【2020年最新】種類別おすすめカメラ9選【初心者が知っておきたい特徴を解説】

初心者がカメラを選ぶときは種類の多さに戸惑ってしまうことが多々あります。カメラの種類ごとの違いがわからずになんとなく選んでしまうと、思っていた性能ではなかったり、操作性に馴染めなかったりしてよくありません。

しかし、カメラの種類の違いを勉強しようと思っても、専門用語が多くてわかりづらいこともあるでしょう。本記事では初心者にわかりやすいようにカメラの種類ごとに特徴を解説していきます。ぜひ、本記事を参考に気に入った種類のカメラを選んでみてください!

目次

種類によって違うカメラの特徴

本項目ではカメラの種類ごとにそれぞれの特徴を解説していきます。詳しくは下記を参考にしてください。

プロシーンに通用する高画質のデジタル一眼レフ


デジタル一眼レフは圧倒的な画質の良さを誇り、長い時間の撮影にも対応するバッテリーを搭載したカメラです。2020年現在ではミラーレスが台頭していますが、従来からプロのカメラマンが使っているカメラの多くがデジタル一眼レフになります。

商業でも使われるカメラですが、初心者でも扱いやすい機能が豊富に備わっているのが特徴。たとえば、AFと呼ばれる自働的にピントをあわせてくれる機能があります。AF自体は他の種類のカメラにも備わっていますが、デジタル一眼レフはピントのあうスピードが速いです。

カメラを構えてからすぐにシャッターを押せるので、小気味良いシャッター音を楽しみながら枚数を重ねることができます。従来のカメラの面白さを覚えるにはデジタル一眼レフを選んでみるのがおすすめです。

デジタル的な機能が豊富なミラーレス


デジタル一眼レフと並んで人気なのはミラーレスカメラです。ミラーレスはデジタル一眼レフに内臓されている光の反射板がないタイプのカメラ。レンズが捉えた景色を直接センサーに取り込むことによって、デジタル的な技術を組み込みやすい特徴があります。簡単にいえばスマホやタブレットと同じ感覚で使うことができるのです。

たとえば、カメラ本体に色味を調整できるフィルター機能を搭載したモデル。また、AIと呼ばれる人工知能を搭載し、人間や動物の瞳を検知して自動的にピントをあわせてくれるモデルなどがあります。

アナログ的な操作が苦手な若い人でも使いやすいのがミラーレスの魅力です。

レジャーシーンで使いやすいウェアラブルカメラ


アウトドアで遊ぶのが好きな人にはウェアラブルカメラ、あるいはアクションカメラと呼ばれるタイプのカメラが人気です。ウェアラブルカメラは装着することを目的としたカメラ。時計のように腕にはめたり、ヘルメットや自転車に装着したりして使います。

旅の道すがらの記録や、自分視点での映像の撮影に便利です。激しい動きと共に使用することが前提なので、頑丈で壊れにくいモデルが多いのも特徴。アクティブに動き回ってダイナミックな写真や映像を撮りたいときはウェアラブルカメラを使ってみてください。

不思議な写真を撮れる全天球カメラ


クリエイティブな作品制作に利用されているのが全天球カメラという360度すべての視界を持ったカメラです。カメラの向きに関わらず上下左右の写真を撮れるほか、全方向の景色を一枚の写真に収めることができます。デジタル一眼レフのようなカメラでは撮影不可能な写真に仕上がるため、写真に面白さや不思議さを求めているときにぴったりです。

全天球カメラの醍醐味は実際に使ってみないと味わえない部分も多いので、気になった人はぜひ試してみてください。

空から自由自在に撮影できるドローン


テレビやネットでも話題となったドローンにもカメラ付きのタイプがあります。ドローンとはラジコンヘリのように遠隔操作で空を飛ばせる機械のことです。通常では届かない上空から写真や動画を撮影できるため、手持ちカメラでは実現できない構図の写真になります。

学校や会社でのイベントで真上から集合写真を撮ったり、建物の全体像を映すのに便利です。スマホで簡単に操作できるモデルも多数存在するので、手軽に楽しめる最新型のカメラといって差し支えありません。

ダイナミックな空撮を楽しみたい人はカメラ付きドローンの操作に挑戦してみてください。

初心者でも使いやすいコンパクトデジタルカメラ


最も身近な存在といっても過言ではないのがコンパクトデジタルカメラです。略してコンデジと呼ばれることもあります。コンパクトという名前の通り、小型で持ち運びやすいのが魅力です。従来のコンデジは画質がよくないイメージもありますが、最新型のコンデジは一眼レフに負けず劣らずの高スペック。

暗い場所でもクリアに撮影できる高性能レンズ搭載モデルや、Wi-FIを内臓してスマホとの連動性を高めたモデルなどがあります。SNS映えを気にしてスマホの内臓カメラから乗り換えたいカメラ女子にもおすすめです。

自撮りや近所の散策用に使いたいのであれば、コンパクトデジタルカメラを選んでみましょう。

自分にあったカメラの種類を見つける方法とは?

本項目では自分にあった使いやすいカメラの種類を選ぶための方法について解説します。詳しくは下記を参考にしてください。

用途に応じて種類を決める


自分にあったカメラを選ぶためには想定している用途とカメラの種類の特徴が合致しているかが大事です。たとえば、仕事などで長時間の撮影を想定しているなら、バッテリーが長持ちするデジタル一眼レフがいいでしょう。

ただし、同じ長時間でもサイクリングのような長旅では大型のデジタル一眼レフはかさばって使いづらいかもしれません。むしろ、携帯性と耐久性に優れたウェアラブルカメラのほうが活躍機会は多くなりがちです。

カメラは種類ごとに一長一短の特性があるので、用途に応じてカメラに求める要素に優先順位を決めてみてください。

初心者はコンデジから徐々にランクアップ


カメラ初心者の人はエントリー向けモデルが多数存在するコンデジから選んでみるといいでしょう。コンデジでカメラの基本的な性能を理解してから、デジタル一眼レフやミラーレスといった本格的なカメラに挑戦しても遅くはありません。

カメラの基本的な知識が身につけば全天球カメラやカメラ付きドローンといった特殊なタイプのカメラの性能も手に取るようにわかります。自分にあったカメラを見つけるためには長い目でステップアップしていくことも視野に入れてみましょう。

迷ったときはカメラをレンタルして比較する


使いたいカメラの種類が決められないときはカメラをレンタルして実際の使い心地を比べてみる方法があります。カメラのレンタルサービスには多彩な種類のカメラが用意されているので、多くの人は確実に気に入ったモデルを見つけることができるでしょう。

サービスによっては月額定額制でカメラをレンタルし放題なので、費用の面でも安心です。納得するまで自分好みのカメラを探すことができます。カメラの種類に迷ったときは、ぜひカメラのレンタルサービスを利用してみてください。

各種類のおすすめカメラ9選

ここからはいよいよ、GooPassがおすすめするカメラを種類ごとにご紹介します。

グラフィカルな夜景写真が撮れる/キヤノン(Canon)EOS 90D EF-S18-135 IS USM レンズキット

街の夜景をキレイに撮影したいときはEOS 90D EF-S18-135 IS USM レンズキットがおすすめです。高感度のイメージセンサーを搭載しており、ノイズの走りやすい暗い場面でもクリアに描写します。夜の繁華街などをレンズに収めればSNS映えする煌びやかな写真に仕上がるでしょう。ライトアップされた工場のような変わった被写体を試してみるのも面白いです。

日中は高精度のAFで動く被写体の撮影に向いています。子供が遊んでいる姿からモータースポーツなどの商業撮影まで柔軟に対応。静止画で物足りないときは4K映像として動画記録も行えます。初心者も上級者も使いやすいモデルなので、ぜひ使ってみてください。

EOS 90D EF-S18-135 IS USM レンズキット
タイプ/センサーサイズ 一眼レフ/APS-C
画素数/動画サイズ 3440万画素/4K(29.97p)
AF測距点 45点(クロス測距点:最大45点)
ファインダー視野率/倍率 100/100/0.95倍
常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 619g
その他機能 Wi-Fi/Bluetooth 4.1

■購入する場合は、194,900円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

動物写真を圧倒的高画質で楽しめる/ソニー(SONY)α7 III ILCE-7M3

猫や犬など、身近なペットを写真に収めたいときはα7 III ILCE-7M3がおすすめです。特殊な瞳AFシステムを採用しており、動く動物の瞳を検知して自働でピントをあわせてくれます。動物が駆け回っても瞬時にピントを追随して調整してくれるので安心。最高約10コマ/秒の連写モードを使えば、動物の愛嬌のある姿を逃さず撮影できます。

瞳AFはもちろん人間にも対応しており、子供やパートナーの何気ない姿を捉えるのに最適。ふとした瞬間の表情にすかさずレンズを向ければ、すぐにシャッターを押すことができます。日常使いに高いパフォーマンスを発揮するモデルなので、ファミリー向けモデルをお考えならおすすめです。

α7 III ILCE-7M3
タイプ/センサーサイズ ミラーレス/フルサイズ
画素数/動画サイズ 2530万画素/4K(30p)
AF測距点 35mmフルサイズ時:693点(位相差検出方式)、フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:299点(位相差検出方式)、APS-Cレンズ装着時:221点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)
ファインダー視野率/倍率 100/100/0.78倍
常用感度 ISO100~51200
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 565g
その他機能 Wi-Fi/Bluetooth 4.1

■購入する場合は、198,947円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

手ブレに強いアクションカメラ/ソニー(SONY)FDR-X3000R

観光や長旅を動画として残したい人はFDR-X3000Rを使ってみてください。4K動画の撮影に対応しつつ、優れたブレ補正機能を搭載しているため、動いている最中に衝撃が加わっても高画質な映像を残すことができます。自転車やバイクのハンドルに装着したり、ハンディカムとして旅行中の実況をしたりなど、使用シーンは幅広いです。

防水構造になっているので、水辺の観光地やサーフィンなどのマリンスポーツの記録にもおすすめ。普通のカメラは扱いづらい環境でも安心して使うことができます。小型でアクティブに使えるカメラをお探しならおすすめです。

FDR-X3000R
タイプ/センサーサイズ アクションカメラ/CMOSセンサー
画素数/動画サイズ 818万画素/4K
AF測距点
ファインダー視野率/倍率
常用感度
シャッター速度 1/30-1/10,000秒
本体の重さ 89g
その他機能 ステレオマイク内臓/Wi-Fi/Bluetooth

■購入する場合は、52,800円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

スリムボディに実用的機能が満載/リコー(RICOH)GR III

GR IIIは小型ながら高い性能を備えていることで人気のカメラです。新開発されたレンズは色収差やフレアを高いレベルで抑制。光源に関わらず、鮮明でするどい画質を提供してくれます。初心者でも扱えるように精度の高い手ブレ補正を搭載。とっさのスナップショットもブレずに撮影することができます。

背面パネルはタッチ式操作なので、カメラに慣れていない人でも直感的な操作が可能です。撮影した写真は色調やコントラストを調整できるので、現場ですぐに好みの仕上がりにアレンジもできます。小さなボディに優れた機能が詰め込まれた実用的モデルです。

GR III
タイプ/センサーサイズ コンパクトデジタルカメラ/CMOSセンサー
画素数/動画サイズ 2424万画素/フルHD(60fps)
AF測距点
ファインダー視野率/倍率
常用感度 ISO100~102400
シャッター速度 30~1/4000 秒
本体の重さ 227g
その他機能 Bluetooth

■購入する場合は、89,515円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

夜景撮影も可能な全天球カメラ/リコー(RICOH)RICOH THETA Z1

ちょっと変わったカメラを探している人はRICOH THETA Z1を使ってみるのがおすすめです。360度の撮影範囲を持った全天球カメラという特殊なカメラなので、普通とは違った写真や映像を撮影することができます。具体的には水平線を球体に閉じ込めたかのような不可思議な構図の撮影が可能。

見慣れた景色でも違ったニュアンスの写真になるので、クリエイティブシーンで活躍します。カメラとしての性能も高く、暗い場所でもクリアな仕上がり。夜景撮影に使ってみると、想像もしなかった面白い写真を提供してくれるでしょう。

RICOH THETA Z1
タイプ/センサーサイズ 全天球カメラ/CMOSセンサー
画素数/動画サイズ 2000万画素(有効画素)x2/4K(29.97fps)
AF測距点
ファインダー視野率/倍率
常用感度 ISO80~6400
シャッター速度 1/8~1/25000秒
本体の重さ 182g
その他機能 Wi-Fi/Bluetooth

■購入する場合は、115,145円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

アウトドアに欠かせないウェアラブルカメラ/GoPro HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FWはアウトドアのさまざまなシーンで使えるウェアラブルカメラ。ヘルメットに装着してボードスポーツの様子を一人称視点で撮影したり、自転車に装着して道すがらの様子を記録したりできます。手持ちカメラとは違ったダイナミックな映像はSNSに投稿すれば一躍話題となるでしょう。

暗い場所でも低ノイズでクリアに撮影できるため、夕暮れどきの遊び終わった時間帯に一日を振り返った感想を記録してもいいでしょう。本体はアクティブに使用できるように耐久力に優れた設計になっているので安心です。

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW
タイプ/センサーサイズ ウェアラブルカメラ・アクションカメラ
画素数/動画サイズ 4K動画対応
AF測距点
ファインダー視野率/倍率
常用感度 夜間対応撮影モード搭載
シャッター速度
本体の重さ 126g
その他機能 Wi-Fi/Bluetooth

■購入する場合は、43,000円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

スタイリッシュな空撮用ドローン/DJI Mavic 2 Pro

何かと話題のドローンを操って空撮にチャレンジしてみたい人はMavic 2 Proを使うのがおすすめです。本体は近未来的なクールなデザインになっており、ドローンを操作するだけでも満足感が得られます。もちろん搭載されているカメラも見逃せないポイント。

近景から遠景までシャープに描くため、商業シーンにも使えるようなクオリティの高い空撮が行えます。地上からの眺めとは違う雄大な景色をレンズに収めれば、ドローンを使った空撮にハマること間違いなしです。カメラが好き、ラジコン操作が好きという人はぜひ使ってみてください。

Mavic 2 Pro
タイプ/センサーサイズ カメラ搭載型ドローン/CMOSセンサー
画素数/動画サイズ 20MP/ 4K(30p)
AF測距点
ファインダー視野率/倍率
常用感度 動画:100~6400
写真:100~3200(オート)100~12800 (マニュアル)
シャッター速度 8~1/8000秒
本体の重さ 907g
その他機能 スマホ・タブレット対応/GPS

■購入する場合は、183,840円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額23,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額13,800円で1週間借りることができます。

月まで届く望遠性能を持ったデジカメ/ニコン(Nikon)COOLPIX P1000

COOLPIX P1000は望遠性能に優れたデジタルカメラです。望遠距離は月のクレーターまでハッキリ映せるほど。本体には「月モード」という月の撮影に特化したモードが搭載されているので、晴天であれば誰でも月を撮影できます。天体撮影が好きな人はサブ機としてもおすすめです。

高い望遠性能は野鳥の撮影にもぴったり。気配を悟られない距離から、野鳥のおだやかな姿を捉えることができます。望遠撮影でネックとなる手ブレは高い補正機能でサポートしてくれるので、初心者も安心です。遠景撮影用のカメラをお探しなら、間違いなくおすすめです。

COOLPIX P1000
タイプ/センサーサイズ コンパクトデジタルカメラ/CMOSセンサー
画素数/動画サイズ 1679万画素/4K(30fps)
AF測距点
ファインダー視野率/倍率
常用感度 ISO100~6400
シャッター速度 1~1/4000秒
本体の重さ 1415g
その他機能 Wi-Fi/Bluetooth

■購入する場合は、98,218円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

コンデジ最強クラスの機能性/ Leica Q

高性能のコンデジが欲しいときは Leica Qを選んでみるといいでしょう。フルサイズに対応したセンサーと明るいレンズを搭載しており、美麗で繊細な写真を撮影可能。初心者でも簡単にクオリティの高い写真を撮れるほか、上級者は被写界深度を調整して好みのボケ味を演出できます。

AFの速度が速く、急なスナップショットも柔軟に対応。日常使いからクリエイティブシーンまで幅広く使えるモデルです。Wi-Fiを内臓しており、撮影したデータをスマホやタブレットに転送可能。スマホを使ったリモート操作もできるので、自撮りにもおすすめのモデルです。

Leica Q
タイプ/センサーサイズ コンパクトデジタルカメラ/フルサイズCMOSセンサー
画素数/動画サイズ 2630万画素/フルHD(60fps)
AF測距点
ファインダー視野率/倍率
常用感度 ISO100~50000
シャッター速度 30~1/16000秒
本体の重さ 590g
その他機能 Wi-Fi

■購入する場合は、398,000円(2020/10/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額17,800円で1週間借りることができます。

まとめ

カメラにはデジタル一眼レフやミラーレスといった数々の種類があります。それぞれ違った特性があるので、使いたいシーンに応じて選んでみてください。自分にあったカメラが見つかれば写真がすぐに上達しますし、仮に失敗してもカメラを選ぶ楽しみが持続します。

どうしてもカメラ選びに迷ってしまうときは本記事で解説した方法を参考にしてみてください。初心者でも簡単に使いやすい種類のカメラが見つかるはずです。

  GooPassで レンタルカメラを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。