【2020年最新】Webカメラとしても使える!Canonのオススメ一眼カメラ9選

日本全国で緊急事態宣言が解除されたとはいえ、世界には、今なお新型コロナウイルスの感染者が増加している国もあります。依然として、テレワークを続けている方も多いでしょう。以前GooPass MAGAZINEでは、PCにUSBケーブルを接続するだけでWebカメラに変身するSIGMA fpを紹介しましたが、これに続いて、世界的カメラメーカー・Canon(キヤノン)が、デジタルカメラをWebカメラとして使用できるソフト『EOS Webcam Utility』を発表しました。現在(2020年10月7日時点)はCanonのWebサイトからインストールすることが可能です。

対応カメラ

デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)など様々なモデルに対応しています(2020年10月7日時点)。

デジタル一眼レフカメラ

・EOS-1D X Mark III、EOS-1D X Mark II、EOS-1D X

・EOS 5Ds R、EOS 5Ds

・EOS 5D Mark IV、EOS 5D Mark III

・EOS 6D Mark II、EOS 6D、EOS 7D Mark II、EOS 7D

・EOS 90D、EOS 80D、EOS 70D、EOS 60D

・EOS Kiss X10i、EOS Kiss X10、EOS Kiss X9i

・EOS 9000D、EOS 8000D

・EOS Kiss X9、EOS Kiss X8i、EOS Kiss X7、EOS Kiss X7i、EOS Kiss X5

・EOS Kiss X90、EOS Kiss X80、EOS Kiss X70、EOS Kiss X50

ミラーレス一眼カメラ

・EOS R5、EOS R6

・EOS Ra、EOS R、EOS RP

・EOS M6 Mark II

・EOS Kiss M

・EOS M200

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)

・PowerShot G5X Mark II

・PowerShot G7X Mark III

・PowerShot SX70 HS

対応OS

2020年10月7日時点では、Windwosのみ対応可能。ただし、今後はMacにも対応する予定があるとのこと。ただし、Canon USAで配布されていたEOS Webcam Utility Beta(ベータ版)であれば、Macにも対応しているようです。

Windows

・Windows 10

Mac(ベータ版のみ)

・10.15 Catalina

・10.14 Mojave

・10.13 High Sierra

対応アプリ・ビデオ通話ツール

下記のソフトで作動することが確認されています(2020年6月18日時点)。

・Zoom

・Skype

・Microsoft Teams

・Messenger

・Googleハングアウト

・OBS studio

カメラ本体とPC以外に必要なもの

デジタルカメラとPCを繋ぐUSBケーブルが1本あればOK。USBケーブルが同梱されていない場合は、家電量販店などでUSBケーブルを別途購入する必要があります。

ダウンロード・インストール手順(Widows)

それでは、早速『EOS Webcam Utility』を使って、CanonのデジタルカメラをWebカメラとして使用する手順を紹介します。まずは、コチラからダウンロードページにアクセスしてください。ただし、デバイスに『EOS Webcam Utility Beta(Canon USAで配布されていたベータ版)』がインストールされている場合は、まず『EOS Webcam Utility Beta』をアンインストールする必要があります。

1.ダウンロード

ダウンロードページより『EOS WebcamUtility-WIN1.0.zip』をダウンロード・展開して、フォルダ内にある『Setup.exe 』をダブルクリック。

2.インストール

画面の指示に従ってインストールを行ないます。インストール終了後にPCの再起動を要求されることがありますが、その際はPCを再起動してください。その後、ZoomなどPCにインストールされているビデオ通話アプリを起動します。Webカメラに『EOS Webcam Utility』を設定※してください。カメラ本体を動画撮影モードに設定してUSBで接続すれば、Webカメラとしてビデオ通話を楽しむことができます。
※設定の詳細は、Zoomの使用説明書をご参照ください。

ベータ版(Mac対応可)のダウンロード・インストール手順

それでは早速『EOS Webcam Utility Beta』を使って、CanonのデジタルカメラをWebカメラとして使用する手順を紹介します。結論から述べると、ダウンロードして、インストールするだけ。まずはCanon USAのサポートページにアクセスします。

1.カメラを選ぶ

ページを下部にスクロールして、PCに接続するカメラを選択します。

2.『EOS Webcam Utility Beta』をSELECT

『EOS Webcam Utility Beta』のSELECTボタンをクリックします(写真はPCのOSがMac、カメラをEOS 90Dで選択した場合)。

3.『EOS Webcam Utility Beta』をダウンロード

SELECTボタンの下に出現する「DOWNLOADボタン」をクリックします。

『EOS Webcam Utility Beta』をインストール

後は画面の指示に従ってインストールするだけでOK。カメラ本体を動画撮影モードに設定してUSBで接続すれば、Webカメラとしてビデオ通話を楽しむことができます。

Webカメラとして使える、Canon(キヤノン)のオススメカメラ9選

以上の手順を踏まえた上で、Webカメラとしても活躍する、Canonのおすすめカメラを紹介します。

EOS 7D Mark II

EOS7DMk2

 

タフで高機能!APS-C機の最上級モデル。

キヤノンが、”ハイアマチュアモデル”に位置付ける唯一のAPS-Cセンサー搭載機が「EOS 7D MarkII」。軽量かつ丈夫なマグネシウム合金製ボディは雨滴やホコリに強い防塵・防滴構造で、プロカメラマンや写真愛好家からも信頼されるカメラです。

EOS 7D Mark IIが得意とするのは、ズバり連写。シャッター自体も小型にできるAPS-C機の特性を存分に生かし、上級機種も顔負けの10コマ/秒の高速連写を実現。さらに高速連写で撮影した画像を素早く処理するために、映像エンジンを2基搭載する徹底ぶりです。

2014年デビューとやや時間が経ってはいますが、その連写性能は一線級。APS-C機は特に望遠撮影に有利なこともあり、望遠かつ連写性能が必要なモータースポーツなどの撮影にも大活躍してくれるはずですよ。最高のAPS-C機を探すなら、ぜひ候補に入れて欲しいカメラです。

EOS 7D Mark II スペック
センサーサイズ APS-C
画素数/動画サイズ 約2020万画素/Full HD(59.94p)
AF測距点 65点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約1.0倍
測光分割数 252分割(評価測光)
 常用感度 ISO100~16000
シャッター速度 1/8000~30秒
 本体の重さ 820g
その他機能 Wi-Fi

■購入する場合は、110,062円(2020/4/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

EOS 9000D

EOS 9000D

これから写真を始める初心者におすすめな、エントリーモデル。

EOS 9000Dは、キヤノンが「プレミアムエントリー」と位置付ける、入門用カメラのひとつです。先に紹介したEOS Kissと同じ、初めて一眼レフを手にする人に向けたカメラですが、こちらは機械に弱くなく、これから写真をしっかり覚えていきたい人に向いています

EOS Kissシリーズとは異なり、大型の電子ダイヤルを中心としたEOSシリーズの上位機種と共通のスイッチ配置を採用しています。そのため、一度覚えてしまえば素早い操作が可能になりますし、フルサイズ機など、同じキヤノンの上級機にステップアップする際にも違和感がありません。

発売が2017年と新しいこともあり、さまざまな撮影姿勢を可能にするバリアングル液晶モニターや、Bluetoothによるスマホとの連携も簡単に行えます。リーズナブルな価格と、便利かつ本格的な機能を兼ね備えた、コスパに優れた1台です。

機能や価格を総合して、これからカメラを本格的に始めたいという一眼レフ初心者のデビューカメラとしておすすめです。

EOS 9000D スペック
センサーサイズ  APS-C
画素数/動画サイズ 約2420万画素/Full HD(59.94p)
AF測距点 45点
ファインダー視野率/倍率 約95%/約0.82倍
測光分割数 315分割(評価測光)
常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/4000~30秒
本体の重さ 493g
その他機能 Wi-Fi、NFC、Bluetooth

■購入する場合は、73,200円(2020/4/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

EOS 80D

EOS 80D

写真がもっと楽しくなる!入門機とはひと味違う高性能が魅力。

写真を始めてから少したって一眼レフで写真を撮ることのおもしろさに目覚めたとき、2台目の一眼レフとして手にするのにぴったりなのが、このEOS 80D。機能・操作性・重さのバランスに優れたカメラです。

イメージセンサーがAPS-Cサイズのため本体はコンパクトですが、瞬時にピントを合わせてくれる45点測距のオートフォーカスや、視野率100%の高倍率なファインダー、1/8000秒の高速シャッターなどは上位機種譲りのスペックで、入門機とはひと味違う高性能を誇ります。

APS-C機は構造上、望遠撮影を得意とすることもあり、鉄道や飛行機の撮影では定番のモデルのひとつです。タフで信頼できるパートナーとして、旅行に持っていくカメラにもおすすめ。EOS 80Dなら写真を撮ることがとことん楽しめますよ。

EOS 80D スペック
センサーサイズ  APS-C
画素数/動画サイズ 約2420万画素/Full HD(59.94p)
AF測距点 45点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.95倍
測光分割数 63分割(評価測光)
常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 650g
その他機能 Wi-Fi、NFC

■購入する場合は、86,000円(2020/4/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

EOS 90D

 

優れた連写性能で、動く被写体も楽らく撮影。

連続撮影機能で重要な場面を逃さないカメラがEOS 90Dです。最高約10コマ/秒の高速連写で、電車の発着や野鳥が飛び立つシーンを確実に捉えることができます。AFの追従性能も高いので、被写体がぼけたままシャッターが切られている心配もありません。1回のシャッターでは納められない重要な場面での信頼感は抜群です。

結婚式の新郎新婦の撮影などに使えば、数ある写真の中から最も気に入ったものを選ぶ楽しさもあるでしょう。趣味やイベント用など、使えるシーンの多いモデルです。

EOS 90D
タイプ/センサーサイズ 一眼レフ/APS-C
画素数/動画サイズ 3250万画素/4K(29.97p)
AF測距点 45点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.95倍
常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 619g
その他機能 防塵・防滴・ゴミ取り機能・タッチパネル・ライブビュー・バリアングル液晶・Wi-Fi・Bluetooth4.1など

■購入する場合は、138,480円(2020/4/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

EOS R

EOS R

暗所撮影が得意な、画質に優れた最上級モデル。

EOS Rシリーズの最上級機がEOS Rです。約3030万画素の高解像度センサーを搭載し、常用感度はISO40000まで対応。世界初となるEV-6の暗所でピントの合うオートフォーカスも搭載した、撮影シーンの広がるカメラです。

これまでキヤノンの一眼レフはスイッチ配置が基本的に共通でしたが、EOS Rは新たに右手の親指でスライドやタップするマルチファンクションバーを採用しました。写真と動画メニューをスムーズに切り替えられるようになっており、今までよりさらに素早い操作が可能になりました。

マグネシウム製のボディはもちろんですが、同時発売のキヤノン一眼レフ用のレンズを装着するマウントアダプターも防塵・防滴に対応したしっかりした作りになっています。プロカメラマンや写真愛好家が一眼レフから買い替えても十分満足できるカメラです。

EOS R スペック
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 3030万画素/4K(29.97p)
AF測距点 5655点
ファインダー視野率/倍率 約100%/0.76倍
測光分割数 384分割
 常用感度 ISO100〜40000
シャッター速度 1/8000秒〜30秒
 本体の重さ 580g
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth

■購入する場合は、173,614円(2020/4/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※レンタル価格はEOS R マウントアダプターキットの場合の月額料金になります。


EOS RP

EOS RP

手軽に持ち歩けるフルサイズ。

EOS RPは、ミラーレスのメリットを存分に生かし、デジタル一眼レフカメラよりずっとコンパクトなボディで同等以上の高画質を実現したカメラ。他社製品に比べても価格が抑えられているので、初めてのフルサイズミラーレスにおすすめです。

最新の映像処理エンジンや、フルサイズで世界最速のオートフォーカスを搭載する一方、撮影モードや設定の意味を文と写真・イラストで紹介する機能や、シーンに合わせてモードを選択するだけできれいな写真が撮れる機能など、カメラに慣れていない人への配慮もされています

マウントアダプターを使えば今までのキヤノン製一眼レフのレンズも使えますし、マグネシウムとポリカーボネートを使ったボディはフルサイズ機で最軽量クラス。キヤノンの一眼レフを主力で使っている人の予備カメラとしてもぴったりな1台です。

EOS RP スペック
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2620万画素/4K(25p)
AF測距点 4779点
ファインダー視野率/倍率 約100%/0.7倍
測光分割数 384分割
 常用感度 ISO100~40000
シャッター速度 1/4000~30秒
 本体の重さ 440g
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth

※EOS RP マウントアダプターキットの場合
■購入する場合は、118,478円(2020/4/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。


EOS M6 Mark II EF-M18-150 IS STM レンズキット

簡単操作でも本格派クオリティ!初心者からハイアマチュアまで大満足のミラーレス。

小型で軽量なミラーレスカメラながらも、快適にハイクオリティな写真や動画が撮れると人気なのがEOS M6 Mark IIです。キヤノンのミラーレスの中でトップクラスの画素数を誇り、4K動画にも対応。操作はダイアル、さらに一瞬でオートフォーカスとマニュアルフォーカスとを切り替えられるスイッチが搭載されているので、初心者でも直感的に扱えること間違いなしです!

上下や正面側に動かせる液晶モニターを採用しているため、自撮りはもちろん、ハイアングルやローアングルでの撮影も簡単。初心者だけでなく、日々の大切な一瞬を撮り逃したくないというハイアマチュアの方にも、ぜひ手にしてもらいたいモデルです。

 EOS M6 Mark II EF-M18-150 IS STM レンズキット スペック
タイプ ミラーレス
センサーサイズ APS-C
画素数/動画サイズ 約2410万画素/4K(29.87fps)
本体のサイズ 108.2×67.1×35.1mm
本体の重さ 約262g
付属レンズのサイズ 全長約44.5mm
付属レンズの重さ 約130g
その他機能 自分撮り機能・タッチパネル・ゴミ取り機構・可動式モニタ・ライブビュー・Wi-Fi・Bluetooth4.1など

■購入する場合は、144,800円(2020/4/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

EOS Kiss M

EOS Kiss M

初めて本格的なカメラを買う人に最適。

EOS Kiss Mは、一眼レフで人気の“EOS Kissシリーズ”のミラーレス版。一眼レフと同じようにきれいな写真を、より小さなサイズで実現しています。また、初めてカメラを買う人でも迷わず使えるような工夫が各所にされているのが特徴です。

頭の上にカメラを掲げてのハイアングル撮影や、自撮りにも対応するバリアングル液晶は、直感的に使えるタッチパネル式。ピント合わせもシャッターも画面タップでOKだから、スマホ感覚で写真が撮れます。さらに、撮った写真はWi-FiかBluetoothですぐにスマホに転送可能です。

それでいて、APS-Cサイズのセンサーは約2410万画素の高精細。映像エンジンは上級モデルと同じものなので、写真のクオリティは本格的な一眼レフに遜色しません。10コマ/秒の高速連写も可能で、走り回る子どもの表情もしっかり撮れますよ。

EOS Kiss M スペック
センサーサイズ APS-C
画素数/動画サイズ 2410万画素/4K(24p)
AF測距点 最大143点
ファインダー視野率/倍率 約100%/ー
測光分割数 384分割
常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/4000~30秒
本体の重さ 351g
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth、NFC

■購入する場合は、63,480円(2020/4/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》


Canon PowerShot G7 X Mark III

 

ハイクラスな性能を、コンパクトなボディに詰め込んで。

タッチパネル操作で画質を調整できて、感覚的にとても使いやすく、難しい知識も必要ありません。4K動画撮影も可能で、小型のボディに多くの機能が備わっています。コンデジの手軽さを抜群に活かしつつ、性能も高い。これ一つをいつも持ち歩いていたら、いつどんな素晴らしいシーンに出会っても慌てることありません。しっかりズームもできて、画質も文句なしの鮮明さ。スマホでは表現できないハイクオリティで納得のいく撮影ができます。

 Canon PowerShot G7 X Mark III
タイプ  コンデジ
撮像素子  1型CMOS
画素数/動画サイズ  2010万画素/4K(29.97 fps)
焦点距離  24mm~100mm
F値  F1.8~F2.8
最短撮影距離  5cm(標準)/5cm(マクロ)
デジタルズーム  4倍
常用感度 ISO125~12800(通常)/ISO25600(拡張)
シャッター速度  1/2000~1秒
本体の重さ  280g

■購入する場合は、84,000円(2020/4/24現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

注意事項

最後に1つ注意点があります。今回紹介したMac対応の『EOS Webcam Utility Beta』は、あくまでベータ版。Windows対応の『EOS Webcam Utility』はCanonの日本語サイトでが配布されていますが、Mac対応の『EOS Webcam Utility Beta』は現在(2020年10月7日)はCanon USAでのみ配布されているため、日本国内でのサポート対応はありません。冒頭で紹介したYouTuberの方々も動画内で発言されていましたが、万が一カメラ本体やPCに不具合が発生しても、補償はありません。SNSなどを確認する限り、今のところ重大な不具合や故障が発生していないようですが、くれぐれも自己責任で設定・接続するようお願いします。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

 

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。