【2020年最新】登山で写真を撮るのに適したカメラは?初心者向けに必要な機材を解説します

数年前の登山ブームの影響もあって、最近は登山やトレッキングはすっかり定番のアクティビティとなりました。そして、登山をしながら、トレッキングをしながら撮影をする人も増えています。

もともと、山岳写真というジャンルは古くからありましたが、それは一部のプロや趣味人のためのものでした。現在はフィルムからデジタルカメラに移行し、カメラが軽量・コンパクトになり、山での写真が広く撮られるようになっています。

このページでは、初心者が登山をしながら写真を撮影しようと思い立ったときに、どんなカメラや機材を揃えて、どのように撮影に挑んだらよいかを解説していきます。

登山の撮影に適したカメラ

登山やトレッキングをしながら写真を撮る場合、どのようなカメラが向いているのでしょうか?

防塵・防滴のカメラがおすすめ

デジタルカメラの中身はコンピューター。水に弱い精密機器です。そのため、防滴のカメラがおすすめです。

登山をしていると、急な雨や雪に降られたり、雨や雪でなくても吹雪や霧でカメラが濡れてしまうことがあります。

装備を軽量にしたい登山にわざわざカメラを持っていくのですから、確実に動いて欲しいですよね。そのため、防滴性能は必須です。

登山の場合、防塵・防滴性能はぜひ欲しいところ

また、当たり前ですが山道は舗装されていないので、砂ぼこりが舞います。防滴と当時に、防塵性能のあるカメラを選ぶのがベターです。

耐衝撃・耐寒性能があるとベスト

登る予定の場所の気温が氷点下になると想定されるのであれば、-10℃まで問題動作するなどの、耐寒性能のあるカメラを選びましょう。

耐寒性能に配慮されていないカメラを選んだ場合、氷点下の環境では動かない可能性があります。特に朝焼けなどを撮影したい場合、気温が大変低い時間帯でもあるので、必ずチェックしておきましょう。

また、山道でもしカメラを落とした場合、地面には石などが露出していますので、カメラがダメージを受ける可能性が高いです。可能であれば、耐衝撃性能のあるカメラを選ぶとより良いでしょう。

軽量なカメラだと身体への負担が少ない

登山では、装備を軽くすることが求められます。中には、スーパーライトといわれる、1g単位で軽量化したアイテムで装備を固める人もいるほどです。

長時間山道を登り、疲労の残った状態で下山することを考えたら、荷物は軽いに越したことはありませんよね。

重いカメラ機材を持って山を歩けば、フラつくなどのリスクに繋がります

カメラも種類や機種によって重さが全く違います。例えば、高画質なプロ向け一眼レフカメラと高性能ズームレンズを組み合わせれば2kg近い重量になってしまいますし、コンパクトデジカメなら、わずか200gほどで済むかもしれません。

自身の体力を考えて、適した重さのカメラを選びましょう。

なお、一般的に本体が重い順に「一眼レフ>ミラーレス一眼>コンパクトデジカメ」となるので、参考にしてみてください。

電池持ちがよいカメラなら荷物が軽くできる

これは盲点になりがちなのですが、電池持ちはカメラの機種や種類によって異なります。

例えば、ミラーレス一眼レフは背面の液晶か、EVF(電子ビューファインダー)を使って撮影するため、撮影中も常に電力が必要となり、電池持ちがイマイチです。これは、常に背面液晶を使用するコンパクトデジカメも同様です。

背面液晶やEVFで電気を多く使うミラーレスやコンパクトデジカメは電池持ちがイマイチ

一方、光学式ファインダーを持つ一眼レフは、電力をあまり使わないため、電池持ちが圧倒的によいのが特徴です。のんびりと構図を決めても、消費電力を気にする必要はほぼありません。

電力消費の大きいカメラの場合、予備のバッテリーを多く持っていく必要があります。また、屋外でバッテリーを交換することを考えると、本体が多少重くてもバッテリーの持ちのよいカメラを選んだ方がいい場合もあるでしょう。

本体の重さと必要なバッテリーの重さを考えてカメラを選びましょう。

画質とレンズの豊富さは一眼レフ・ミラーレスが有利

実は、ここまでの結果をまとめると、もっとも優れているのは「防水・防滴・耐寒・耐衝撃性能を備えたコンパクトデジカメ」です。

でも、せっかく簡単に見ることのできない景色を写真に収めるのであれば、高画質できれいに撮影したいですよね。

画質の面ではセンサーサイズの大きな一眼レフ・ミラーレス一眼が圧倒的に有利です。近年は一眼レフ・ミラーレス一眼でもかなりコンパクトな機種が登場しているので、そういった機種を検討するのがおすすめです。

結論:どのカメラも一長一短だが、一眼レフには一日の長がある

以上のことを考慮してまとめると、どのカメラも一長一短なのがわかります。

  • コンパクトデジカメ:小さく軽く、防塵・防滴・耐寒・耐衝撃性能を備えた機種もあるが、画質と電池持ちは劣る。
  • ミラーレス一眼:一眼レフと同等の画質で、一眼レフより小さく軽いが、電池持ちがよくない。防塵・防滴・耐寒の機種はあるが、耐衝撃の機種はほぼない。
  • 一眼レフ:画質に優れ、電池持ちもよいが、大きく重い傾向にある。防塵・防滴・耐寒の機種はあるが、耐衝撃の機種はない。

ただし、一眼レフの耐衝撃性能については、「耐衝撃」といわないまでも大変タフに作られている機種も多く存在します。

本体とレンズを合わせた重さが許容範囲であれば、これまで長く山岳写真家にも愛用されてきた一眼レフはバランスがよく、一日の長があるといえます。

登山の撮影に必要なレンズ・機材

一眼レフやミラーレス一眼には豊富なレンズが用意されていますが、どんなものを選べばよいのでしょうか。また、登山で撮影するための機材にはどんなものがあるのでしょうか?

まずはキットレンズから始めよう

カメラにセットでついてくるレンズを、キットレンズといいます。おすすめは、このキットレンズから始めることです。

キットレンズは、広角〜望遠の撮影頻度の多い画角を押さえており、また、生産数が多いこともあって価格の割に高性能なレンズが多いのです。また、登山時に携行するレンズと考えると、軽量なことも見逃せないポイントです。

キットレンズの多くは標準ズームといわれる種類で、使い勝手がよいのが特徴です

まずはキットレンズで初めて、もし不足があれば、それを補うように買い換えるのがおすすめですよ。

登山の撮影に適したおすすめカメラ

ここからはGooPassがおすすめする、登山の撮影に適したデジタル一眼レフカメラをご紹介します。

EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット

EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット

「新・映像エンジンDIGIC 8」により、解像感の向上や低ノイズ化を実現。

写真やイラストで撮影モードを表示する「ビジュアルガイド」など、機能も多彩。付属の標準ズームレンズは、全長約44.5mm、重さ約130gと小さくて持ち運びに便利。「EOS Kiss M」と相性抜群で使い勝手も良い。

■購入する場合は、69,980円(2020/1/6現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

FUJIFILM X-T30 15-45mmレンズキット

PENTAX K-1

高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載したミラーレス一眼カメラ

「フィルムシミュレーション」を用いた4K/30P動画撮影が可能。標準ズームレンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」が付属する。

■購入する場合は、97,838円(2020/1/6現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

強力な手ぶれ補正を搭載したカメラを選んで、できれば三脚は置いていこう

悩むのが三脚を携行するかしないかではないでしょうか。ただ、装備は軽くしたいですよね。

軽量な三脚ならよいのですが、山頂ともなると風が強く、軽量すぎる三脚では写真がブレてしまいます。そのため、一般的に2kg以上ある三脚が必要となり、装備が重くなってしまいます。

そのため、三脚を使わなくてもいいように、強力な手ぶれ補正機構を搭載したカメラを選ぶことをおすすめします。まずそれで撮ってみて、どうしても必要なら三脚の携行を検討しましょう。

荷物になる三脚は、どうしても必要なときだけ持っていきましょう

ちなみに、夕焼けや、星空などを撮りたい場合は三脚が必要になります。そういった写真を撮りたくなった場合は、軽量なカーボン製の三脚を選ぶとよいでしょう。

カメラを手にしたら山に撮影に行こう!

ここまでわかったら、あとは実際に山に撮影に行くのみです!

まずは身軽なカメラで、たくさん撮影をしてみてください。その中で、自分がどんな写真が撮りたいのかがわかるはずです。

それに合わせて、必要なレンズや三脚などを揃えていきましょう!

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報