オートフォーカス(AF)とは?撮影シーン別おすすめ設定を紹介!

カメラを始めたばかりの方で、「オートフォーカス(AF)の設定がイマイチよく分からない…」「オートフォーカスを使いこなせていないのか、しっかりとピントが合わない…」といった悩みを持つ方は、少なくないはず。そもそも、オートフォーカスの機能や種類を、知らない方もいるかもしれません。カメラが自動でピントを合わせてくれるオートフォーカスですが、実は被写体・撮影シーンによって最適なオートフォーカスの種類やその他の設定があるんです。上手くオートフォーカスの設定ができると、とても快適に、尚かつ正確にピント合わせできます。

そこで本記事では、被写体・撮影シーンに合わせたオートフォーカスの種類や優先モード・フォーカスエリアを解説します。

オートフォーカス(AF)とは?

オートフォーカスとは、一般的なデジタルカメラに備わっている機能の一つ。オートフォーカスに設定すると、ピントを被写体へ自動的に合わせることができます。オートフォーカスは、通常シャッターボタンの「半押し」で作動させることが可能。一般的なデジタルカメラは、シャッターボタンを「半押し」することで自動的にピントを合わせて、「全押し」するとことでシャッターを切ります。

一方で、マニュアルフォーカス(MF)は、手動でピントを合わせる機能のこと。基本的にはオートフォーカスで撮影を行ないますが、暗所での撮影やマクロ撮影などオートフォーカスではピントが合わせにくい場合に、マニュアルフォーカスを利用します。手動でピントを合わせるマニュアルフォーカスは、ピント位置が浅かったり、分かりにくかったりするシーン・被写体に有効です。オートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り替え方法は、メーカーや機種によって異なります。

オートフォーカス(AF)のメリット

  • 素早くピントを合わせられる
  • 正確にピントを合わせられる
  • 動体にもピントを合わせられる

オートフォーカスの速度や精度は、カメラのAFシステムやレンズのモーターによって大きく左右されます。ここでは、近年の一般的なデジタルカメラにおいて、オートフォーカスで撮影するメリットをあげました。年々、カメラのオートフォーカスの性能は向上しており、基本的には最新モデル・上級機モデルほどオートフォーカスの性能が高い傾向にあります。

最新モデル・上級機モデルの中には、人・動物の顔にピントを合わせる、人・動物の瞳AFを備えたモデルもあります。表情を際立たせたいポートレート撮影やペットの撮影時に重宝するでしょう。また、指定した被写体を自動で追尾してピントを合わせ続けてくれる、自動追尾AFを備えたモデルもあります。子供や動物など動きの予測しにくい動体でも、より正確にピントを合わせることが可能です。

オートフォーカスが活きる被写体・撮影シーン
  • 運動会など子供のイベント
  • 走ったり遊んだりするペット
  • スポーツ

マニュアルフォーカス(MF)のメリット

  • ピント面が浅い場合にピントを合わせやすい
  • コントラストが低い被写体にピントを合わせやすい
  • 暗い場所でピントを合わせやすい
  • 手前の被写体を前ボケさせられる

非常に便利なオートフォーカスですが、暗所や低コントラストでの撮影など、ピントが合わせにくいシーン・被写体があります。オートフォーカスでのピント合わせが難しい理由は、被写体が見えにくく、カメラが自動で検出するのが困難なため。そこで活躍するのが、マニュアルフォーカスです。オートフォーカスでは、【マクロ撮影などピントの合う面が浅い場合】【暗い場所や夜景・星景】【コントラストが低い景色・被写体】【手前に被写体があり、奥の被写体を写したい場合】これらの撮影シーン・被写体にピントが合わせにくく、手動でピントを調整できるマニュアルフォーカスだとピントが合わせやすくなります。

マニュアルフォーカスが活きる被写体・撮影シーン
  • 夜景、星景
  • 花や昆虫などをマクロ撮影する場合
  • 色調が豊かではない風景(雪景色、山肌、海など)

オートフォーカス(AF)の種類

デジタルカメラには、シャッターを半押しした後のピントの合わせ方が異なる、3種類のオートフォーカスモードがあります。各メーカーによってそれぞれの名称も異なり、難しく思われるかもしれませんが、機能は同じです。オートフォーカスのモードによって、適した被写体や撮影シーンがあるので、下記でチェックしてください。代表的な各メーカーの名称も併せて記載しています。

【AF-S】シングル、ワンショット

Canon:ワンショットAF、Nikon:シングルAFサーボ、SONY:シングルAF

【AF-S】は「シングル」や「ワンショット」などと呼ばれる、オートフォーカスの方法です。“1つ”という名の通り、【AF-S】ではシャッターボタンを半押しした際に、一度だけピントを合わせます。一度ピントが合うと、シャッターボタンを半押ししている間は、ピント位置が固定され続けるのが特徴。被写体が動くとピントが外れてしまうため、【AF-S】は動きのない被写体に向いているモードです。また、一度合わせたピントを固定してくれるため、意図した被写体にピントを合わせたまま、構図を柔軟に決められます。ピント位置がずれてしまったり、ピント位置を変えたりしたい場合は、一度シャッターボタンを離して、再度半押ししてピントを合わせましょう。

向いている被写体・撮影シーン
  • 風景、ポートレート、スナップ、物撮り

【AF-C】コンティニュアス、サーボ

Canon:AIサーボAF、Nikon:コンティニュアスAFサーボ、SONY:コンティニュアスAF

【AF-C】は「コンティニュアス」や「サーボ」と呼ばれる、オートフォーカスの方法です。「continuous=継続的」「servo=自動制御」という意味の通り、【AF-C】はシャッターボタンを半押しすると、半押ししている間、被写体にピントを合わせ続けます。条件は、画面上のフォーカスポイント(ピントを合わせるポイントのこと。“測距点”とも呼ぶ)に被写体があること。フォーカスポイントで被写体を捉えている限り、一度だけピントを合わせる【AF-S】とは異なり、【AF-C】は被写体が動いたとしても、シャッターボタンを全押しするまで自動で追従してくれます。遠くからカメラに向かって近づいてくるペットや、電車など画面を横断する乗り物の撮影で、ピンボケを防ぐことが可能です。

向いている被写体・撮影シーン
  • 子供、動物、スポーツ、飛行機、電車

【AF-A】AFモード自動切り替え

Canon:AIフォーカスAF、Nikon:AFサーボモード自動切り替え、SONY:AF制御自動切り替え

【AF-A】はシャッターボタンを半押しした際、カメラが被写体の状態を判別して、自動で【AF-S】と【AF-C】を切り替えます。動く被写体がない場合は【AF-S】に、動いている被写体がある場合は【AF-C】に、手動で行なわなくても、被写体に合わせて自動で切り替えてくれる便利なモードです。逐一モードを切り替える手間がないため、風景や動物など、一度の撮影で様々な被写体を撮影したい場合に、重宝します。とはいえ、常にこのモードで撮影していると、たとえば風景だけを撮影したい場合、意図せず鳥などが画面内に入り込むと【AF-C】に切り替わり、鳥の方にピントを合わせてしまうこともあります。撮影する被写体が決まっているのであれば、被写体に合わせて【AF-S】【AF-C】のどちらかに設定しておくのがオススメです。

向いている被写体・撮影シーン
  • 一度に、動いている被写体と動いていない被写体の両方を撮影する場合
1 2