GooPass3周年記念フォトコンテスト開催結果発表!

GooPass3周年記念フォトコンテスト開催結果発表!

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!

2021年11月5日に3周年を迎えた、”カメラのサブスク”GooPass。GooPassを運営するカメラブ株式会社では、サービスローンチ3周年を記念して、フォトコンテストを開催することになりました。概要は以下の通りです。

GooPass3周年記念フォトコンテストの概要について

テーマ

【一般】【トラベル】【アニマル】【スポーツ】の4部門で募集を行ないます。

賞品

1位〜3位に入賞した方には、下記の通りGooPass100%割引クーポンが送られます。また、1位の副賞であるインタビュー記事制作は任意です。

1位 GooPass3ヶ月100%OFFクーポンの発行+GooPass MAGAZINEインタビュー記事制作(参考はコチラ
2位 GooPass2ヶ月100%OFFクーポンの発行
3位 GooPass単月100%OFFクーポンの発行
TRAVEL賞 GooPass単月100%OFFクーポンの発行
ANIMAL賞 GooPass単月100%OFFクーポンの発行
SPORTS賞 GooPass単月100%OFFクーポンの発行

それでは、GooPass3周年記念フォトコンテストの結果を発表します!!

1位:『あした天気にな~れ~』

使用機材/カメラ:Nikon Z6   レンズ:CarlZeiss Milvus 2/50M ZF.2

設定/F16、SS:1/125、ISO:160

ロケ地/氏家ゆうゆうパーク

受賞者プロフィール

■フォトグラファーネーム:coco

■Instagram:@c_o_c_o_r_o_i_r_o_2

受賞者コメント

この度は数ある作品の中から選んで頂きありがとうございます。この作品が撮れたのはまさにレンズをレンタルした事がきっかけです。CarlZeiss Milvus 2/50M ZF.2 の特徴に水の質感を上手く表すことが出来るという一文に惹かれてレンタルして撮れた作品です。まだまだレンズの特性をいかせてはいませんが…まだまだ使いたくなるレンズでした。

審査員コメント

ステンドグラスを彷彿とさせる印象的なパラソルと重ねられた夕陽、夜が近づいていることを感じさせる漆黒へのグラデーション、垂れた水滴が生み出す波紋、、、写真という光を表現する芸術において、時間軸や情景を連想させる要素がいくつも重なり、表現意図を感じるとても素晴らしい作品だと思いました(社長)

息を呑む美しさ(フォックス)

夕暮れ時の空のグラデーションと、その色を使って作られたかのような傘に目を奪われました。また、その下で水が静かに波打つ様子から、その場のゆったりとした空気感が伝わります(Mia)

色が美しいのはもちろんですが、写真をパッと見たときに、傘とお子さんに自然と目が行く構図や光の使い方に感動しました。技術的にも1位に相応しいお写真だと思います(Kimura)

最初は夜へと移る空のような色味に心奪われました。しかし2度目に見ると、夕陽で輝くステンドグラス風の傘、滴る水滴、波紋…いたるところへ目がいきます。次々に丁寧な意図が発見でき、スルメ的な深みのある作品だと感じました(Chino)

2位:『海中遊歩』

使用機材/カメラ:SONY α7R III ILCE-7RM3、レンズ:TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD
SONY α7R III + 超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット

設定/F7.1、SS:1/250、ISO:640

ロケ地/沖縄県宮古島市伊良部島

受賞者プロフィール

■フォトグラファーネーム:T_take

■Instagram:@t_take

受賞者コメント

この度この様な賞を頂けたこと、機材をお貸しいただけたこと大変感謝いたします。これまでカメラは触ってきておりましたが、水中撮影自体はこの時が2回目でした。水中ハウジングを購入してから新しい世界で撮影できることが楽しみで、撮影地の宮古島に着くなり、スキンダイブに出かけました。現地の知人に声をかけ、「散歩に行こう!」のテンションで海に潜りに行けるのがこの島の魅力でもあります。ため息が出るほど綺麗な海で潜れることに加え、新たな気持ちで機材を触れることが楽しくてただただ無邪気にシャッターを切っていました。その様な思い出の一枚を選んでいただけたこと大変嬉しく思います。今後もさらに心に残る写真を撮影できるよう精進して行きます。

審査員コメント

映画のフライヤーのよう。幻想的な1枚(フォックス)

光に向かって手を伸ばす女性の姿が神秘的で、絵画のような1枚だと思いました(Mia)

女性が光に向かって手を伸ばしていることで、希望を感じるような作品に仕上がっていると感じました。どうやって撮影されたのか気になります(Kimura)

映画のワンシーンに出てきそうな1枚です。水上と水中の明暗差、光芒などの美しさはもちろん、どこか落ち着いた雰囲気の青みも作品に合っています(Chino)

3位:『炎葉』

使用機材/カメラ:Nikon D750 レンズ:TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

設定/F5.6、SS1/80、ISO:800

ロケ地/兵庫県

受賞者プロフィール

■フォトグラファーネーム:DAICHI

■Instagram:@earth_photoservice

■Webサイト:Daichi Miyao

受賞者コメント

2021年初めて賞が取れたのもGoopass様のコンテストで2021年の締めもGoopass様のコンテストで入選した事に大変嬉しく思っております。この賞に満足せず今後1位を目指して邁進して参ります。そして、3周年おめでとうございます。

審査員コメント

そうだった、京都に行きたいんだった(フォックス)

写真の中に、さらに1枚の写真があるようです。時がとまったかのような、独特な雰囲気に惹かれました(Mia)

思わず引き込まれてしまうような、鮮やかな赤い紅葉にくぎ付けになりました。落ち着いた雰囲気と鮮やかな紅葉のコントラストが美しいお写真です(Kimura)

ドウダンツツジの燃えるような赤を上品に表現していると思いました。枠に見立てた室内とのコントラストも素敵です(Chino)

TRAVEL賞:『雲海とバルジ』

使用機材/カメラ:SONY α7III ILCE-7M3 レンズ:SONY FE 24-70mm F2.8 GM

設定/F2.8、SS:25、ISO:4000、SIGHTRON ポータブル赤道儀 nano.tracker AS0001使用

ロケ地/徳島県三好市 剣山の山頂

受賞者プロフィール

■フォトグラファーネーム:天の宝石箱

■Instagram:天の宝石箱

受賞者コメント

今回は栄えある賞に選んで頂き、誠にありがとうございます。この写真は星空を求めて四国を旅し、徳島県の剣山の山頂にて撮影しました。8月の深夜、南西の空に天の川銀河が沈む中、山の間に雲海が立ち込んでおり、夢中になってシャッターを切りました。撮影した天の川のこの部分は、バルジと呼ばれており、天の川銀河の中で一際明るく、美しい部分です。日本では南東〜南西の低空に見ることができますが、南半球に行くとこのバルジを含めた天の川銀河が緯度の関係で、空高く真上まで昇るそうです。その光景を一生に一度は拝みたく、そしてそれをカメラに収めるのが夢です。その夢が叶えられるまで、これからも星空の探究とカメラを続けていきたいと思っております。

審査員コメント

天の川と夜空のグラデーションがとても綺麗だと思いました。遠くまで続く雲海も幻想的です(Mia)

ANIMAL賞:『森の朝』

使用機材/カメラ:Canon EOS R6 レンズ:Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

設定/F6.3、SS:1/800、ISO:6400

ロケ地/北海道

受賞者プロフィール

■フォトグラファーネーム:yossy__8787

■Twitter:@yossy__8787

受賞者コメント

この度は選んでいただき、ありがとうございます。大変嬉しいです。森のキラキラとエゾリスと過ごした朝の思い出です。レンタルしたレンズはコンパクトで持ち運びやすく、軽いので長時間でも構え続けられました。ありがとうございます。

審査員コメント

温かい光に包まれたリスに目がとまりました。後ろのボケがキラキラしているのも素敵です。リスのかわいらしさを引き出した、素晴らしい作品だと感じました(Kimura)

SPORTS賞:該当作品なし

審査員コメント

『スポーツの秋』にもかかわらず、全体的にスポーツフォトが少なかったように感じます。一時に比べて大分マシになった印象はありますが、全国各地で自粛ムードが完全に払拭できていないということの証明だったのかもしれません。無念…(フォックス)

最後に(GooPassスタッフ・GooPass MAGAZINE編集長フォックスよりメッセージ )

 

皆様のご愛顧により”カメラのサブスク”GooPassは、サービスローンチ3周年を迎えることができました。改めて、御礼申し上げます。

また、今回のコンテストには、過去最大規模となる約500作品をご応募いただきました。重ねて、御礼申し上げます。

そのどれもが本当に素晴らしくて、その分、審査はかなり難航しましたが…笑。

弊社のサービスを利用して、多くのフォトグラファー・写真好きの方々によって、数多くの素晴らしい作品が生み出されていることに、感動を禁じ得ませんでした。

GooPassは、カメラ・レンズという単なるガジェットを提供するのではなく、作品づくり・旅行先での思い出・何気なくも愛おしい日常の一コマを提供しているのかもしれません。

4年目も、より皆様に愛されるサービスを目指して、スタッフ一同邁進してまいります。引き続き、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

 

2021年12月23日 GooPass MAGAZINE編集長フォックス