【2020年最新】初心者がカメラをはじめるとき必要な費用とは?

カメラを趣味にしたい!と思ったとき、費用がどのくらいかかるかご存知ですか?

値段が安いほうが助かるし、中古も気になるけど、安すぎると不安ですよね。

ここでは、カメラ初心者の方に最適な予算を中心に、カメラ・レンズの選び方も解説します。

新しい趣味にカメラがおすすめな理由

カメラの性能は年々進化しており、最近ではコンパクトで軽量なモデルも多く発売されています。そのため新しい趣味としてカメラを始める人も増えています。

ではカメラにはどんな魅力があるのでしょうか?初心者でも夢中になってしまう理由について簡単にご紹介していきます。

カメラは種類が豊富で初心者にも優しい

どんな趣味で合っても初めてトライする瞬間はハードルを感じてしまうものです。必要な道具を揃えたり、場所を確保したり、時には教えてもらう人を見つけたり。もちろんカメラを始めるにもそんなハードルはいくつかありますが、まずは「自分にぴったりのカメラ」これが手に入ればカメラは誰にでも簡単に始めることができます

カメラ

カメラは年齢や性別を問わず始めやすい点が魅力です

カメラは種類がとにかく豊富です。誰でも簡単に撮影できるコンパクトデジカメ、プロ級のクオリティの高い写真が撮れる一眼レフなど種類は様々。今現在スマホのカメラしか使用したことがない、少し本格的なカメラを使ってみたいという方にはミラーレス一眼もよいでしょう。

カメラは豊富な種類の中にもしっかりと「エントリーモデル」と言われる初心者向けモデルがどのメーカーからも発売されています。簡単な操作や小型軽量なカメラも多いため、ファーストカメラはエントリーモデルから選ぶのもおすすめです

カメラは身近なもので簡単に練習ができる

カメラはその気軽さも魅力のひとつです。自分のカメラを手に入れて、初めて撮影したい被写体はなんでしょうか?迷ってしまったらまずは自分の半径1メートルにあるものを撮影してみてください。

カメラ

カメラさえあればどこでも練習ができます

机の上のコップ・今日の朝ごはん・飼っている猫・・。カメラが趣味というと撮影のために遠出したりするイメージがありますが、実は室内でもどこでも楽しむことができる趣味なんです

初めてのカメラには使ったことがない機能がたくさん。身近な物を撮影することで機能を使いこなせるようになります。練習のために特別な用意は必要なく、気軽に自己流で学んでいけるところもカメラの魅力ですね。

カメラはSNSとの相性も抜群

インスタグラムなどSNSとの相性がいい点もカメラの魅力です。これまでスマホのカメラでしか写真を撮ったことがないという方はその違いをぜひ楽しんでください。

もちろん現在のスマホカメラはとても性能が良く画質のいい写真が撮影できますが、一眼レフやミラーレス一眼ではさらに素敵な写真が撮影できるはずです。写真や動画をシェアすることで学ぶ意欲もアップしモチベーションにもなります

カメラ×SNS

カメラはSNSを通じて成果をシェアできる点も魅力です

例えば背景をぼかしたり、フィルター機能を使ったり、暗い場所でも明るくきれいに撮影できたり、本格カメラならではのメリットは楽しみ方も様々。スマホに簡単に写真を共有できるカメラも多いのでSNSにすぐにアップしたい方も安心です

自分のカメラを持ったらどんな風に楽しめる?

自分のカメラをゲットしたらどんな風に楽しめるのか、初心者におすすめの楽しみ方をご紹介します。

日記として今日の1枚を撮影する

初心者の方がカメラを始めるときにおすすめしたいのが、気軽に「今日の1枚」を残すことです。初心者の方が本格カメラを買ったのにあまり使わなかったという理由の1つに、写真を撮ることを特別に考えすぎてしまうという点があります。

カメラを手に入れたら

カメラを手に入れたらまずは毎日撮影してみることから始めましょう

どんなに性能がいいカメラでも使わなければ生活に馴染みません。食事の写真や子どもの写真、窓から見える風景の写真など、まずは被写体にこだわらず毎日カメラを気軽に使うことをおすすめします。ふと見返すと毎日の日記のようになり、思い出にも残ります。

カメラとともに旅行や遠出に出かける

身近な被写体の撮影に慣れてきたら、ぜひ旅行や遠出の際にカメラを持って撮影してみましょう。自分が初めて見る風景や建物を撮影する体験はとても新鮮で、写真で見ても思い出が鮮やかに記録されます。

カメラ×旅

カメラを旅のお供にして出かけてみましょう

普段はしない一人旅も、カメラと一緒ならじっくり被写体と向き合って撮影することができとても有意義な時間になるのではないでしょうか。ただ、これまでスマホカメラしか使用していなかった方にとってカメラを持って出かけることは少しハードルになるかもしれません。まずはコンパクトで軽量なカメラを選ぶことも重要なポイントです

自分らしい写真を見つける

本格カメラの醍醐味は自分らしい写真・自分がイメージする写真が撮れることにあります。たくさん撮影をしていくうちに自分らしさ・自分好みの写真というものがイメージできるようになってきます。

自分らしい写真を見つける過程にも本格カメラの楽しさがあります

例えば特定の被写体を決めてみたり、撮影した写真の色味を好みに調整することなども自分らしさを見つけるきっかけになります。

初心者から徐々に自分らしい写真が見つかっていく成長過程は、カメラで味わうことができる楽しさの1つです。どんな趣味でも上達していく過程を楽しむことが、無理なく続けていくポイントになるのではないでしょうか

必要な費用はカメラの用途で異なる

ではここからはカメラ初心者がカメラを始めるために必要になる費用についてご紹介していきます。どのくらいの費用が必要なのかは使い方によって異なります。代表的な例とともに説明しましょう。

スマホからのステップアップなら4万円〜

今まで写真はスマートフォンで撮ってきたけれど、もう少しきれいに写真や動画を撮りたい…と思ったときに選ぶカメラは、新品のレンズセットで4万円〜6万円くらいのものがよいでしょう。

写真を趣味にする…というほどでなければ、カメラ自体はコンパクトなほうが嬉しいはず。おすすめは、価格も手頃になってきたミラーレス一眼です

スマホもきれいに撮影できますが、ミラーレスは一枚上手です

スマホよりずっと大きなイメージセンサー(撮像素子)を使っているので、白とびや黒つぶれの少ない美しい写真が撮影できますし、4K動画撮影に対応している機種も数多く販売されています。

撮ることが楽しくなってきたら、レンズを追加で購入できますし、まずはここから始めるのがおすすめですよ。

趣味のカメラとして最初の1台を買うなら5.5万円〜

カメラに興味を持って、趣味として向き合ってみたいぞ!という方は、新品のレンズセットで5.5万円〜のカメラがよいでしょう。

おすすめのカメラのタイプは、ミラーレス一眼かデジタル一眼レフ。標準ズームレンズが一本セットになった「レンズキット」を購入すると、最初の1台としてバランスがよいです。

レンズキットのレンズはコスパのよいものが多く、そこも魅力です

このくらいの価格帯には、本格的な写真撮影ができるエントリーモデル(入門機種)が揃っています。このクラスのカメラなら、十分写真を楽しめますよ。

もし、このクラスのカメラを使っていて足りない部分が出てきたら、それがあなたにとって「必要な性能」です。それを知るためにも、まずはここから始めることをおすすめします。

子供の成長を記録するなら7万円〜

小さなお子さんがいるご家庭は、何かとイベントごとが多いもの。お食い初めに始まり、七五三や入園・入学式、そして運動会に卒園・卒業式。ここでポイントとなるのは、スバリ「望遠レンズ」です。

カメラの性能としては、先に紹介した5.5万円〜のクラスと一緒ですが、そこに望遠レンズをセットした「ダブルズームキット」「ダブルレンズセット」といったものがあります。これがおすすめです。

望遠レンズがあれば、撮影できるイベントがぐっと増えます

もちろん、望遠レンズだけを後から買い足すことも可能ですが、セットで購入したほうが安いことがほとんど。少し早いかな?と思っても、一緒に買ってしまうとあとが楽です。

レンズの設計はかなり円熟してきていて、最新のレンズなら10、15年と経っても通用します。2本のレンズでいろいろなイベントに対応できるようにしておいて、一生に一度しかない瞬間をたくさん撮影しましょう。

カメラ以外に必要なものは?

カメラとレンズだけ購入すれば写真は撮れますが、他にも必要なものがいくつかあります。

SDカードは16GB以上がおすすめ(1,000円〜)

デジタルカメラで撮った写真を記憶させておくための記憶媒体には、ほとんどのカメラがSDカードを使っています。さまざまな容量のSDカードが販売されていますが、どのくらいの容量のものがよいのでしょうか?

おすすめは16GB以上のSDカード。カメラの機種にもよりますが、2000万画素のカメラで4000枚程度は撮影できることの多い容量です。

16GB以上のSDカードがおすすめ。32GB以上なら余裕があります

十分すぎる容量に思えるかもしれませんが、デジカメは気づくと大量に写真を撮ってしまいがちですし、動画を撮るとなるとこのくらいの容量は必要です。

価格は手頃なものなら1000円程度から購入できます。普通に撮影する分には、安価なものでも十分です。時間が経てば、大容量のものが安価になりますので、それから買い足しても遅くありません。

ただし、連写をしたり、動画撮影を多くする方は、「UHS Speed Class3」や「SDスピードクラス10」などの表記がされている、データの読み書きが速いカードを購入することをおすすめします。

カメラケース/カメラバックはあっていい(1,000円〜)

カメラやレンズを保護する、カメラケースやカメラバッグ。もちろんなくても写真は撮れますが、手頃な価格のものもあるので用意してもよいでしょう。

さまざまな機種に使えるサードパーティ製のカメラケースなら、安いもので1000円以下から手に入ります。カバンの中に放り込んでおくときなどに本体を傷から守ってくれるので、用意することをおすすめします

コンパクトなカメラバッグもあるので、ちょうどよいものを選びましょう

また、レンズが2本以上になると予備のレンズを持ち運ぶ必要がありますので、カメラバッグの出番となります。ショルダーバッグタイプのものや、リュックタイプのものもあり、デザインも豊富です。

価格は安いもので2000円台から購入できます。また、手持ちのカバンの中に入れるバッグインバッグタイプのものもありますので、気にいるデザインのカメラバッグがない場合、そういったものを使うのもよいでしょう。

三脚は必要に応じて(5,000円〜)

「カメラ趣味」と聞くと、三脚にカメラを据えて撮影する写真愛好家の姿を思い浮かべる人も多いはず。では、三脚は必須なのでしょうか。

答えはNO。三脚は必須ではありません。また、最近のカメラやレンズには強力な手ぶれ補正機構がついているものが多いので、以前は三脚が必須だった状況でも、手で持って撮影できるようになりました。

三脚は案外手頃な価格ですが、必要に応じて購入すればOKです

ではどんなシーンで三脚が必要かというと、星空の撮影などで長時間シャッターを開けたままにしたり、大きく重い望遠レンズで撮る場合に三脚が必須となります。

まず撮ってみて、自分が撮りたい写真に三脚が必要だと感じたら購入する、くらいの心算で問題ありません。

もっとも手頃な三脚はアルミ製のもので、価格は2000円程度からありますが、最低でも5000円くらいの製品を購入するのがおすすめです。このくらいの価格なら、作りがしっかりした三脚が手に入ります。

中古のカメラってどうなの?

ここまでは新品を前提で解説してきましたが、費用を抑えるなら中古を購入する手もあります。

信頼できる店から保証付きで購入するならアリ

カメラは中古の流通量が多く、しかもお得な価格で購入できることが多いです。

特にレンズは、状態の良いものが多い傾向があります。その理由は、カメラを趣味にしている人はレンズをいくつも揃える人が多く、それに伴って使い込む前にレンズを売却するケースも多いためです。

保証のしっかりした中古ならアリです

反対にカメラ本体は、しっかり使い込まれたものが多い傾向にあります。デジタル一眼レフなどのシャッターは、耐用回数が決まっています。中にはその回数を超えて使用している個体もあります。

修理代を自腹で払うことになったら、新品よりも高くなってしまいますので、中古カメラ・レンズの購入は、信頼できる店で、しかも保証付きで購入することをおすすめします

レンタルするという方法もある

少し前までは、カメラは新品か中古で購入するしかありませんでした。ですが、最近はカメラのレンタルサービスが登場しています。

カメラは高価なもので、安くても3万円程度はかかります。それであれば、まずきになるカメラをレンタルして使ってみて、気に入ったら購入する、という方法がいちばん間違いがありません。

もちろん、使ってみて「レンタルで十分だな」と思えば、それでもよいでしょう。レンタルは自分に合ったカメラに出会える最短ルート。有効に活用するのがおすすめです。

初めての方に適したおすすめカメラ

ここではGooPassがおすすめする、初めての方に適したデジタル一眼レフカメラをご紹介します。

EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット

OLYMPUS PEN E-PL9 EZダブルズームキット

上級機譲りの高画質を気軽に味わえる高コスパモデル

見た目に反して操作は簡単で、ピント合わせとシャッター操作は液晶モニターをタップすればOK、スマホの操作に慣れていれば簡単に使えます。もちろん、電子ビューファインダー付きなので、ファインダーを覗く“カメラらしいスタイル”でも撮影できます。

OLYMPUS PEN E-PL9 EZダブルズームキット

OLYMPUS PEN E-PL9 EZダブルズームキット

多彩な表現の写真撮影を手軽に楽しめる。

アートフィルターやアドバンストフォトモードを搭載した、小型・軽量ミラーレス一眼カメラ。BluetoothやWi-Fiでスマートフォンと連携でき、スマートフォンへの画像転送がより簡単・快適に。SNSへのシェアも楽々。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

 

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー


一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報