GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

動物園に持っていきたいオススメのカメラ10選

動物園に持っていきたいカメラ

スマホのカメラで動物を大きく撮ろうとズームをすると、画質が粗い写真になりがち。カメラの方が綺麗に撮れるのは分かっているけれど、種類が多くてどれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラであれば、ズームしても高画質で、動物の毛の質感や瞳の輝きまで繊細に描写してくれます。この記事では、動物園で動物を綺麗に撮影できるカメラの選び方やおすすめのカメラを分かりやすく紹介。一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラであれば、動物の一瞬の動きも確実にとらえられるので、ぜひこの記事を参考にぴったりのカメラを見つけましょう。

目次

動物園での撮影にオススメなカメラの種類

トラ 動物園 撮影 写真 目が合う
  1. ミラーレス一眼カメラ
  2. 一眼レフカメラ
  3. コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)

動物園での撮影には、ズームしても綺麗な写真が撮れる上記のカメラがおすすめです。

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレスカメラ 液晶 写真

動物園での撮影に圧倒的におすすめなのが、ミラーレス一眼カメラです。スマホでズームすると、写真が粗く写ってしまうのは、画像の一部を切り取って拡大する「デジタルズーム」が原因。一方、ミラーレス一眼カメラは、レンズを動かしながら焦点距離を調整して双眼鏡のように像を自然に拡大する「光学ズーム」。そのため、ズームしても画質が粗くなることはありません。

また、ミラーレス一眼カメラは、モニターを見ながら撮影できるため、スマホと同じような感覚で簡単に撮影できるのも良い点。スマホのようにモニターをタッチしてピントを合わせたり、シャッターを切ったりすることも可能です。さらに、動物瞳AF(カメラが自動で動物の目にピントを合わせる機能のこと)が搭載されている機種も多く、初心者の方でもピントの合った写真が撮りやすいカメラです。

「一眼レフの方が性能や写真のクオリティが高い」と思われている方もいると思いますが、実は一眼レフカメラもミラーレス一眼カメラも性能や画質は変わりません。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラ ファインダー撮影 写真

一眼レフカメラは、ミラーレス一眼カメラより重いのが難点ですが、選べるレンズが豊富にあるのが良い点です。高価な望遠レンズも、ミラーレス一眼カメラ用の望遠レンズに比べると安価なのが特徴。

また、ミラーレス一眼カメラと同様に『光学ズーム』が採用されているため、ズームをしても画質が良く、動物の顔を鮮明に撮影できます。

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)

女性 撮影 コンデジ デジカメ 写真

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)は、ポケットに入るほどコンパクトで、持ち運びやすいのが良い点です。しかし、画質ではミラーレス一眼カメラや一眼カメラには及びません。そのため、スマホよりは綺麗に撮りたいけれど、コンパクトさも重視したい人におすすめのカメラです。

コンデジには光学ズームとデジタルズームを併用した機種もあります。そのため、機種選びが大切。遠くにいる動物を大きく綺麗に撮影するなら、『光学ズーム倍率7~10倍以上』の機種を選びましょう。

動物園での撮影に使うカメラを選ぶポイント

シロクマ 動物園 水しぶき 撮影 写真
  1. センサーサイズ
  2. AF性能
  3. 連写コマ数
  4. 高感度耐性
  5. ボディ内手振れ補正

上記の5つのポイントを重視して、カメラを選ぶと良いでしょう。

センサーサイズ

カメラ センサーサイズ 解説 画像

センサーサイズとは、カメラに搭載されている光を取り込むためのセンサーの大きさのことです。ミラーレス一眼カメラや一眼レフカメラでは、フルサイズ(②)・APS-Cサイズ(④⑤)、コンデジで1.0型(⑧)の大きなセンサーが搭載されている機種を選ぶと良いでしょう。基本的に、センサーサイズが大きいほど、高画質で綺麗な写真が撮れるからです。

このセンサーサイズの違いは、単に画質の違いだけではありません。価格や画角にも違いがあります。一般的にセンサーサイズが大きいほど高価で、センサーサイズが小さいほど遠い場所を写すことが可能です。そのため、離れた場所にいる動物を撮影したい動物園での撮影では、センサーサイズが小さいAPS-Cセンサー搭載のカメラもおすすめ。なぜなら、APS-Cサイズセンサーが搭載されたカメラは、同じ焦点距離のレンズを使用したフルサイズセンサー搭載のカメラに比べて約1.5倍遠くまで撮影できるからです。

このようにセンサーサイズによって画質や価格、画角も変わってくるので、予算や撮影スタイルを考慮してカメラを選びましょう。

AF性能

AF(オートフォーカス)性能とは、カメラが自動で被写体にピントを合わせる機能のことです。動物の場合、急に動き出したり、急に止まったりと動きの予測が難しく、手動でピントを合わせるのは至難の業。そのため、AF性能の高いカメラを選ぶのがおすすめです。

このAF性能の高さは、一般的に『測距点の多さ』で判断できます。測距点が多ければ多いほど、動物の決定的な瞬間を逃さず撮影することが可能です。

また、動物の場合はピントを"目"に合わせることが重要。最近では、『動物瞳AF』と呼ばれる動物の瞳に自動でピントを合わせ続けてくれるカメラも多く発売されています。この動物瞳AFがあると初心者の方でも簡単にピントの合った写真が撮れるので、動物瞳の有無を重視してカメラを購入しても良いでしょう。

動物瞳AF搭載のカメラ
Canon EOS R5/EOS R6
Sony α1/α9/α9Ⅱ/α7R IV/α7S III/α7R III/α7 III/α7C/α6600/α6400/α6100/
Nikon Z 7II/Z 7/Z 6II/Z 6/Z 5/Z 50

連写コマ数

連写コマ数の多いカメラを選びましょう。連写コマ数とは1秒間に撮れる写真の枚数のことです。連写コマ数が多ければ多いほど、動物が見せる一瞬の表情やしぐさを逃さず撮影できます。

連写コマ数が『10コマ/1秒以上』あれば、泳いでいるペンギンやサルの取っ組み合いなど動きの激しいシーンでも1枚はピントの合った写真が撮れますよ。

高感度耐性

高感度耐性とは、暗い場所でも綺麗に撮影できるか分かる指標のことです。動物園は薄暗い場所が多く、また、フラッシュをたくこともできません。そのため、暗い場所でも綺麗に撮れる高感度耐性の高いカメラを選ぶことが重要です。高感度耐性の高さは、『常用ISO感度』の最大値で判断できます。

常用ISO感度の例

  1. ISO 100~12800
  2. ISO 100~6400

暗い場所でも、常用ISO感度6400で写真自体は撮れますが、常用ISO感度の最大値で撮影すると、写真にノイズと呼ばれるザラつきが出てしまいます。そのため、①のように常用ISO感度が高いカメラを選ぶと良いでしょう。動物園で撮影する場合は、常用ISO感度の最大値が12800以上を目安にしてください。

高感度耐性に限った話ではありませんが、一般的に古いカメラよりも発売日の新しいカメラの方が高感度耐性に優れています。これは単に、開発技術の向上が理由です。

ボディ内手振れ補正

一般的に、カメラを三脚に据えて撮影すると手振れが防げます。しかし、多くの人でにぎわう動物園では、周りの人の迷惑になるため、三脚の使用を禁止していることがほとんど。また、動物園での撮影は望遠レンズ(遠くを撮影できるレンズ)の使用が多いため、手振れが顕著に表れます。そのため、ボディに手振れ補正が搭載されたカメラを選ぶのがおすすめです。

手振れ補正は一般的に『○○段』と表記されていることが多く、この段数が大きいほど手振れしにくいカメラといえます。カメラ本体に手振れ補正が搭載されていない機種もありますが、その場合は手振れ補正機構が搭載されているレンズを選ぶと良いでしょう。

動物園での撮影におすすめのカメラ10選

ここからはGooPass編集部が選んだ動物園での撮影におすすめのカメラを10機種ご紹介します。最近発売された機種で人気の高い機種のみを選びました。

Canon EOS R5

最高20コマ/秒、動物瞳AF搭載で申し分なし。

2020年7月に発売されたフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『EOS R5』。高速連写性能は最高約20コマ/秒、動物瞳AF搭載、手振れ補正機構は約8.0段分と、動物撮影において現時点でNo.1と呼べるカメラの一つです。このカメラがあれば、光の少ない薄暗い場所や屋内展示でも、動き回る動物たちの一瞬一瞬を逃すことなく綺麗に撮影できます。今までスマホでは撮れなかったキラキラした瞳や、ごはんを食べている口の動きまで鮮明に撮れることに感動するでしょう。

製品名EOS R5
マウントキヤノンRFマウント
種類ミラーレス一眼
センサーサイズフルサイズ
有効画素数4500万画素
高速連写性能最高約20コマ/秒
AF性能測距点:1053点
動物瞳AF搭載
常用ISO感度ISO100~51200
手振れ補正機構最高約8.0段分
幅×高さ×奥行き138.5×97.5×88 mm
重量650g

■購入する場合は、438,000円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。

Canon EOS 7D MarkⅡ

eos7dmark2  canon カメラ 写真

オールクロス65点の測距点と10コマ/秒で、動く動物もバッチリ。

2014年10月に発売されたAPS-Cセンサー搭載の一眼レフカメラ『EOS 7D MarkⅡ』。動きのあるシーンでも確実に動物にピントが合わせられるオールクロス測距点は65点、高速連写性能は最高10コマ/秒です。そのため、素早く走り回るリスや、シロクマが水に飛び込む瞬間なども確実に写真に収められます。カメラ本体には手振れ補正機構が搭載されていません。そのため、手振れ補正機構が搭載されたレンズでカバーしましょう。レンズとカメラ本体がセットになった『EF-S18-135 IS USM レンズキット』のレンズには、手振れ補正機構が搭載されています。レンズキットはカメラ本体とレンズを別々に買うより安いので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

製品名EOS 7D Mark II 
マウントキヤノンEFマウント
種類一眼レフ
センサーサイズAPS-C
有効画素数2020万画素
高速連写最高約10コマ/秒
AF性能測距点:オールクロス65点
常用ISO感度ISO100~16000
手振れ補正機構-
幅×高さ×奥行き148.6×112.4×78.2 mm
重量820g

■購入する場合は、中古63,800円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

SONY α9

リアルタイムトラッキングでシャッターチャンスを逃さない。

2017年5月に発売されたフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『α9』。本機の特徴は「リアルタイムトラッキング」の搭載です。リアルタイムトラッキングとは、カメラが被写体を自動で追尾する機能のこと。このリアルタイムトラッキングによって、サルが遊具をぴょんぴょん移動する姿もピントが外れることなく撮影できます。また、操作性が良く、スマホと同様にモニターをタッチして追尾する被写体を選べるのも良い点です。連写性能は最高約20コマ/秒と非常に高いため、高速で動く小動物などの可愛い表情もバッチリ撮影できます。

製品名α9
マウントソニー Eマウント
種類ミラーレス
センサーサイズフルサイズ
有効画素数2420万画素
高速連写最高約20コマ/秒
AF性能測距点:693点
動物瞳AF搭載
リアルタイムトラッキング搭載
常用ISO感度ISO100-51200
手振れ補正機構最高約5.0段分
幅×高さ×奥行き126.9×95.6×63 mm
重量588g

■購入する場合は、352,550円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。

SONY α6600

初めての動物撮影カメラとして最適。

2019年11月に発売されたAPS-Cセンサー搭載のミラーレスカメラ『α6600』。本機の特徴は、APS-Cセンサーを搭載しながらも、AF性能が高い点です。測距点は425点、動物瞳AF搭載のため、初心者でも動物の決定的な瞬間を逃さず撮影できます。また、418gと軽量のため、一日中動物園を歩きながら撮影しても疲れにくいのも良い点。手軽にクオリティの高い動物写真を撮影したい方におすすめのカメラです。

製品名α6600
マウントソニー Eマウント
種類ミラーレス
センサーサイズAPS-C
有効画素数2420万画素
高速連写最高約11コマ/秒
AF性能測距点:425点
動物瞳AF搭載
常用ISO感度ISO100~32000
手振れ補正機構最高約5.0段分
幅×高さ×奥行き120×66.9×69.3 mm
重量418g

■購入する場合は、143,400円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。

SONY サイバーショット DSC-RX100M7

sony DSC-RX100M7 サイバーショット 写真

コンパクトなのに高性能なAFを搭載。

コンパクトデジタルカメラなら、2019年8月に発売された『サイバーショットDSC-RX100M7』がおすすめです。なぜなら、ポケットに入るコンパクトなサイズでありながら、ミラーレスカメラと変わらない高性能AFが搭載されているため。動物瞳AF、リアルタイムトラッキング搭載のため、動物の表情や動きを初心者の方でもピントを外すことなく撮影できます。レンズの焦点距離は24-200mm(35mm換算)なので、離れた場所にいる動物もアップで十分撮影可能です。

製品名DSC-RX100M7
マウント-
種類コンパクトデジタルカメラ
センサーサイズ1.0型
有効画素数2010万画素
高速連写最高約20コマ/秒
AF性能測距点:357点
動物瞳AF搭載
リアルタイムトラッキング搭載
常用ISO感度100-25600
手振れ補正機構最高約4.0段分
幅×高さ×奥行き101.6×58.1×42.8 mm
重量302g

■購入する場合は、130,625円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。

Nikon Z6Ⅱ

欠点が見つからない動物撮影に最適なミラーレス一眼カメラ。

2020年11月に発売されたフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『Nikon Z6Ⅱ』。連写性能は最高約14コマ/秒、動物瞳AF搭載、手振れ補正機構5.0段搭載と、動物園での撮影には申し分のない高性能なカメラです。フルサイズセンサー搭載のため、猛獣のふわふわした毛並みや爬虫類のゴツゴツした皮膚の質感なども鮮明に写せます。動物の質感や一瞬一瞬の動きを、逃すことなく綺麗に撮りたい方におすすめの1台です。

製品名Z6Ⅱ
マウントニコン Zマウント
種類ミラーレス一眼
センサーサイズフルサイズ
有効画素数2450万画素
高速連写最高約14コマ/秒
AF性能測距点:273点
動物瞳AF搭載
常用ISO感度ISO100~51200
手振れ補正機構最高約5.0段分
幅×高さ×奥行き134×100.5×69.5 mm
重量615g

■購入する場合は、239,199円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。

NikonZ50

Nikon Z50 ミラーレスカメラ 写真

万人におすすめしたい動物撮影のための入門カメラ。

2019年11月に発売されたAPS-Cサイズセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『Z50』。このカメラの特徴は、初心者の方でも簡単に良い動物写真が撮れる点です。その理由は、動物瞳AFが搭載されていて、ピントが外れにくいため。ボディ(カメラ本体)に手振れ補正機構は搭載されていませんが、付属のキットレンズ『NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR』と『NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 』には手振れ補正機構が搭載されているため、ビギナーでもブレにくい写真が撮れますよ。

製品名Z50
マウントニコン Zマウント
種類ミラーレス一眼
センサーサイズAPS-C
有効画素数2088万画素
高速連写最高約11コマ/秒
AF性能測距点:209点
動物瞳AF搭載
常用ISO感度ISO100~51200
手振れ補正機構-
幅×高さ×奥行き126.5×93.5×60 mm
重量395g

■購入する場合は、99,600円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。

FUJIFILM X-S10

小型ボディと6.0段の手振れ補正が魅力。

2020年11月に発売されたAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『X-S10』。本機の特徴は450gと小型でありながら、6.0段分のボディ内手振れ補正機構が搭載されている点。そのため、動き回る動物や室内展示の撮影にも安心して臨めます。また、4K/30P動画やフルHD/240Pハイスピード動画を撮影できるので、写真だけでなく動物の動画を楽しみたい方にもおすすめです。

製品名X-S10
マウント富士フイルム Xマウント
種類ミラーレス一眼
センサーサイズAPS-C
有効画素数2610万画素
高速連写最高約20コマ/秒
AF性能測距点:425点
常用ISO感度ISO160~12800
手振れ補正機構最高約6.0段分
幅×高さ×奥行き126×85.1×65.4 mm
重量415g

■購入する場合は、118,694円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

LUMIX DC-S5

動物AF搭載&6Kフォトが魅力。

2020年9月発売のフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『LUMIX DC-S5』。このカメラの特徴は、動物の体を丸ごと認識してくれる動物AFが搭載されている点です。丸くなって目を閉じているキツネも独特な体型のフクロウにもピントが合い、その姿を確実に写真に収められます。

高速連写性能は最高約7コマ/秒と物足りなさを感じますが、パナソニックならではの「6Kフォト」を活かして動画から静止画を切り出せば問題ありません。6Kフォトは約1800万画素と、静止画に匹敵するほどの高画質。さらに、動画撮影の最新技術を利用しているので、超高速連写に等しい写真を簡単に作ることも可能です。

製品名LUMIX DC-S5
マウントライカLマウント
種類ミラーレス一眼
センサーサイズフルサイズ
有効画素数2420万画素
高速連写最高約7コマ/秒
AF性能測距点:225点
動物AF搭載
常用ISO感度ISO100~51200
手振れ補正機構最高約5.0段分
幅×高さ×奥行き132.6×97.1×81.9 mm
重量630g

■購入する場合は、206,955円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。

PENTAX K-70

圧倒的な高感度耐性でナイトZOOも綺麗に撮れる。

2016年に発売されたAPS-Cセンサー搭載の一眼レフカメラ『PENTAX K-70』。このカメラの特徴は、高感度耐性の高さです。常用ISO感度は「ISO100~102400」と非常に高く、夜の展示イベントもなんのその。昼間は見られない活動的な動物たちの様子を鮮明に撮影できるでしょう。また、防塵防滴対応なので、砂塵が舞っていることもある動物園でも安心して撮影できます。

製品名PENTAX K-70
マウントペンタックス Kマウント
種類一眼レフ
センサーサイズAPS-C
有効画素数2424万画素
高速連写最高約6コマ/秒
AF性能測距点:11点
常用ISO感度ISO100~102400
手振れ補正機構最高約4.5段分
幅×高さ×奥行き125.5×93×74 mm
重量628g

■購入する場合は、56,232円(税込)(2021/6/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

まとめ

ミーアキャット 群れ 動物園 撮影 写真

動物園での撮影におすすめのカメラを10機種、ご紹介しました。動物園での撮影では、ミラーレス一眼カメラや一眼レフ、コンデジなどズームしても画質が粗くならず、動物たちを綺麗に写せるカメラがおすすめです。カメラを選ぶ際は、動く動物たちを確実に写真に収められる「AF性能」や「高速連写性能」、薄暗い場所でもブレずに綺麗に撮れる「高感度耐性」や「ボディ内手振れ補正」を重視すると良いでしょう。値段は張ってしまいますが、スマホより格段にクオリティの高い動物写真が撮れるはずです。ぜひ、あなたにぴったりのカメラを見つけて、動物園撮影を楽しんでくださいね。どのカメラにするかまだ悩んでいるという方は、レンタルして試してみるのもアリですよ。

動物園に持っていきたいカメラ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる