【2020年最新】スマートフォンと一眼レフカメラの違いを徹底比較!

スマートフォンが登場して変わったのは、通信環境だけではありません。写真を撮る道具と言えば一眼レフカメラ、という時代も今は昔。スマートフォンの登場以来、撮影道具だけでなく写真を撮るという行為自体にも大きな変革がもたらされました。

しかし、スマートフォンと一眼レフカメラとでは用途が大きく異なり、どちらか片方で全ての役割を担うことは不可能です。そこで今回は、スマートフォンと一眼レフカメラの違いを徹底的に解説していきます!両者の違いをしっかりと理解したうえで、自分の撮影したいものや、撮影スタイルに合った撮影道具を選んでいきましょう。

イメージセンサーの大きさが違う

スマホと一眼レフカメラの大きな違いの1つ目は、イメージセンサーの大きさです。一眼レフはフルサイズの35mm(36mm×24mm)またはAPS-C(23.6mm×15.mm)、一般的なスマホの場合は1/ 3インチ(4.8mm×3.6mm)となっており、一眼レフカメラのほうがセンサーがサイズが大きいことは一目瞭然です。

イメージセンサーのサイズが大きくなるということは、光や画角などセンサーに取り込める画像情報の量も大きくなるということです。では実際に撮影した写真には、どのような違いがあるのでしょうか?

一眼レフカメラなら、ボケを活かした写真が楽しめる

イメージセンサーが大きければ大きいほど、広い範囲を撮影することが可能になります。つまり、ピントが合っていない部分もしっかりと画角内に収まるため、背景のボケを活かした写真を撮影できるというわけなんです。

もしあなたが、プロのように背景がボケたおしゃれで雰囲気のある写真を撮影したいのであれば、センサーサイズの大きい一眼レフカメラを選択するのがおすすめですよ。

一眼レフカメラのほうが画質がいい!

イメージセンサーの大きさは画質にも大きな差を与えます。イメージセンサーが大きい一眼レフカメラの場合は、画像データが大きく、かつ高解像で撮影することが可能です。ゆえに写真を明るくしたり色味を変えるなどの写真補正を行なっても、あまり画質が落ちることがありません。

一方、イメージセンサーの小さなスマ―とフォンで撮影した写真は、一眼レフカメラよりも画質が劣ります。スマートフォンの画面で写真を見るだけなら意識しなくても良い点ではありますが、レタッチをしたり引き延ばしたりすると、画像の荒れが目立ってしまいます。特に印刷物には、スマホで撮影した写真の使用はおすすめしません。画質にこだわりたい、特に商用で使いたいと思うのであれば、迷わず一眼レフカメラを選択しましょう。

自分好みにカスタマイズできる一眼レフカメラ

レンズやアクセサリーなどが豊富な一眼レフカメラは、スマートフォンと比べて自分好みにカスタマイズできるのが特徴です。どのようなメリットがあるのかチェックしてみましょう。

レンズの特性を活かした写真を撮影できる

当たり前のことではありますが、スマートフォンのレンズは固定です。それに対して一眼レフカメラはレンズを交換することによって、様々なパターンの写真を撮影することが可能です。例えば、魚眼レンズを使用すれば意図的に歪みを生かした写真を、望遠レンズを使用すれば場所を移動することなく被写体をアップにした写真を撮影できます。

スマートフォンでも似たような写真を残せますが、それはレンズの特性を活かしているわけではなく、撮影後に加工しているためです。加工により画質が落ちた状態の写真となってしまいます。

また、一眼レフカメラでレンズを勉強すると、理論的に写真を理解することにも繋がります。特にズーム機能がない単焦点レンズの場合は、構図を決めるためには自分自身が動く必要があるため、画角感をいち早くつかむことに一役買ってくれるでしょう。

撮影スタイルに合わせたアクセサリーが豊富

一眼レフカメラは、本体以外のアクセサリーが非常に豊富です。暗い場所でも撮影できる照明機材、バッテリーを長持ちさせるための外付けのバッテリーパック、他にもレンズに装着して様々な効果が得られるレンズフィルターなど、写真や撮影の楽しさを加速させるアクセサリーが手に入ります。

記憶媒体も様々な容量のものが発売されているので、自分の撮影スタイルによって選べる選択肢が広がりますよ。

気軽に写真撮影を楽しめるのがスマートフォン

写真撮影だけが目的ではないからこそ、気軽に写真撮影が楽しめるのがスマートフォンです。2つのポイントに焦点を当てて、その理由を探ってみます。

携帯性に優れている

一眼レフカメラは撮影を目的としているゆえに、「撮りたいものが決まっていない」という人にとっては、持ち歩くには大きすぎると感じるかもしれません。しかし主たる目的が写真撮影ではないスマートフォンはコンパクト性も重視しているため、携帯性に非常に優れています。

携帯性が優れているということは、シャッターチャンスを逃さないということ。いつもポケットに入れておけば、意図していなかった思いがけない日常の一瞬を切り取ることもできるでしょう。

初期費用は実質0円!SNSへのアップも簡単

スマートフォンの場合は、本体を購入すればそのままカメラも付属しています。つまり写真を撮るための初期費用は0円です。「写真には興味があるけれど、一眼レフカメラを購入するほどではない」という方にとっては、金銭面において比較的簡単にカメラを手にできるようになりました。

加えてスマートフォンなら、撮影した写真をすぐにSNSにアップすることも可能。誰でも簡単に自分の作品を発表できるようになり、写真に触れる機会を増やした道具といえます。

やっぱり一眼レフカメラはかっこいい!撮影スキルも上達

「撮影スキルを上げたい」「スマートフォンでの撮影からレベルアップしたい」「写真にこだわりたい」そんな方は、やはり一眼レフカメラを選ぶべきです。

一眼レフカメラには、スマートフォンにはない機能がたくさんあります。シャッター優先モード・AF優先モード・マニュアルモードなどのオートモード以外の撮影モードがあり、ISO感度やホワイトバランスなど様々な設定を行うことで、同じ被写体でも撮影者の個性を活かした写真を撮影できます。スマートフォンとは、表現の広がり方が段違いです。

また、スマートフォンで撮影する人が多くなった今、一眼レフカメラを使うことで周りと差もつけられること間違いなしです。写真にこだわっている人と、印象づけることもできるでしょう。

最初は使いこなすのが難しいと感じることもあるかもしれません。しかし、一眼レフカメラに対しても写真に対しても理解を深めることで自分自身の撮影スキルが上がり、写真への楽しみがさらに感じられるでしょう。スマ―トフォンで写真を楽しんだ後は自分のスキルのステップアップも意味も込めて、ぜひ一眼レフを手にしてみてくださいね!

  GooPassオススメの レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー


一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報