オートフォーカス(AF)とは?撮影シーン別おすすめ設定を紹介!

オートフォーカス(AF)の優先モード

オートフォーカスの優先モードとは、ピントが合っていない場合に、シャッターを切るか切らないかを設定できるモードのこと。優先モードは、上記で解説したオートフォーカスのモードを設定した後、それに加えて設定できるカスタムモードです。中級機以上のモデルに備わっていることが多く、エントリーモデルには備わっていない場合があります。モードごとに適した被写体が異なるので、下記でそれぞれチェックしてください。

レリーズ優先

ピントが合っていなくてもシャッターを切れるのが「レリーズ優先」。シャッターチャンスを逃したくない撮影の場合は、レリーズ優先にするのがオススメです。たとえば、スポーツや野鳥など素早く動く被写体の撮影で、ピントが合っていなくても、連写速度を優先してシャッターを切れます。デメリットは、ピントが合っていないことに気付けない場合があること。後から確認して初めて、ピンボケしていたことを知るといった失敗に注意する必要があります。

また、上記の写真のような風景撮影で、測距点に被写体がない場合や、暗くて被写体を認識しにくい場合は、下記で解説するフォーカス優先ではシャッターが切れないことがあるため、レリーズ優先にするのが良いでしょう。

向いている被写体・撮影シーン
  • 子供、動物、スポーツ、飛行機、電車

フォーカス優先

ピントが合うまでシャッターを切れないのが「フォーカス優先」。ピントが合っていないことに後から気づくといった失敗を防げるのが、フォーカス優先のメリットです。一方で、シャッターチャンスを逃しやすい点がデメリット。そのため、ゆっくりと撮影が行なえる、動きのない被写体の撮影に適しています。【シャッターを切れない=ピントが合っていない】ことから、ピントが合っているのかどうかイマイチ分からない初心者の方にもオススメです。

向いている被写体・撮影シーン
  • 風景、ポートレート、スナップ、物撮り

フォーカスエリアの種類

フォーカスエリアは、カメラが実際にピントを合わせる位置(フォーカスポイント)の範囲のこと。設定したフォーカスエリアから被写体が外れていたり、収まっていなかったりする場合は、ピントが合いません。このフォーカスエリアも、種類によって適した被写体があるため、下記でそれぞれ解説します。

フォーカスポイント(測距点)とは

カメラがピントを合わせる位置のことをフォーカスポイント(測距点)といいます。カメラのスペックで、“測距点:○○点”という表記を見たことがある方もいるでしょう。これは、ピントを合わせる位置の数のことを表しています。この数はカメラによって異なり、一般的に上級機ほど測距点の数が多く、【測距点が多い=画面の細かい部分までピントを合わせられる】ため、オートフォーカスの精度が高く、ピント合わせに有利です。

フォーカスエリアの種類・数はモデルやメーカーによって異なりますので、ここでは基本的なものを紹介します(名称もメーカーによって異なります)。

シングル/スポット/1点

画面の中から、自身が任意で選んだ1つのフォーカスポイントまたは枠のみを利用してピントを合わせます。動きのない被写体に適しているのに加えて、花を覆う草木など、ピントを合わせたい被写体を邪魔するものが周囲にあったり、被写体そのものが小さかったりする場合にも、狙った被写体に合わせやすいので便利です。

向いている被写体・撮影シーン
  • 風景、スナップ、小さな被写体

オートエリアAFモード/ワイド/自動選択AF

画面すべてのフォーカスポイントから、カメラが被写体を判別して自動でピントを合わせます。画面全体から検出してくれるため、画面のどこに動くか予測のできない、子供やペット・野鳥などの撮影に最適。デメリットは、カメラが自動で判別するため、意図していない被写体にピントが合ってしまうことがある点です。たとえば、愛犬にピントを合わせたいのに、隣に添えたぬいぐるみの方にピントが合ってしまうなど…。ピント位置をしっかりと決めたい方は、他のフォーカスエリアを利用するのがオススメです。

向いている被写体・撮影シーン
  • 子供や動物・スポーツなど動きが予測できない被写体

ゾーン

ゾーンは、フォーカスポイントの領域を9個ほどのゾーンに分けて、任意で選択したゾーンの範囲内でピントを合わせます。使用するゾーンは、被写体が移動すれば変えることも可能。そのため、野鳥や遊んでいる猫など、特定の範囲内で素早く動く被写体を、構図を意識しながら撮影したい場合にオススメです

向いている被写体・撮影シーン
  • 特定の範囲内で動きのある被写体

被写体ごとにオススメなAFの設定

被写体ごとに、オススメなAFの各設定を解説します。あくまで撮影しやすいと想定できる例なので、まずは試してみて、その後は自分が撮影しやすいようにカスタムしてみると良いでしょう。

素早く動く野鳥、動きが予測しにくいスポーツ

動体の中でも特にピント合わせが難しいのは、動きの速い、飛んでいる鳥やスポーツ。そもそも、ピントが合っていない写真を残す必要がないのであれば、【フォーカス優先】にします。滅多に見られない渡り鳥など、ピンボケしたとしても、とにかくその姿を残しておきたいなら【レリーズ優先】がオススメ。被写体が画面のどの位置から現れるか予測しにくいため、AFエリアは全域でピント合わせできる【オートエリアAFモード/ワイド/自動選択AF】などが良いでしょう。

【AFの種類】AF-C

【優先モード】フォーカス優先・レリーズ優先

【AFエリア】オートエリアAFモード/ワイド/自動選択AF

ポートレート、物撮り、風景、料理

動きがない被写体は落ち着いて撮影できるため、失敗しないことを重視して、【レリーズ優先】がオススメ。ピント合わせの位置は、任意で選べる【シングル/スポット/1点】が良いでしょう。被写体の顔や、料理の盛り付けなど、写したい部分にしっかりとピント合わせできます。

【AFの種類】AF-S

【優先モード】レリーズ優先

【AFエリア】シングル/スポット/1点

動き回るペットや子供

限られた一定の範囲を動くペットや子供には、捉えたい被写体だけを追い続けられ、尚かつ動きにも対応できるAFエリア【ゾーン】がオススメ。優先モードは、一瞬の可愛い表情や動きを逃さないために、多少失敗しても写真に残せる【レリーズ優先】にするのが良いでしょう。

【AFの種類】AF-C

【優先モード】レリーズ優先

【AFエリア】ゾーン

まとめ

オートフォーカスのメリットをはじめ、被写体に合わせてオートフォーカスをより活用できるように、ピント合わせの種類や優先モード・フォーカスエリアの選び方を解説しました。それぞれに適した被写体・撮影シーンも記載しているので、撮影時の参考にしてください。撮影したい被写体・撮影シーンに最適なオートフォーカスの設定ができると、撮影がグッと快適になり、より早く正確にピント合わせが行なえます。様々なパターンでオートフォーカスの設定を行なって、ピント合わせの練習をしてみるのもオススメです。

1 2