【2020年最新】レンタル可能な人気のアクションカメラ 10選

自転車やバイクの走行風景、アウトドアやスポーツシーンなど、臨場感あふれる映像を撮影をする際に役立つ、人気のアクションカメラ。4K映像が撮影可能なものや手振れに強いモデル、防水機能を兼ね備えたモデルなど、さまざまな特徴を持つカメラが発売されていますよね。この記事では、アクションカメラの選び方とアクションカメラのおすすめモデルをご紹介します。

アクションカメラとは?


アクションカメラとは、スポーツや運転中の様子を迫力ある高画質で残せる小型のビデオカメラのこと。バイクや自転車など乗り物のハンドルや、体の一部に装着して使うことから、「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれています。また、激しい動きや水中での使用を前提につくられているため、防水性と耐久性が高く、アウトドアやスポーツでの撮影にもぴったり。最近では、映画のような雰囲気ある映像を撮影できたり、SNSにライブ中継できるモデルも発売されており、さまざまなシーンで使用することができます。

アクションカメラの選び方

アクションカメラを買いたいけれど、どれを選べばいいか分からない人も多いはず。撮影シーンや主な使用用途を明確にすると選びやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

画質を重視したい人は4K対応カメラをチェック

アクションカメラの解像度は、高精度な映像が撮影できる4Kが主流となりつつあります。ただし、高画質になるほどカメラ本体の価格も高価になるため、撮影後にどんな使い方をするのかに応じて選びましょう。例えば、撮影した写真を編集せずにそのまま楽しみたい人は4K(画面解像度は3840×2160ピクセルに)ではなくフルHD(標準的な画面解像度は1920×1080ピクセル)でも十分です。撮影後に静止画絵の切り出しなど編集を加える人は、画質が劣化しにくい4Kを選ぶのがおすすめ。4KはフルHDよりも4倍高精細な映像を撮影することが可能です。

装着方法をチェック

アクションカメラは手持ちだけでなく、乗り物や身体の一部などさまざまな場所に装着・固定することができ、身につけていることを意識せずに撮影することが可能です。また、アクションカメラはマウントと呼ばれる部品を用いて取り付けますが、取り付ける場所によって装着方法が異なります。アクションカメラを乗り物本体に取り付けた場合は臨場感のある映像を、ヘルメットに取り付けた場合は自分の見ている景色に近い映像を撮影できる点が特徴です。撮りたい映像に合わせて、装着する部位を選びましょう。

ブレにくさを重視するなら狭めの画角がおすすめ

画角とは、どこまで広く写せるかを表す指標のこと。人間は両目で180~200度まで認識できるといわれているので、これに近いほど見たままの臨場感が得られます。一般的なハンディカメラは広角側で70~80度なのに対し、アクションカメラは130~150度くらいの画角。最近ではダイナミックに景色を切り取れるよう、200度を超える画角の正規品も登場しています。しかし、画角が広くなればそれだけ手ブレも起こりやすくなるので注意が必要です。

機能をチェック

撮影ミスを減らせる手ブレ補正機能

手ブレを補正する機能には、光学式と電子式、ジンバルタイプのものがあります。手ブレを最低限に抑えたいなら光学式、細かな振動や強い衝撃に耐性がある電子式、映画のような本格的でなめらかな映像表現をしたいならジンバルタイプがおすすめです。特に定期的に振動が発生する自転車やバイクでの撮影など、乗り物や道具に直接カメラを装着する場合は、手ブレ補正機能を重視して選ぶと良いでしょう。

直感的な操作が可能なタッチパネル

アクションカメラは本体のサイズが小さく操作性が高いとはいえませんが、タッチパネルが搭載されているモデルであれば細かな設定も簡単に行なうことができます。タッチパネルがない機種から探す場合は、Wi-Fiを使ってスマートフォンやタブレット端末などと連携できるモデルを選ぶと便利でしょう。

感動をすぐSNSにシェアできるWi-Fi機能

Wi-Fi機能が搭載されているカメラを使えば、撮影した映像をすぐにSNSへ投稿してシェアすることができます。アクションカメラの多くはモニタが小さいため、スマートフォンとWi-Fiでつなぎ、専用のアプリを使って撮影設定や撮影映像の確認を行なうのが一般的です。アクションカメラを使いこなすためには、Wi-Fi機能とスマートフォンは必須といえるでしょう。

水中で撮影するなら防水性もチェック

水辺で撮影する際やウインタースポーツの撮影をする際は、用途に応じて耐水性を持つカメラを選びましょう。また、雪上で使用する場合にも防水機能は必要です。カメラ本体に耐水性があるモデルもありますが、防水ケース(ハウジングケース)と呼ばれる密閉容器を装着して防水に対応することができます。ケース単体でも購入することができますが、その場合は手持ちの機種に対応しているか必ず確認しましょう。防水は水深3m程度のものから20m、さらに防水ケースを装着することにより同60mまで潜れるものまで様々な種類があります。

バイクのツーリングなど長時間撮影をするなら、バッテリーの性能を確認

アクションカメラは一度撮影を始めるとアクティビティーを終えるまで撮り続けるため、バッテリーの持ちが重要です。1回のフル充電で何分まで撮れるかをチェックしましょう。スポーツ競技を最後まで記録したり、バイクで走行中の風景を撮影する場合、途中で充電切れになってしまうと大変です。搭載されているバッテリーの容量や連続使用時間を確認した上で、予備バッテリーを準備しておくと安心です。また、モバイルバッテリーから充電しやすいUSB充電モデルを選んでおくと、いざというとき便利でしょう。

スポーツを撮影するときはフレームレートをチェック

フレームレートとは、1秒間に記録されるコマ数のこと。この数値が大きいほど、激しい動きをしても滑らかな動画が撮影できます。20-30fps(フレームレート)があれば、旅行の記録程度には十分でしょう。でも、サーフボードや自転車に取り付けて撮影するなら、60fpsに対応したハイフレームレートの製品がおすすめです。激しい動きを伴う撮影には、フレームレートが重要になりますので、よりフレームレートが高いものを選ぶと良いでしょう。

おすすめのアクションカメラ

ここからはおすすめのアクションカメラをご紹介します。

GoPro MAX CHDHZ-201-FW

GoPro史上最高にスムーズなビデオ撮影が可能に!

GoPro MAXはGoPro HERO8とほぼ同時に発売された、GoProの最新360度カメラ。革新的な水平維持機構によって動きのある状態でも滑らかなシネマスティックスタイルの画質を実現。「PowerPano」機構でカメラの水平移動やパンさせることなく360度歪みの無い動画と、270度のパノラマ写真を撮影できます。通常のアクションカメラとして使用可能ですし、ショットガンマイクの性能とユーザーに向けられるスクリーンで、高品質なビデオブログも作成することが可能です。

製品名 MAX CHDHZ-201- FW
動画解像度 5.6K/24,30fps
画素数 16.6MP
防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth
本体のサイズ 64×69×25mm
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 154g

■購入する場合は、54,000円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

GoPro HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth2.0」で更にスムーズに撮影可能に。

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」は、「オン」と「高」に加えて新機能の「ブースト」の3レベルの安定化機能を有しており、どのような撮影状況にも対応でき、スムーズな撮影が可能です。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用したことで、狭角・ゆがみのないリニア・広角・SuperViewの4つからレンズを選択可能になりました。現実離れした映像が得られる「TimeWarp(タイムワープ)」機能も搭載されています。

製品名 HERO8 BLACK CHDHX-801- FW
動画解像度 4K/60fps
画素数 12MP
防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth 2.0
本体のサイズ 66.3×48.6×28.4mm
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 126g

■購入する場合は、54,498円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

SONY サイバーショット DSC-RX0M2

1.0型イメージセンサー搭載により高画質での撮影が可能に。

可動式液晶モニター搭載で、世界最小・最軽量ボディ(※発売時点)を実現したコンパクトデジタルカメラ。防水性と堅ろう性を備え、多様な撮影が楽しめます。また、1.0型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS(エクスモアアールエス)」の搭載により、高感度・低ノイズ性能と広いダイナミックレンジを実現。高解像度4K動画の本体内記録に対応するほか、180度チルト可動式液晶モニターを搭載しています。

製品名 SONY サイバーショットDSC- RX0M2
動画解像度 4K/30fp
画素数 2100万画素
防水性能
手ブレ補正
本体のサイズ 59×40.5×35 mm
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 117g

■購入する場合は、82,192円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

SONY FDR-X3000R

空間光学を利用しブレを補正する機能を搭載。

激しいブレも抑えて撮影できる「空間光学ブレ補正」機能を搭載し、ハイスピード撮影時のブレ補正にも対応する4Kアクションカメラ。解像力・コントラスト・色再現性にすぐれた「ZEISSテッサーレンズ」を搭載し、画面周辺部の歪みを軽減した自然な映像を実現しています。小型ライブビューリモコンでカメラを離れた位置から操作することが可能です。

製品名 SONY FDR-X3000R
動画解像度 4K/30fps
画素数 818万画素
防水性能
手ブレ補正 光学式
本体のサイズ 29.4×47×83 mm
シャッター速度
本体の重さ 89g

■購入する場合は、55,423円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Shenzhen Arashi Vision Insta360 ONE

超高画質を実現した360度カメラ。

Insta360 ONEは、カメラ単体での撮影やBluetooth経由でのリモート操作に加えて、ディスプレイを確認しながらの360度全天球写真・動画を手軽に撮影することができます。撮影機能では、7K静止画(6912×3456ドット)、4K動画(3840×1920/30fps)、120fpsのスロー モーション動画(2048×512/120fps)に対応。カメラ本体に820mAhバッテリーを内蔵し、最大 70分間の連続撮影が可能です。

製品名 RICOH THETA Z1
動画解像度 4K/29.97fps
画素数 2000万画素
防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth 2.0
本体のサイズ 48×132.5×29.7mm
シャッター速度 1/8~1/25000秒
本体の重さ 182g

■購入する場合は、104,687円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Kodak PIXPRO 4KVR360

1台で360度全天球撮影が可能な4K対応アクションカメラ。

本体の前後に画角が異なる2種類のレンズを搭載し、1台で360度全天球撮影が可能な4K対応アクションカメラ。撮影モードは、2つの広角レンズを使った「VRモード」、画角155度のレンズを使った「FRONT モード」、画角235度のレンズを使った「GLOBALモード」の3種類から選択可能です。

製品名 Kodak PIXPRO 4KVR360
動画解像度 4K/24fps
画素数 2068万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 55×55×66.9 mm
シャッター速度
本体の重さ 156g

■購入する場合は、55,080円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

SONY HDR-AS50R

小刻みなブレも補正する高度なブレ補正機能を搭載。

60m防水ハウジングが付属し、防じん性・耐衝撃性・耐低温性を確保した、デジタルHDアクションカメラ。より忠実で高精細な再現を行う画質処理エンジン「BIONZ X」、暗所にも強い「Exmor R CMOS センサー」、「ZEISSテッサー」レンズなど独自デバイスを採用しています。従来モデル比で約30%小型化した新ライブビューリモコン「RM-LVR3」が付属しており、さまざまな場所に装着して、離れた場所のカメラを手元でコントロールすることができます。

製品名 SONY HDR-AS50R
動画解像度 フルHD/30fps
画素数 1110万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 66.3×48.6×28.4mm
シャッター速度
本体の重さ 58g

■購入する場合は、36,682円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

DJI OSMO Action

デュアルスクリーンを搭載したアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、4K/HDR動画撮影が行なえるコンパクトなアクションカメラ。EIS(電子式映像ブレ補正)と複雑なアルゴリズムを組み合わせ、激しいアクションを伴うシーンでも安定したブレのない映像を撮影することが可能になりました。音声操作機能により、声による操作が可能なほか、撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集をすることができます。

製品名 DJI OSMO Action
動画解像度 4K/fps60
画素数 1200万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 65×42×35mm
シャッター速度
本体の重さ 124g

■購入する場合は、43,250円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

RICOH RICOH WG-M2

204°超広角!タフでハイスペックなアクションカメラ

超広角約204度と約151度の2種類の画角を用意し、4K動画撮影機能を搭載したアクションカメラ。4Kの解像度はFull HD(1920×1080ピクセル)の縦横2倍の3840×2160ピクセルで、見たままの美しさを、臨場感あふれる映像で記録することが可能です。また、動画ボタンを押すとカメラ本体が振動して動画撮影の開始・終了を知らせる「バイブレーション機能」を装備しています。

製品名 RICOH RICOH WG-M2
動画解像度 4K/30fps
画素数 800万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 57.4×34.1×77.8mm
シャッター速度
本体の重さ 114g

■購入する場合は、29,800円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

OLYMPUS STYLUS TG-Tracker

タフな性能で様々なシーンが撮影可能!

GPS・気圧・温度・方位・加速度の5つのセンサーで構成された「フィールドセンサーシステム」を搭載した、4K対応フィールドログカメラ。IPX8相当の防水性能やIP6X相当の防じん性能、2.1mの耐衝撃性能、-10度の耐低温性能、00kgf の耐荷重性能を備えています。

製品名 OLYMPUS STYLUS TG-Tracker
動画解像度 4K/30fps
画素数 720万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 35×56.5×93.2mm
シャッター速度
本体の重さ 180g

■購入する場合は、63,072円(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

まとめ


様々なアクションカメラが登場し、今は誰でも簡単に迫力のある動画を撮れるようになりました。日常のワンシーンはもちろん、様々なシーンで活躍するアクションカメラ。特に海や山などのレジャーに持っていけば、より楽しめることでしょう。ぜひあなたにとってベストな一台を見つけてくださいね。

  人気の アクションカメラを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。