【2020年最新】Canonレンズのそれぞれの特徴とは!?

一眼レフでの撮影に慣れてきたら、もっといろんな写真を撮ってみたくなりますよね。

そんなときはレンズを変えてみてはいかがでしょうか。

レンズを変えることで、表現の幅を広げて様々な写真を撮れるようになります。

とはいえ、一眼レフのレンズにはたくさんの種類があるのでどれが良いのか分からない…と足踏みしてしまうことも。

そこで今回は、一眼レフのレンズの種類とそれぞれの特徴を、Canonのおすすめレンズと合わせてご紹介します。

「ズームレンズ」と「単焦点レンズ」の違い

一眼レフのレンズたくさんの種類がありますがそのほとんどが、ズーム機能がついている「ズームレンズ」と、撮れる距離が決まっている「単焦点レンズ」の2種類に分けられます。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

ズームレンズ

ズームレンズは、その名の通りズーム機能の付いたレンズ。

一眼レフを買うときに一緒についてくることも多く、このレンズを最初に使う初心者も多いでしょう。

ズームレンズの大きな特徴は、焦点距離を自由に変えられること。

焦点距離とは、レンズの中心である「主点」から、撮影する像を結ぶ地点までの距離を言います。

焦点距離を変えることで、広い風景を画面に収めたり、遠くの被写体を写したりと様々なシーンに対応できます。

ズームレンズで写せる範囲は、「18-200mm」というように一番広く写せる範囲から一番狭く写せる範囲を数値で表します。

この数値が大きくなるほど遠くの被写体を大きく写すことができ、小さくなるほど広い画角を撮影できます。画角とは、同じ場所から撮影したときに写真に写せる範囲のこと。

この範囲によって、広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズとさらに細かく分類されます。

ズームレンズのメリット

ズームレンズのメリットは、様々なシーンに対応できる利便性です。

レンズ交換をしなくても、ズームレンズ一本さえあれば幅広い写真を撮影できます。

他のレンズを持ち運ばなくて良いので、荷物を減らせるのも嬉しいポイント。

なるべく身軽に動きたい旅行中やアウトドアでも使いやすいですね。

また、単焦点レンズではカバーしきれない微妙な焦点距離での撮影も可能です。

自分がしっくり来る距離で撮影できるのはズームレンズならではの魅力です。

ズームレンズのデメリット

ズームレンズのデメリットは、画質があまり良くないことです。

ズームレンズはたくさんのレンズで構成されているので、単焦点レンズに比べるとどうしても画質が劣ってしまいます。

しかし設定次第では綺麗に撮影できるので、微調整を繰り返してベストな設定を見つけましょう。

また、複雑な構造をしているため、単焦点レンズより高価格のものが多いのも難点です。

単焦点レンズ

単焦点レンズはズーム機能がなく、一定の焦点距離でしか撮影できないレンズです。

ズームレンズの扱いに慣れてきたら、次に使ってみたいレンズとして気になるのが単焦点レンズですよね。

「ズーム機能が無いのは不便そう…」と思うかもしれませんが、単焦点レンズにはそれをカバーする魅力があります。

焦点距離が固定されていることにより、一眼レフならではのボケ感を楽しめたり、画質が綺麗だったりと本格的な写真を撮影できます。

また、F値が小さいものが多いのも特徴です。

F値とは絞り値を指す言葉で、絞り値が小さいと、絞りが開かれてレンズを通る光の量が多くなります。

そのため単焦点レンズは明るく、暗い場所での撮影に向いています。

単焦点レンズもズームレンズ同様、焦点距離によって広角レンズや標準レンズ、望遠レンズなどに分類されます。

単焦点レンズのメリット

単焦点レンズのメリットは、画質がとても良いことです。

レンズの構成枚数を少なくして焦点距離を固定している分、光量のロスが無く、綺麗にくっきりと写すことができます。

特別な技術が無くてもプロのような写真が撮れるので、「一度使ってみたらハマってしまった」という人も多いです。

周囲をぼかして被写体をくっきり写したり、暗い場所で撮影したりと、より一眼レフでの撮影を楽しめます。

また、ズームレンズに比べると構造が簡単でレンズの枚数が少ない分、リーズナブルです。

安価で高画質を楽しめるのは単焦点レンズの大きな魅力です。

単焦点レンズのデメリット

ズームができないので、撮影できる対象が限られることです。

「違うものが撮りたい」となったら、レンズを交換する必要があります。

たくさんの種類のレンズを持ち歩かなければいけないので、荷物の運搬は大変です。

また屋外でのレンズ交換は、砂やゴミが入ってしまう可能性もあり危険です。

レンズを落として割れてしまうこともあるので、十分な注意が必要です。

画角による3つの分類

ズームレンズも単焦点レンズも、焦点距離によって更に細かく分類されるとご紹介しました。

焦点距離が変わると、画角が変わります。

その画角によって、一般的には「広角レンズ」「標準レンズ」「望遠レンズ」の3つに分類されます。

それぞれの特徴とおすすめのCanonのレンズをご紹介します。

広角レンズ

広角レンズとは、広い範囲を撮影できるレンズのこと。

一般的には焦点距離が35mm以下のレンズを指します。

目の前の景色を広い範囲でカメラに収められるので、大きな建物や絶景、集合写真を撮るときに、後ろに下がらなくても近い距離から全体を撮影できます。

また、広角レンズは遠近感を強調する効果もあります。

近くのものはより大きく、遠くのものはより小さく写せるので、遠近感を上手く活用することでダイナミックな写真を撮影できます。

おすすめの広角レンズ

◆Canon EF16-35mm F2.8L III USM


迫力のある写真を撮影できる広角レンズ。

しかし、通常の広角レンズだと周辺の画質が悪くなりがちだったり、色にじみや歪みが起きたりするデメリットもあります。

そんな広角レンズの欠点をとことんカバーしてくれるのがこのレンズです。

高画質にこだわり、フレアやゴーストも低減させてくれます。

標準レンズ

標準レンズは、焦点距離が35mm~50mm前後のレンズです。

人間の目で見た視界に最も近く、自然な印象の写真を撮影できるのが魅力です。

ポートレートやスナップ写真など、オールマイティに使用できます。

応用が効くので、初心者から上級者までおすすめのレンズです。

おすすめの標準レンズ

◆シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM


こちらはシグマのレンズですが、キヤノンのカメラで使用可能です。

明るさが最大の魅力のレンズです。

ズーム全域で明るさを保ってくれるので、状況に応じてシャッタースピードを自在に調整できます。

手ブレしにくいので初心者にもおすすめのレンズです。

また、撥水コートがされているので、雨天時でも安心して使えます。

値段は高めですが、様々なシーンで活用できるので一本持っておくと便利です。

望遠レンズ

望遠レンズは、焦点距離が70~300mm前後のレンズのこと。

遠くの被写体を撮影するのに向いています。

画角が狭く、被写体の後ろにある余計なものを写さないので、背景をスッキリ整理しやすいです。

被写体をより引き立たせた写真を撮影できます。

また、望遠レンズには遠くのものを手前に引っ張ってくる「圧縮効果」があります。

これによって背景が大きくなり、被写体との遠近感がなくなったように見え、迫力のある写真を撮影できます。

おすすめの望遠レンズ

◆Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS II APS-C対応

 

4段分の手ぶれ補正で、初心者でも使いやすい望遠レンズです。

重量が390gと望遠レンズとしてはかなり軽いので、首からカメラをぶら下げていても疲れにくいのも魅力。

持ち運びにも便利なので、旅行やアウトドアに持っていく一本としてもおすすめです。

高画質で、遠くの被写体もくっきりキレイに写せます。

※こちらは本体とのレンズキットのみとなります。

特殊なレンズ

この他にも、様々なレンズがあります。

特殊なレンズを使用することで、普通のレンズでは撮影できない味のある写真になります。

魚眼レンズ

魚眼レンズとは、画角が180度以上あるレンズのことです。

半球状に盛り上がったレンズの光屈折を利用することで、その名の通り魚の眼で見たような景色を撮影できます。

魚眼レンズには、写真が円形になる円周魚眼と、全体が歪んだように見える対角魚眼の2種類があります。

人間の目では見えない範囲の風景も切り取れるので、その場の空気感が伝わる写真になるのが魅力です。

何気ない日常の風景が、魚眼レンズで撮影するとかなり面白い写真になります。

おすすめの魚眼レンズ

◆キヤノン(Canon) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

 

こちらのレンズは、円周魚眼と対角線魚眼の2通りで使えるので、幅広いシーンで撮影

できます。

オートフォーカスが素早く動作するので、ピントが合うのが早くシャッターチャンスを逃しません。

また、レンズの表面には高い撥水加工が施されているので、乾いた布ですぐに汚れや水滴を取り除くことができます。

アウトドアシーンでも大活躍です。

マクロレンズ

マクロレンズは、小さいものを大きく写せる接写に強いレンズです。

被写体を1/2倍から等倍で写すことができます。

普通のレンズだと、近くに寄りすぎるとピントが合わなくなってしまいます。

しかしマクロレンズなら、かなり近くによっても鮮明に写せます。

花や植物、昆虫など、身の回りの何気ない風景や自然の美しさを撮影するのに向いているレンズです。

手持ちだとブレやすいので、慣れないうちは三脚を用意するのがおすすめです。

おすすめのマクロレンズ

◆Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM

かなり前に発売されたマクロレンズですが、性能はとても高いです。

解像力が高く、かなり近い距離からでもしっかり撮影できます。

発売されてから時間が経っている分、比較的手に取りやすい値段です。

扱いやすい設計なので、初めてのマクロレンズとしても良いでしょう。

Canonでおすすめのレンズまとめ

今回は、一眼レフのレンズの種類とそれぞれの特徴、Canonでおすすめのレンズについてご紹介しました。

一眼レフのレンズには様々な種類があり、ズームができるものとできないもの、撮影できる範囲が違うなどレンズによって特徴があります。

同じ風景を撮影しても、レンズを変えるだけで全く違う雰囲気の写真になります。

それぞれのレンズの特徴を知ったら、今までよりもっと一眼レフの撮影を楽しめるはず。

キットレンズでの撮影に少し慣れてきたら、ぜひ様々なレンズで撮影の幅を広げてみてください。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。