【2021年】キヤノン(Canon)のおすすめレンズ!人気のEFレンズ・RFレンズを紹介

キヤノン(Canon)のおすすめレンズ【EFレンズ・RFレンズを紹介!】

カメラ業界最大手のキヤノン(Canon)は、幅広い機種とレンズの豊富さが魅力のメーカー。性能や価格も撮影シーンに合わせて選びやすい一方で、どれを選んだらよいか迷ってしまうことも。

今回は、キヤノンのおすすめのレンズと選ぶときのコツについてご紹介します。数あるレンズの中から、自分にあったキヤノンのレンズを手に入れましょう!

キヤノンのレンズ特徴とは?

キヤノンのレンズの特徴といえば、なんといっても種類が豊富であること。また、センサーサイズ「フルサイズ」用のレンズが多く、フルサイズカメラを使用している方には自分の好みのレンズが選びやすい点が特徴です。

価格も性能に合わせてお手頃に抑えたモデルも多く用意されているため、初心者の方でもいろんなレンズを試しやすいようになっています。プロ向けにも高級レンズとして、「Lレンズ」などの描写力や機能性など大変優れたレンズも用意されていますよ。

キヤノンのマウントは4種類

キヤノンのマウントは、フルサイズ一眼レフ用とAPS-C用一眼レフ、フルサイズミラーレス用とAPS-Cミラーレス用と4種類のマウントに分けられています。

同じキヤノンでもマウントによって経口やサイズの違いがあるため、対応しているマウントレンズでないと使用ができません。必ず自分の使っているカメラのマウントを確認しておきましょう。

4種類の「EFレンズ」「EF-Sレンズ」「EF-Mレンズ」「RFレンズ」

キヤノンのレンズは、「EFレンズ」「EF-Sレンズ」「EF-Mレンズ」「RFレンズ」の4種類に分けられています。

「EFレンズ」は、フルサイズ一眼レフカメラ用のレンズです。高精細な撮影が可能なレンズで、レンズの互換性も高くAPS-C用一眼レフカメラに使用することができます。「EF-Sレンズ」は、APS-C一眼レフ用のレンズのためフルサイズ一眼レフには使えません。APS-Cセンサー用のため、レンズも軽量コンパクトで安価なものが多く持ち運びがしやすいのが特徴です。

また、APS-Cミラーレスカメラ用の「EF-Mレンズ」、フルサイズミラーレスカメラ用「RFレンズ」は、一眼レフカメラに使用することはできません。そのため、「ミラーレスカメラを使っていたけど一眼レフカメラに乗り換えたい」といった場合は、今まで使っていたミラーレス用レンズは全て使用できなくなってしまうため要注意です。

EFレンズとEF-Sレンズは、レンズマウントアダプターを使用すれば、ミラーレス機にも使用可能です。EFレンズ持っていてミラーレスカメラの購入を検討されている方は、レンズマウントアダプターの購入も検討してみましょう。

レンズ名でスペックをチェック

キヤノンのレンズ名には、対応マウントとスペックの表記がされています。レンズ名を見れば大体のスペックがわかるので、読み方を確認しておきましょう。

例えば「EF24-70mm F2.8L II USM」は対応レンズマウント「EF」、焦点距離が「24-70mm」F値が「F2.8」モーターの種類が「USM(ウルトラソニックモーター)」となります。F値の後ろの「L」は高級レンズである「Lレンズ」シリーズであることを指し、「II」はこのレンズが2代目のレンズだということを指しています。

キヤノンのレンズの選び方

ここからは、キヤノンのレンズの選び方をご紹介します!キヤノンのレンズは、とても本数が多く選ぶ楽しさがるので、撮影スタイルに合わせたレンズを選べるようコツを掴んでおきましょう!

レンズマウントで選ぶ

レンズの種類でも解説しましたが、レンズを選ぶときに1番大事なのはマウントです。合っていないマウントのレンズを選んでしまうと、使えないこともあるため、必ず使用しているマウントを確認しましょう。

また、低価格に抑えて設計されている他社製のキヤノン用レンズ(サードパーティー製レンズ)を選ぶ場合も「キヤノン用」や「EF用」など記載されているものを選びましょう。

焦点距離(画角)で選ぶ

レンズを選ぶときは、何を撮影したいか想像すると撮影に必要な条件が選びやすくなります。撮影する被写体によって、それにあった焦点距離のレンズを選ぶようにしましょう。

迫力のあるパノラマ撮影が得意「超広角・広角レンズ」

普段見ているよりも広い範囲を撮影することが可能です。迫力あるパノラマ感を表現するのが得意なレンズで、焦点距離は大体10~35mmとなります。風景や星景写真に向いている画角です。

風景やスナップ撮影に「標準レンズ」

普段見ている景色に近い撮影が可能、焦点距離は大体35~55mmとなります。見ている景色と近いため一番使いやすい画角で、風景からスナップ撮影など幅広く活躍できる画角です。

遠くのものを撮影したいときに「望遠レンズ」

被写体に近づいて撮影できないときに引き寄せて大きく写し出すことが得意なレンズです。「中望遠・望遠・超望遠」と種類があり、より遠くを写し出すためにはレンズの大きさや重さも変わってくるので注意が必要です。

明るさで選ぶ

被写体の背景のボケ感をしっかりと出したい場合は「F値(絞り値)」で選びましょう。F値とは、レンズが取り込む光の量を示した値であり、数字が低ければ低いほど取り込む光の量が多くなります。

取り込む光の量が多ければ、それだけ強くボケ感を出すことが可能です。強くボカしたい場合は、F値が低いレンズを選びましょう。室内での撮影や夜景などの撮影が多い方は、特にF値を重要視されることをおすすめします!

機能性で選ぶ

レンズには、手ブレ補正や防塵防滴性能などたくさんの機能が搭載されているものがあります。特に手ブレ補正機能はレンズ自体に搭載されていると、三脚など固定しなくても手ブレしにくいため大変便利です。シャッタースピードが稼げない薄暗い室内や夕暮れ時の撮影などは、手ブレリスクが多くなります。型番に「IS」という文字が入っていたら、手ブレ補正機能が搭載されているので、チェックしてみましょう。

また、キヤノンのカメラはAF性能がとても高いですが、レンズとして超音波モーターを使用していると更に高速で静かにピントを合わせることができます。カメラのAF性能をもっと高めたい方や、動物や寝ているお子さんを撮影することが多くピント合わせを静かに行いたい方はぜひ超音波モーター搭載のレンズにしましょう。型番に「STM」や「USM」と記載されているレンズが、超音波モーター搭載の目印になります。

キヤノンでおすすめのEFレンズ一覧

ここからはいよいよ、GooPassがおすすめするキヤノンのEFレンズマウントを紹介します。

Canon EF24mm F1.4L II USM

カメラレンズ EF24mm F1.4L II USM

開放F値1.4の魅力を体感

EFシリーズの単焦点広角レンズです。開放F値1.4の大口径レンズならではの滑らかなボケ味と、明るさの足りない暗い場所での撮影に威力を発揮します。

防塵・防滴構造なので、アウトドアな環境下での撮影にも対応。反射を防止する特殊コーティングSWCで、ゴーストやフレアの発生を抑えます。非球面レンズで、各収差を補正しながら、クリアな描写を実現してくれるレンズです。

製品名 Canon EF24mm F1.4L II USM
対応マウント EFマウント
タイプ 単焦点レンズ
最短撮影距離 0.25m
重量 650g

■購入する場合は、183,421円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Canon EF35mm F1.4L II USM

リニューアルされた名玉

キヤノンEFマウント用・大口径単焦点レンズ。このレンズは1998年に発売された初代35mm F1.4のレンズを、高画素デジタル時代に合わせてアップデートしたものです。キヤノンらしいボケの美しさはそのままに、解像感をアップさせる工夫が随所に施されています。光学系には新開発となるBRレンズ(Blue Spectrum Refractive Optics)を採用。このBRレンズによって大口径レンズでは難しかった色収差の補正精度を高め、シャープな描写を実現しました。

コーティングにも力を入れており、SWCと呼ばれる独自開発のコーティングを施し、フレアやゴーストの発生を高いレベルで抑えています。初代のレンズから定評のあったヌケの良いクリアな描写はそのままに。より使いやすく様々な場面で使えるようになったこのレンズは、リニューアルされた名玉といえるでしょう。

製品名 Canon EF35mm F1.4L II USM
マウント EFマウント
質量 760g
長さ 105mm
手ブレ補正 なし

■購入する場合は、223,300円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Canon EF50mm F1.2L USM

カメラレンズ EF50mm F1.2L USM

印象的なポートレートを描写する

EFシリーズの単焦点レンズです。開放F値1.2の超大口径レンズで、被写体をぐっと引き立てながら大胆なボケ味を描写します。特に、背景をはっきりと写り込ませたくないときのポートレート撮影におすすめの1本です。

重さは約590gと携帯もしやすく、明るさの足りない室内でもキレイに写しだしながら、光学系に採用した非球面レンズでコントラストの高い描写を実現してくれます。

製品名 Canon EF50mm F1.2L USM
対応マウント EFマウント
タイプ 単焦点レンズ
最短撮影距離 0.45m
重量 580g

■購入する場合は、146,860円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM

カメラレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM

マクロ撮影も風景撮影も楽しめる

EFシリーズの単焦点レンズです。角度ブレとシフトブレを構成度に補正するハイブリッドIS搭載しており、マクロレンズですが、中望遠での撮影も可能。

露出設定を手動で微調整できるフルタイムマニュアルフォーカスや、レンズの総重量を軽減するインナーフォーカスとリアフォーカスで、高速で正確なオートフォーカスをコントロール。コンパクト化を実現した1本です。

製品名 Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
対応マウント EFマウント
タイプ 単焦点レンズ
最短撮影距離 0.3m
重量 625g

■購入する場合は、102,960円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

Canon EF180mm F3.5L マクロ USM

ソーシャルディスタンス対応のマクロレンズ

Canonのフルサイズ機に対応したマクロレンズです。草花はもちろん、蝶・鳥・野良猫など、近寄って撮影しづらい被写体を驚かせることなく、離れた場所から撮影できます。12群14枚のレンズ群と8枚の絞り羽根が、ピント部分にシャープさを、背景に美しいボケをそれぞれ生み出します。

また、ソーシャルディスタンスが求められる今だからこそ、使用用途はあなた次第。様々な撮影シーンで威力を発揮する一台です。

製品名 Canon EF180mm F3.5L マクロ USM
対応マウント Canon EFマウント
最短撮影距離 0.48m
最大撮影倍率 1倍
最大径×長さ φ82.5mm×186.6mm
重さ 1090g

■購入する場合は、182,960円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Canon EF16-35mm F2.8L II USM

カメラレンズ EF16-35mm F2.8L II USM

超広角でダイナミックに映しだす

EFマウントの広角ズームレンズのレンズです。開放F値2.8の大口径レンズで、ボケ感を楽しみながら、人物から風景などのスナップ撮影にもおすすのレンズです。

防塵・防滴機能を兼ね備えているため、アウトドアな環境下での撮影にも耐えられます。焦点距離は16〜35mm。広角を活かしたダイナミックな画角を映しだしてくれます。最短撮影距離は28mmで背景を大きく取り込んだ奥行きのある撮影も可能です。

製品名 Canon EF16-35mm F2.8L II USM
対応マウント EFマウント
タイプ 大口径・超広角ズームレンズ
最短撮影距離 0.28m
重量 635g

■購入する場合は、191,304円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Canon EF24-70mm F2.8L II USM

カメラレンズ EF24-70mm F2.8L II USM

1本で人物から風景まで使える

1本で広角から標準、そして望遠までをカバーしてくれる便利なレンズです。非球面レンズで広角の歪みや収差を最大限に抑えます。レンズにはフッ素コーティングを施し、防塵・防滴使用で野外での撮影でも安心。

被写体に風景撮影や、開放F値2.8のボケ味を活かした人物撮影まで幅広く対応してくれるレンズです。クリアな撮影を楽しめます。

製品名 Canon EF24-70mm F2.8L II USM
対応マウント EFマウント
タイプ 高性能大口径標準ズームレンズ
最短撮影距離 0.38m
重量 805g

■購入する場合は、188,200円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM

カメラレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM

プロも愛用する神レンズ

EFシリーズの望遠ズームレンズです。キヤノンユーザーなら1度は使ってみたい、プロも使用するレンズです。4段分の手ブレ補正機構を搭載し、手持での撮影や暗い場所でもしっかりとブレを補正します。

ズーム全域での最短焦点距離は1.2m。小さな植物など、背景をボケ、被写体を際立たせた描写を楽しめます。角度ブレとシフトブレを同時に補正し、高速オートフォーカスで、正確にピントを合わせてくれる1本です。

製品名 Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM
対応マウント EFマウント
タイプ 大口径・望遠ズームレンズ
最短撮影距離 1.2m
重量 1490g

■購入する場合は、198,586円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Canon EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×

サッカーから野鳥までこれ一本

EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×は2013年に発売された世界で初めて1.4倍エクステンダーを内蔵したレンズです。ワンタッチのレバー操作で素早いズーム域が切り替えられるので、標準時は200-400mm、エクステンダー切り替え時には280-560mmの幅広いズーム域を一本でカバー。被写体に近づくことの難しい、広いフィールドでプレイされるアメフト・サッカーなどのスポーツや、警戒心の強い鹿やサルなどの動物や野鳥などの撮影において、シャッターチャンスを逃しません。

さらに、高級ラインナップにしか採用されていない蛍石レンズを使用しているため、色収差をしっかりと補正。大口径の長望遠単焦点レンズに匹敵する、高解像・高コントラストを実現しています。オリンピック会場でも使用されている、プロが全幅の信頼を寄せるハイスペックレンズを体感してみてはいかがでしょうか。

製品名 Canon EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×
対応マウント EFマウント
レンズ構成 20群25枚(内蔵エクステンダー使用時:24軍33枚)
焦点距離 200~400㎜(内蔵エクステンダー使用時:280~560mm)
絞り羽根枚数 9枚
最大撮影倍率 0.15(400mm側)(内蔵エクステンダー使用時:0.21(560mm側))
最短撮影距離 2.0m
本体の重さ 3,620g
その他機能 手ブレ補正、防塵防滴

■購入する場合は、1,130,000円(税込)(2021/5/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額87,780円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額43,780円(税込)で1週間借りることができます。

 

1 2