざまな個性を持ったカメラが数多くラインナップされています。ぜひ、こちらの記事を参考に、使用用途に合ったコンデジをレンタルしてください。

  GooPassで 最新の機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

 

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年11月30日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報