【2020年最新】ポトレ初心者!これだけは抑えたい写真の4つの構図

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!

「なんだか代わり映えのしない”似たような写真”になってしまう、、、」

一眼レフやミラーレス一眼で写真を撮り始めた頃に誰もが通る道。
このページにたどり着いたアナタは、カメラを触るのにも少し慣れて、

「もっと印象的な写真を撮りたい!」

と思うようになったということではないでしょうか。

便利なグリッドライン!

ポートレートや景色を撮る際に意識するといいのが「構図」です。
構図を意識して撮影すると気にしなかった頃よりも、少しステップアップした写真が撮れます。

また、最近のカメラには「グリッドライン」という便利機能がついています。
撮影時にグリッドライン(線)を表示する機能で、慣れるまで、交わる点に被写体がくるように、グリッドラインを表示しながら撮影すると構図を考えるのに重宝すると思います。

ポートレートを撮影してみよう

日の丸構図


日の丸構図は、被写体を画面の真ん中にもってくる構図です。日本の国旗、「日の丸」のように見えるため、こう呼ばれています。
何も考えないで撮影すると日の丸構図になりやすいと言われます。
インパクトにかける被写体の場合、代わり映えのない写真になってしまうので、日の丸構図の場合は被写体選びが重要と言えるでしょう。

最も基本的な構図なのですが、逆にすごく印象的な写真にもなります。
シンプルで奥深い構図なので、考えた上で撮影するととても印象的な素敵な写真になるでしょう。
「ストーリーを感じる被写体」の写真にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

日の丸構図のポイント・注意点

・インパクトのある写真に向いている
・ストーリー性をより与えやすい
・考えて取り入れないと代わり映えのない写真になってしまうので気をつける

三分割構図


縦横3分割した線の交点に、被写体を合わます
グリッドラインを表示させて撮影すれば、なお簡単に三分割構図で撮影することが可能ですね。

三分割構図のポイント・注意点

・グリッドラインを利用してお手軽に
・被写体が真ん中に配置されているより、真ん中より少しずれていたほうが自然な感じに見える
・画面の中のメイン被写体以外の部分(ネガティブスペース)に配置するものを考えやすくなる

対角線構図


写真は基本的に水平線をとると良いと言われ、建造物、海などが一般的に水平線が傾くと違和感を感じやすいです。
それを逆手にとって、あえて対角を作る構図です。
背景が代わり映えしない時などに、ポートレートの背景としてもおすすめの構図です。
躍動感、動きのある印象的な写真になります。

対角線構図のポイント・注意点

・躍動感を出したい時
・背景が平凡な場合にうまく取り入れると印象的に見える
・建物、海、机の上においてあるものなどは不安定になりやすいので避ける

額縁構図


窓枠などを使ったり、トンネルの入口や鳥居などの建造物を使って、写真の中にさらに額縁(フレーム)を作る構図です。
「額縁構図」を使うと窓の手前と向こう側が分けられたような、ときがまるで止まったかのような印象を与えることができます。
手前のもの、奥のもの、被写体の位置などを気にしながらの撮影になるので、少し難易度の高い構図と言えるでしょう。
様々なところに潜んでいる額縁(フレーム)を利用して写真を切り取ることで、作品の幅が広がること間違いなしでしょう。

額縁構図で大切なのが、対角線構図とは逆に「しっかりと水平に撮る」ということです。
水平垂直が少しでも傾いていると人間は違和感を感じやすく、特に建造物、テーブルなどの水平構造のもの、柱などの垂直構造があるものは傾けて撮影するのは避けましょう。

額縁構図のポイント・注意点

・特徴のない被写体を額縁構図で撮影することで写真を引き締めることができる
・水平になるように気をつける

構図を少し考えながら撮ってみよう♪

他にもプロが考えて撮っている「色々な構図」があります。
「一眼レフやるなら知っておきたい!「構図」でセンスある写真を撮ろう」

だんだん慣れてきたら、色々な構図を考え、組み合わせて撮影すると、アナタの写真がもっともっと素敵になるはずですよ♪

ポートレートにおすすめのレンズ2点

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

「NikonのAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」は、重量が約185gのコンパクトな標準レンズです♪
ピントを素早く合わせてくれ、軽量・コンパクトなので、お手軽にポートレート撮影に持っていけますね。

FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM

「FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM」は、ソニーの先端技術が盛り込まれた、非常に高い解像力と美しいボケ味を両立しているレンズです。
αシリーズの高精度な瞳AF機能と連動させることができ、人物や動物などの動きのあるポートレートにも良いでしょう。

  ポートレート向きの レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。