GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

自然光(天気・時間帯・光の向き)をマスターして、愛犬の可愛さUP!

犬 カメラ 光 自然光 青空 木

普段の生活の中ではそれほど意識することはないかもしれませんが、写真を撮るうえで光はとても重要です。なぜなら、光の当たり方によって、写真の良し悪しが決まるから。

写真を撮るときに、1番最初に考えたいことは、どんな強さの光がどんな方向から当たっているかということ。

この記事では、自然光(太陽の光のこと)を利用して、犬を魅力的に撮影できる天気や時間帯、光の向きについて解説します。光の強さや当たり方による効果を知ると、撮りたいイメージに合った写真が撮れるようになります。また、柔らかい光で撮ると、ワンちゃんをふんわり可愛らしく撮影できます。闇雲に撮影せず、まずは光について知りましょう。

目次

犬を魅力的に写す『自然光』とは

犬 太陽 逆光 順光 サイド光 カメラ 撮影

自然光とは太陽の光のこと。犬をより魅力的に、犬らしく写すには、この自然光を利用するのがおすすめです。屋内で撮影会のように撮影するのも良いですが、犬の良い表情やアクションが出るのは、やはり屋外。

自然光は、天気や時間によって光の強さや角度が左右されるのが弱点ですが、逆に天気や時間を意識すれば、愛犬の可愛さやカッコよさを引き出した写真が撮れます。また、花畑などの周りの景色を活かしたり、ふんわりとした写真や幻想的な写真が撮れるのも良い点。初心者の方でも自然光の見方を理解すれば、簡単に良い雰囲気の写真が撮れますよ。

犬を自然光で撮影するときに意識したい天気

犬 太陽 逆光 順光 サイド光 カメラ 撮影

自然光(太陽の光)の強さは天気によって大きく異なります。そのため、天気によっては、ワンちゃんがより可愛く写ったり、逆にキツく写ることも…。その日の天気を意識して、必要に応じて工夫しながら撮影しましょう。

曇りの日、雲の多い晴れの日がおすすめ

犬 太陽 逆光 順光 サイド光 カメラ 撮影
曇りの日の13:00頃に撮影

雲一つない晴天が撮影日和だと思われるかもしれませんが、実は曇りの日や雲の多い晴れの日に撮影するのがおすすめです。

太陽が雲に覆われているため、光が弱く、彩度・コントラストともに低くなり、ふんわり柔らかい印象の写真が撮れます。また、太陽の方に犬の顔を向けても、キツい印象にならず、キャッチライト(犬の目に入る光のこと)が入れられるのでおすすめ。さらに、淡い色や明るい色の花と一緒に撮影しても、花が白飛びすることがなく、犬と花どちらも綺麗に撮れます。

弱いながら太陽光が感じられる雲の多い晴れの日は、柔らかさの中にも立体感が出て、周りの花々も色彩豊かに写せるのでおすすめです。

快晴日は要注意

犬 太陽 逆光 順光 サイド光 カメラ 撮影
快晴の日の9:00頃に撮影

雲のない快晴の日は、光が強く、犬や写真全体がキツい印象になります。また、犬の顔に影が入り、顔が真っ暗に写ってしまいます。なんとかしようと、露出補正で犬の顔を明るくすると、今度は背景の明るい色の花々が白飛びに…。

また、光が強いため細かい影たくさんできて、写真全体がなんだか汚い印象になりがちです。草の色が反射して色被り(犬が緑色っぽく写る)する場合もあるので、快晴での撮影はあまりおすすめできません。

でも、「撮影日に行く!」と決めた日が、雲一つない良い天気のときもありますよね。そんなときは影を探しましょう。晴れの日は犬を陰に入れて撮影すると、犬に当たる光を弱くできます。また、意図的に影を作るのもおすすめ◎。半透明の傘を使って影を作り、犬を傘の陰に入れると犬に当たる光が和らぎますよ。

犬を自然光で撮影するときに意識したい時間帯

時計 白い カメラ 撮影

撮影する時間帯によっても光の強さや光の当たる角度は変わります。なぜなら、太陽の位置が時間によって変化するから。

時間帯によっては顔に影が入り、ワンちゃんがブサイクに写ることも…。時間を見極めて、撮影に出かけるのがおすすめです。

早朝・夕方がおすすめ

犬 自然光 夕方 朝 太陽 逆光 順光 サイド光 カメラ 撮影
太陽の位置
犬 カメラ 夕方 撮影 紫
18:00頃に撮影

青空の出る晴れの日でも早朝や夕方であれば、光が弱くなるのでおすすめです。また、太陽の位置が低いので、光が当たる角度が小さく、エッジライト(犬に光のフチができること)を作ることも。

午前中の朝日はクリアで爽やかな光、日が傾く夕日はオレンジやピンクなどノスタルジックな光に。撮りたい雰囲気に合わせて、撮影に出かければワンちゃんをより魅力的に撮影できること間違いなしです。

真昼間は避ける

犬 カメラ 太陽 位置 昼間
太陽の位置
11:00頃撮影

太陽が高い位置にある11時~14時頃の撮影は避けましょう。光が犬の真上から当たるため、犬の顔に影ができて綺麗に写りません。また、光も強い時間帯なので、キツい印象の写真になりがちです。

特に、夏から秋にかけては、気温が高く一番暑い時間帯なので、あまりおすすめできません。ワンちゃんの安全のためにも避けた方が良いでしょう。

自然光の向き『逆光』『順光』『サイド光』を使い分ける

犬 太陽 逆光 順光 サイド光 カメラ 撮影
太陽が犬に当たる向き
  1. 逆光
  2. 順光
  3. サイド光

光の当たる向きは、大きく分け3つあります。

逆光は犬の後ろに光が当たること。順光は犬の前から光が当たること。サイド光は犬の横から光が当たることです。これらの光の向きによっても写真のイメージは、大きく異なります。そのため、撮りたいイメージに合わせて自分が動きながら、ワンちゃんに当たる光を決めましょう。

【おすすめ】逆光でふんわり、キラキラタッチ

犬 太陽 逆光 カメラ 撮影
犬 太陽 逆光 ダルメシアン 玉ボケ カメラ 撮影

犬の後ろに太陽があるように動き逆光で撮影すると、犬はふんわり、背景はキラキラして可愛い写真が撮れます。犬を撮る場合に、一番おすすめの光の向きです。ただし、逆光は犬の顔側に影ができます。そのため、ワンちゃんの顔が明るく見えるまで露出をプラスに補正しましょう。

また、背景に木漏れ日や水面の反射などキラキラ光るものがあると、玉ボケ(キラキラとした丸い光のこと)ができて華やかな写真が撮れます。さらに、ひげや毛の一本一本が輝いている写真が撮れます。

撮影画面に太陽を直接入れると、フレア(写真全体が白っぽくなること)やゴースト(写真に丸い光の帯が写り込むこと)が発生するので注意してくださいね。

順光で背景も含めてカッコよく

犬 太陽 順光 カメラ 撮影
犬 太陽 順光 自然光 カメラ 撮影

犬の前に太陽があるように動き、順光で撮影すると背景が鮮やかでカッコイイ写真が撮れます。

順光の場合、犬の顔に直接光が当たるので、ワンちゃんは眩しい顔になりがちです。また、光が直接犬の正面に当たるので、ワンちゃんはキツい印象に写ります。その一方、背景は色鮮やかでクッキリとした仕上がりに。そのため、犬を大きく写すアップの写真より、背景をいれた引きの写真がおすすめです。背景全体を入れると、ポップでカッコイイイメージの写真に仕上がりますよ。

また、空を撮影する場合、順光が一番空が青くきれいに写ります 鮮やかな空とワンちゃんを一緒に撮りたいときは順光で撮影しましょう。ワンちゃんを元気いっぱいに写したい、大型犬などをモデルにカッコイイ印象の写真が撮りたい場合は、順光を意識すると良いでしょう。

サイド光で立体的に

犬 太陽 サイド光 カメラ 撮影
犬 太陽 サイド光 自然光 カメラ 撮影

犬の横に太陽があるように動き、サイド光で撮影するとメリハリの効いた立体感のある写真が撮れます。一つの写真の中に影と光が共存するので、ドラマティックでミステリアスな雰囲気の写真に。犬の顔を太陽の方に向けるとキャッチライトが入り、凛とした写真が撮れるでしょう。

また、太陽が低い位置にある早朝や夕方は長い影が出て、影を使った面白い撮影も楽しめます。

まとめ

犬 太陽 逆光 順光 サイド光 カメラ 撮影 コーギー

ワンちゃんをより可愛らしく印象的に写す自然光を活かした天気や時間帯、光の向きについて解説しました。

犬にどんな光が当たっているかによって、写真の印象は大きく変わります。「こういうイメージで撮りたいから、朝カメラを持って出かけよう」「こう光が当たっているから、露出をプラスに補正しよう」というように、光を意識しながら写真を撮ると、今まで以上に魅力的な写真が撮れるはず。愛犬の可愛さを引き出すためにも、写真を撮る前にぜひ一度周りをよく見て、光を見極めましょう。

犬 カメラ 光 自然光 青空 木

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる