カメラはリュックにいれてもOK?メリットと注意点を解説

カメラを入れるカバンといえばショルダーやウエストタイプが定番ですよね。しかし、意外にも最近はリュックタイプが人気です。この記事にたどり着いた人も、実際にカメラやレンズをリュックに入れて大丈夫なの?と気になっているかと思います。

そこで今回はカメラをリュックにいれることのメリットや、リュック選びのポイントについて解説していきます!ぜひ、記事を参考にお気に入りのカメラリュックを見つけてみてください!

カメラをリュックに入れる3つのメリット

専用のリュックであればカメラやレンズを収納して持ち運んでも問題はありません。むしろ機材をリュックに入れて持ち運ぶのには大きなメリットがあります。一体どんな風に使えるのか気になりますよね。

ここではそのメリットを具体的に紹介していくので、参考にしてください。

撮影現場の移動がラクになる

機材をリュックに入れて持ち運ぶと、撮影現場の移動がラクになるメリットがあります。リュックタイプは重量のある大型カメラやレンズも背負って持ち運べるため、ショルダーやウエストタイプよりも体への負担が少ないのです。

とくにアウトドアで散策するときや、観光などの遠征では他の種類のカバンと大きな差があります。もちろん、普段の持ち運びも体力的にラクになるので、日常的に使っている人も多くいますね。

女性や中高年でも、撮影をすんなり手助けしてくれるのがカメラリュックです。

一度に多くの機材を持ち運べる

リュックタイプは大容量の製品がたくさんあるのも特徴です。複数のカメラやレンズを収納しておけるタイプが多いので、一度にたくさんの機材を持ち運びたいときに便利。シチュエーションに応じて、細かくセッティングを変えたい人にとっては使いやすいことでしょう。

たとえば、とくに被写体が決まっていないとき、現場の天候などがわからないときは、ュックにいろいろと機材を入れておけば柔軟に対応できます。特大用量のリュックだと、三脚や大型マイクなどを収納できることもありますね。

機材を大量に持ち運んで、こまかなシチュエーションに対応できるのがカメラリュックのメリットです。

デザインがオシャレなものが多い

カメラリュックはデザインがオシャレでかわいいものが多いのもメリットです。昨今は自撮りをする人も増えてきていることから、カメラファッションは撮影をするうえで大事な要素。誰かに後姿を撮ってもらうときに、リュックは背中を彩るオシャレなアイテムになります。

シンプルで小さめのリュックはイマドキのカメラ女子にも人気です。一見、カメラが入っているとわからないデザインのリュックもあるので、街中で目立たずにスナップを撮りたいときにも便利。デザインによって使い方がの幅が広がります。

オシャレで使い勝手がいいカメラの収納ケースを探しているときはリュックからチェックしてみましょう。

カメラリュックで絶対に欲しい性能

カメラをリュックに入れるメリットについて解説しました。ここで実際にカメラリュックを選んでみたいと思った人が増えたことでしょう。しかし、カメラリュックは適当に選ぶよりも、しっかり性能面に気を配って選ぶと、より快適に使えます。

ここではカメラリュックに欠かせない性能について解説していくので、参考にしてみてください。

生地に防水加工が施されている

カメラリュックは生地に防水・撥水コーティングを施した製品が多いのが特徴です。そのため、できれば防水性能が高いリュックから、お気に入りのデザインなどを探すのがベスト。防水性能が高ければ不意にトラブルが起きても安心です。

たとえば、アウトドアで撮影を行っていると、急に天候が悪化することも珍しくありません。天気が良くても、雨天後であれば車に水をはねられるといったことも考えられるでしょう。そういったトラブルが起きると、大事な機材が水濡れの被害にあってしまいます。カメラもレンズもデリケートな製品なので、水に濡れるのは厳禁です。

機材を入れているリュックの防水性能が高ければ、中身を濡らす心配がないので、ストレスフリーに外へ撮影に出かけることができます。カメラリュックを選ぶときは防水性能から先にチェックしてみましょう。

レンズ以外のアクセサリーに対応した仕切り

カメラリュックは容量が大きいのがメリット。しかし、容量が大きくても中に仕切りがなければ、機材を細かく整理できず、使いづらく感じます。できれば、カメラ・レンズ以外のアクセサリーにも対応した仕切りがあると使いやすいです。

とくにレンズに次いで使う頻度の高いNDフィルターや、ストロボといった機材のスペースは重要。カメラ初心者の人でも慣れていけば、いずれは使いたくなる機材なので、最初から収納スペースのあるリュックを選ぶといいです。

カメラリュックを選ぶときは単純な容量だけではなく、実際の中がどうなっているかを確認してみてください。

飛行機に持ち込み可能なサイズ

カメラリュックは観光や出張で遠征することも想定して、飛行機内に持ち込み可能なサイズが理想です。飛行機内に持ち込み可能な荷物の容量は各航空会社や搭乗プランによって違うので、自分がよく使う移動手段にあわせたものを選びましょう。

容量が大きくても機内に持ち込めないリュックは、いざというときに使えないリスクがあります。急ぎで他のリュックやカバンで代用すると、必要な機材が入らなかったなんてトラブルにもなるので注意してください。

飛行機の場合は荷物の預け入れという手もありますが、積み込みの際に乱雑に扱われる可能性もあります。そういった面からも、自分の手で管理できる持ち込み可能なサイズがいいでしょう。

カメラリュックは遠征のことも想定して選ぶことがポイントです。

ウエストベルトがあったほうが疲れにくい

個人の好みがわかれるところですが、カメラリュックはウエストベルトがあったほうが疲れにくいです。普通に両肩で背負うよりも、ウエストベルトで腰にも固定したほうが、リュックの揺れが抑えられて負荷が減ります。とくに総重量が重たいときはなおさらです。

重たいカメラやレンズを大量に運んでいると、腰や背中を痛めることもあるので、体力に自信がない人はできればウエストベルト有のリュックを使いましょう。ケガをしてしまうと、肝心の写真撮影も満足にできなくなります。

また、体にかかる重さがつらいときは肩やウエストのベルト素材が柔らかいものを選ぶのがおすすめです。

自分の体格や体力と相談して、負担の少ないリュックを選んでみてください。

カメラリュックを使いこなすための注意点

カメラリュックは最低限必要な性能を抑えて選べば、使い心地抜群です。実際にリュックを手に入れてからは日常的に使う人も珍しくありません。しかし、リュックにも欠点となる要素があり、それらを把握することでより使いこなすことができます。

ここではカメラリュックを使うときの注意点を解説していくので、参考にしてみてください。

機材を収納するときはバランスを考えよう

カメラリュックは容量が大きいだけに収納時の重量バランスが大切です。偏った収納の仕方をしてしまうと、背負ったときの負担が大きくなるほか、地面に置こうとしても安定しません。可能であれば、バランスの整った収納をしましょう。

ただし、中の仕切りによってはどうしても片側だけが重くなってしまうこともあります。そんなときはあえて反対側に普段は使わない機材を入れてみたり、コンパクトな重石を入れてみたりするのも手です。外側にポケットがついている場合はそちらで調整してもいいでしょう。

カメラリュックは重量バランスを考えることで、より持ち運びしやすくなります。

リュックに機材を入れっぱなしは厳禁

カメラリュックを日常使いしている人はつい機材を入れたままにすることが多いです。しかし、カメラやレンズをリュックに入れたままにしておくと、湿気によってカビなどが生じてしまいます。とくにレンズ表面のカビは画質が低下する原因です。レンズ本来の性能がいちじるしく低下することになるため、注意が必要。

撮影から帰宅した後はちゃんんとリュックから機材を取り出し、それぞれ適した場所に保管してください。面倒に感じるかもしれませんが、カメラやレンズの寿命を延ばすにはこまめな手入れと、適切な保管が大切です。

大事な機材を守るためにリュック自体も乾燥させておくなどの工夫をしましょう。

海外では盗難に注意

カメラリュックは海外旅行にも持っていきやすいです。しかし、それだけに盗難には気をつけましょう。道端で降ろしたリュックは窃盗のターゲットになりやすく、少し目を離したすきに丸ごと持っていかれることは珍しくありません。

とくにカメラが入ったリュックは重量で中身がバレやすく、他の荷物と一緒に置いていても、カメラの入ったリュックをピンポイントで盗まれることがあります。せっかく撮り溜めた思い出も、手元から盗まれてしまえば水の泡です。運よく見つかればいいですが、海外では戻ってこないことを前提に考えたほうがいいでしょう。

あくまでもカメラは貴重品であることを理解して、海外では厳重な管理を行ってください。

まとめ

オシャレで機能性も抜群のカメラリュックについて解説してきました。カメラを入れるカバンにはさまざまな種類がありますが、リュックタイプは老若男女、誰にとっても使いやすいものです。長距離の移動もラクになり、大量の機材を持ち運べるので、一つは持っておくといいでしょう。

しかし、リュックを購入したはいいものの、肝心の使う機材に迷っているときがありますよね。そんなときはカメラのレンタルサービスを利用してみましょう。カメラのレンタルサービスはカメラ本体やレンズなど、さまざまな機材を試すことができます。お気に入りの機材を見つけて、リュックの中身を充実させてくださいね。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。