GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

愛犬の撮影にオススメのレンズ10選

愛犬の撮影にオススメのレンズ

「ドッグランで元気いっぱい走る姿を撮影できるレンズが欲しい」「菜の花畑の中でふんわり可愛い写真が撮れるレンズが知りたい」など、犬の飼い主であれば、愛犬を魅力的に撮影できるレンズが欲しいと思うのは当然です。

しかし、レンズは種類が豊富で値段が高いものも多く、「愛犬の撮影に最適なレンズが分からない…」と困っている方も多いでしょう。

そこで今回は、愛犬の撮影にオススメのレンズ10選をご紹介。使用用途に合わせたレンズの選び方や、オススメのレンズの種類も解説しています。本記事を参考に、愛犬をよりチャーミングに写せるレンズを見つけてみてください。

目次

愛犬の撮影にオススメのレンズを選ぶポイント

  1. 明るさ
  2. サイズ・重量
  3. 手振れ補正

ワンちゃんの撮影に最適なレンズを選ぶ際は、上記の3つを重視すると良いでしょう。

明るさ

ワンちゃんを撮影する場合は、明るいレンズを選びましょう。明るいレンズとは、開放F値(絞り値)が小さいレンズのこと。開放F値の小さいレンズを一般的に「大口径レンズ」と呼びます。

大口径レンズは、背景が大きくボケて、ふんわりとした可愛い写真が撮れる点が特徴です。ふんわりとボケた背景にワンちゃんが包まれているような、優しい雰囲気の写真が撮れます。

また、大口径レンズは光を多く取り込めるため、シャッタースピードを稼げる点もポイントです。室内は外に比べて暗いため、シャッタースピードを稼ぎにくいのですが、大口径レンズならシャッタースピードを落とさず撮影できます。シャッタースピードがキープできると、手振れや被写体ぶれをしにくいため、室内で遊んでいるシーンもぶれずに撮影可能です。

サイズ・重量

ワンちゃんの場合、室内だけでなく屋外で撮影したい方も多いのではないでしょうか。屋外で撮影したい場合は、お出かけやお散歩でも荷物になりにくい小型・軽量なレンズがオススメです。特に、「アウトドアや旅行にカメラを持って行きたい」という方は、サイズや重量を重視してレンズを選ぶと良いでしょう。

また、レンズが軽いと、右手でシャッターボタンを押しながら、左手でおやつを持って視線誘導などもできます。撮影自体もしやすくなるため、ワンちゃんの撮影には小型・軽量なレンズがオススメです。

手振れ補正

手振れ補正機構が搭載されたレンズを選びましょう。手振れ補正は室内での撮影や、夜の撮影で役立つ機能です。室内は屋外と異なり光が少なく暗いため、シャッタースピードを下げて撮影する必要があります。そのため、シャッタースピードを下げても手振れを抑えられる、手振れ補正機構が搭載されているかが重要です。また、手振れ補正は夜景撮影でも重要な機能。夜も室内と同様に光が少ないため、手振れしやすいからです。イルミネーションなどの美しい夜景と、ライトに照らされた愛犬をセットで綺麗に収められるでしょう。

愛犬の撮影にオススメなレンズの種類

  1. 単焦点レンズ
  2. 望遠ズームレンズ

ふんわり可愛い写真が撮りたい場合は『単焦点レンズ』、外で元気に遊んでいる姿を撮りたい場合は『望遠ズームレンズ』を選ぶと良いでしょう。

単焦点レンズ

単焦点レンズとは、50mmや85mmなど焦点距離が固定されたレンズのこと。単焦点レンズはF値が小さい大口径レンズが多いため、背景が大きくボケた、明るい写真を撮れる点が特徴です。ワンちゃんをアップにして背景をぼかしたり、室内でも画質を落とさずに明るく撮影したりできます。ただし、焦点距離が変えられないため、ワンちゃんを大きく写したければ自分が近づく、小さく写したければ離れて撮らなければいけません。

室内で愛犬を撮影したい場合は、スペースの狭い場所でも撮影しやすい35mmや50mmといった、焦点距離の単焦点レンズを選ぶと良いでしょう。背景の余分な物や家具がボケて、ワンちゃんが際立つふんわり可愛らしい写真が撮れます。

一方、屋外で撮影したい場合はワンちゃんをアップで写せる50mm、85mmの単焦点レンズがオススメです。花畑などで撮影すると、背景や前景が大きくボケた華やかな写真が撮れます。

望遠ズームレンズ

望遠ズームレンズとは、遠くの被写体を大きく写せる焦点距離の長いズームレンズのことです。望遠ズームレンズは、ドッグランなどの屋外で、元気に走り回るワンちゃんを撮影したい場合にオススメ。遠くにいる愛犬の表情を大きくハッキリと写せます。また、望遠ズームレンズは焦点距離が長いため、背景が大きくボケる点も魅力です。

ワンちゃんを撮影する場合は、焦点距離70-200mmの望遠ズームレンズを選ぶと良いでしょう。ドッグランにいる場合やアジリティをしている場合などでも、遠くにいるワンちゃんの表情までハッキリと写せます。

また、200mm付近では、望遠レンズの圧縮効果(写真の遠近感が弱まる)で花畑の花が密集した華やかな写真を撮ることも可能です。花の色が際立つ写真が撮れるため、SNS映えしやすい写真が撮れます。

愛犬の撮影にオススメのレンズ10選

Canon EF85mm F1.4L IS USM

ふんわり柔らかな画が魅力のポートレート向けレンズ。

Canonから発売されているEFマウント対応の大口径単焦点レンズ『EF85mm F1.4L IS USM』。開放F値が1.4と小さく、焦点距離が85mmと中望遠のため、大きなボケを活かした柔らかい写真が撮れるレンズです。屋外でふんわり可愛いおすましショットを撮る場合に特にオススメ。背景はふんわりとぼかしつつ、前ボケを大きく入れて、華やかさを演出した写真が簡単に撮れます。

また、本レンズは約4.0段分の手振れ補正機構を採用。光量の少ない室内や夜間でも、手振れを抑えた撮影ができます。

製品名EF85mm F1.4L IS USM
マウントキヤノン EFマウント
レンズタイプ大口径単焦点レンズ
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.85cm
フィルター径77mm
最大径×長さ88.6x105.4 mm
重量950g
そのほか手振れ補正機構、防塵防滴

■購入する場合は、160,380円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。
■GooPassなら10,780円(税込)で1週間レンタルできます。

Canon RF70-200mm F4 L IS USM

超コンパクト&超高画質な望遠ズームレンズ。

Canonから発売されているRFマウント対応の望遠ズームレンズ『RF70-200mm F4 L IS USM』。本レンズ最大の魅力は、コンパクトです。サイズは、83.5x119 mm(最大径×長さ)と、大きめのマグカップ程度。普段のお散歩バッグにもすっぽり入るため、気軽に持ち出して撮影できます。また、本レンズはCanon最高峰のプロ向けレンズ『Lレンズ』。人工結晶の蛍石、スーパーUD、UDレンズ、大口径高精度非球面レンズなどの特殊光学材料を採用した超高性能レンズです。そのため、ワンちゃんの毛の一本一本や、瞳の輝きまで繊細に描写してくれます。コンパクトさを求めたいけれど、画質で妥協したくないという方にオススメです。川遊びや山登りなどのアウトドアでも、ワンちゃんや景色を鮮明に写しだしてくれるでしょう。

製品名RF70-200mm F4 L IS USM
マウントキヤノン RFマウント
レンズタイプ望遠ズームレンズ
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.6m
フィルター径77mm
最大径×長さ83.5x119mm
重量695g
そのほか手振れ補正機構、防塵防滴

■購入する場合は、189,392円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。
■GooPassなら10,780円(税込)で1週間レンタルできます。

SONY FE 35mm F1.8 SEL35F18F

室内撮影に最適な寄れる単焦点レンズ。

SONYから発売されているEマウント対応の大口径単焦点レンズ『FE 35mm F1.8 SEL35F18F』。本レンズは、室内での撮影に最適なレンズです。その理由は、焦点距離とレンズの明るさ。35mmの焦点距離は、狭い室内でも愛犬と距離を保って撮影できます。また、開放F値が1.8のため、暗い室内でもISO感度を上げすぎず、明るく綺麗に撮影可能。さらに、最短撮影距離が0.22mと短いため、ワンちゃんの瞳や肉球にグッと寄った撮影ができる点もメリットです。

本レンズは、SONY製APS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラにも装着可能。35mm判換算52.5mm相当の大口径標準単焦点レンズとしても使用できます。

製品名FE 35mm F1.8 SEL35F18F
マウントソニー Eマウント
レンズタイプ大口径単焦点レンズ
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.22m
フィルター径55mm
最大径×長さ65.6x73mm
重量280g
そのほか手振れ補正機構、防塵防滴

■購入する場合は、60,339円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら10,780円(税込)でレンタルできます。

SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z

ドラマチックな描写が魅力の単焦点レンズ。

SONYから発売されているEマウント対応の大口径単焦点レンズ『Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z』。本レンズ最大の特徴は、何を撮っても画になるドラマチックな写りです。本レンズはツァイスレンズと呼ばれ、光学性能に徹底的にこだわり設計されています。情感まで描写するといわれるツァイスレンズは、階調、色再現、透明感、立体感、ボケ味など、被写体の微細な質感まで再現可能です。ツァイスレンズならではの美しい写りと繊細な描写は、ワンちゃんをより魅力的に写しだしてくれること間違いなし。焦点距離は50mmと、室内でも屋外でも使いやすいため、最初の1本で迷っているという方にオススメです。

製品名Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z
マウントソニー Eマウント
レンズタイプ大口径単焦点レンズ
絞り羽根枚数11枚
最短撮影距離0.45m
フィルター径72mm
最大径×長さ83.5x108mm
重量778g
そのほか防塵防滴

■購入する場合は、148,989円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら15,180円(税込)でレンタルできます。
■GooPassなら10,780円(税込)で1週間レンタルできます。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN [ソニーE用]

隙のないシャープな描写が魅力の中望遠単焦点レンズ。

SIGMAから発売されているSONY Eマウント対応の単焦点レンズ『85mm F1.4 DG DN』。本レンズの特徴は、開放F1.4からのシャープな描写です。その理由は、光学性能を極限まで追求し、ピントが合っている部分周辺の色収差を重点的に補正しているため。本レンズであれば、開放F1.4で撮影してもコントラストが落ちず、ワンちゃんのふんわりした毛並みを丁寧に描写してくれます。また、細部までコントラストが維持されているので、大きくクロップしてもクリアな画質が楽しめる点も魅力です。ワンちゃんの一生懸命走っている顔を大きく切り取ることもできます。
85mmの単焦点レンズは重くて大きいモデルが多いですが、本レンズは625gと軽い点も特徴の1つ。お散歩に持って行ったり、庭で遊んだり、日常使いも楽しめるレンズです。

製品名85mm F1.4 DG DN
マウントソニー Eマウント
レンズタイプ大口径単焦点レンズ
絞り羽根枚数11枚
最短撮影距離0.85m
フィルター径77mm
最大径×長さ82.8x96.1mm
重量625g
そのほか手振れ補正機構、防塵防滴

■購入する場合は、95,750円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら10,780円(税込)でレンタルできます。

TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)

「重い」「デカい」の常識を覆す、"超軽量"望遠ズームレンズ。

TAMRONから発売されているSONY Eマウント対応の望遠ズームレンズ『70-180mm F/2.8 Di III VXD』。本レンズ最大の特徴は、軽さです。一般的な「70-200mmF2.8」のレンズの重さは1.5kg前後。本レンズは810gと、約半分ほどの重さです。そのため、小型・軽量なSONYαシリーズとの相性も抜群。ワンちゃんとの旅行など「荷物は減らしたいけれど、望遠ズームレンズで走っている写真も撮りたい」という時にオススメです。

製品名70-180mm F/2.8 Di III VXD
マウントソニー Eマウント
レンズタイプ望遠ズームレンズ
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.85m
フィルター径67mm
最大径×長さ81x149mm
重量810g
そのほか-

■購入する場合は、105,700円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Nikon NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

美しいボケと卓越した解像度を兼ね備えた、ハイクラスな単焦点レンズ。

Nikonから発売されているZマウント対応の大口径単焦点レンズ『NIKKOR Z 50mm f/1.2 S』。本レンズの特徴は、開放F1.2の美しいボケです。ピントの合っている部分から徐々に緩んでいくボケのグラデーションは、まさに極上。1枚写真を撮っただけで、このレンズにして良かったと思えるほどの写りです。また、コントラストと解像度が高く、クリアな描写も魅力。光が無理に屈折せずにイメージセンサーへと届くため、収差がしっかりと抑えられています。愛犬との思い出を記録ではなく、作品にしたいという方にオススメのレンズです。

製品名NIKKOR Z 50mm f/1.2 S
マウントニコン Zマウント
レンズタイプ大口径単焦点レンズ
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.45m
フィルター径82mm
最大径×長さ89.5x150mm
重量1090g
そのほか防塵防滴

■購入する場合は、160,380円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。
■GooPassなら13,800円(税込)で1週間レンタルできます。

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

風景もアップショットも撮れるオールマイティーなズームレンズ。

Nikonから発売されているFマウント対応の高倍率ズームレンズ『AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR』。DXフォーマットのみ対応のため、APS-Cセンサー搭載のカメラで27-450mmまでカバー(35mm判換算で18-300mm)。そのため、1本でさまざまなシーンをカバーできます。27mm付近では、風景と愛犬同時に写したダイナミックな写真を撮影可能。一方、450mm付近では、アジリティ競技会に出場している愛犬を遠くから撮影することもできます。本体重量は550gと非常に軽いため、ワンちゃんとの旅行にも最適です。

製品名AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
マウントニコン Fマウント
レンズタイプ高倍率ズームレンズ
絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.48m
フィルター径67mm
最大径×長さ78.5x99mm
重量550g
そのほか手振れ補正機構

■購入する場合は、77,067円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 II/POWER O.I.S. H-HSA35100

ズーム全域でF2.8を実現したライトな望遠ズームレンズ。

Panasonicから発売されているマイクロフォーサーズマウント対応の大口径望遠ズームレンズ『LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 II/POWER O.I.S. H-HSA35100』。本レンズの特徴は、高い機動力です。わずか357gながら、焦点距離70-200mm(35mm判換算)全域をF2.8 でカバー。ドッグランや、キャンプにも気軽に持ち出せて、いつでもシャッターチャンスを狙える望遠ズームレンズです。また、防塵・防滴仕様のため、屋外でも汚れや雨を心配せずに撮影できます。

製品名LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 II/POWER O.I.S. H-HSA35100
マウントマイクロフォーサーズマウント
レンズタイプ大口径望遠ズームレンズ
絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.85m
フィルター径58mm
最大径×長さ67.4x99.9mm
重量357g
そのほか手振れ補正機構、防塵防滴

■購入する場合は、90,971円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

FUJIFILM フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

ふんわり可愛い写真が撮りたい方にオススメの単焦点レンズ。

FUJIFILMから発売されているXマウント対応の大口径単焦点レンズ『フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR』。137mm(35mm判換算)の焦点距離と、開放F2.0の明るさは大きなボケを生み出します。お花畑でのポートレート撮影など、ワンちゃんをふんわり可愛らしく撮りたい場合に最適です。また、「クアッド・リニアモーター」により、最速0.14秒の高速かつ正確なAFが可能。ポートレートだけでなく、屋外で走っているワンちゃんもピンボケすることなく撮影できます。

製品名フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR
マウントFUJIFILM Xマウント
レンズタイプ大口径単焦点レンズ
絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.6m
フィルター径62mm
最大径×長さ75x105mm
重量540g
そのほか防塵

■購入する場合は、99,800円(税込)(2021/8/17現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

まとめ

チワワ ホワイト 写真 カメラ 一眼 レンズ

今回は「愛犬の撮影にオススメなレンズ10選」をご紹介しました。ふんわり可愛い写真を撮りたいなら単焦点レンズ、屋外で走り回るワンちゃんを撮りたいなら望遠ズームレンズがオススメです。どちらのレンズも、大きなボケでワンちゃんの可愛さを引き立ててくれるはず。ぜひこの記事を参考に、ワンちゃんをより魅力的に写すベストなレンズを選んでみてください。

愛犬の撮影にオススメのレンズ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる