GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

うるうる瞳にノックアウト!愛犬の可愛さを引き立てる『キャッチライト』とは?

犬 花 撮影 キャッチライト カメラ 一眼レフ ミラーレス

「愛犬を撮影したけど、なんだかブサイク」「周りの景色は綺麗なのに、表情が暗くて可愛くない」。そんなときはキャッチライトが入っているか確認しましょう。

ある程度カメラの設定や写真の撮り方を理解したら、意識したいのがキャッチライト。キャッチライトは、ワンちゃんを活き活きと見せて、キラキラしたつぶらな瞳を演出してくれる犬撮影の必須テクニックです。

この記事では、そんなキャッチライトの入れ方をご紹介します。テクニックとはいえ、難しいことではありません。少し意識するだけで、愛犬のうるうるした可愛い瞳が写真で再現できるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

キャッチライトとは『瞳に入る光のこと』

キャッチライトあり(屋内でストロボ使用)
キャッチライトなし

キャッチライトとは、写真を撮ったときに犬の瞳に入る白いキラキラした光のことです。撮った写真を選ぶ際も、キャッチライトが入っている写真を自然と選ぶことが多いのではないでしょうか?

キャッチライトが入るとワンちゃんの瞳が活き活きと輝き、より可愛らしい印象に。瞳のうるうる感も演出できます。

目のほとんどが黒目である犬は、このキャッチライトが入っていないとホラー映画に出てくる幽霊のような怖い顔に写ってしまいます(写真右)。そのため、積極的にキャッチライトを入れましょう。

キャッチライトの入れ方

  1. 犬に上を向かせる
  2. 犬を白い椅子に乗せる
  3. 白い紙を地面に置く
  4. LEDを使う
  5. レフ板を使う
  6. ストロボを使う

キャッチライトを入れるには、犬の目の方向に太陽などの「光(光源)があること」が第一前提です。全く光源が無い室内や、屋外であっても光が全く差し込まないような日陰の状態ではキャッチライトを入れることは不可能です。そのような場合は、ストロボなどで人工的に光を作るしかありません。

とはいえ、ストロボなどの機材を持っていなくても大丈夫!基本的には太陽の光を意識したり、お家にあるものを活用すればOKです。これらの方法はキャッチライトが入るだけでなく、逆光撮影など犬の顔に影が出てしまう場面でも犬の顔を明るく写せる一石二鳥の方法です。ぜひチャレンジしてみてください。

犬に上を向かせる

犬 カメラ 撮影 キャッチライト ゴールデンレトリバー 子犬

ワンちゃんが上を向くように視線を誘導しましょう。どうして上を向かせるかというと、太陽の光を目に入れたいから。太陽の光が目に入れば、キャッチライトが簡単に入ります。また、顔が上に向くことで、ワンちゃんの表情も明るく見えます。

ただし、順光(犬の顔の真正面に太陽がある状態)だと太陽が眩しすぎるので注意しましょう。前方斜め前くらいから光が差し込む角度にワンちゃんを移動させて撮影すると良いですよ。

また、屋内で撮影する場合も、照明のある天井を向かせるとキャッチライトが入りやすくなります。

とはいえ、1人で撮影する場合はカメラの操作とワンちゃんの視線誘導の両方を行なうのは難しいですよね?そんなときは、リモートシャッターを活用するなど、工夫して撮影すればキャッチライトを入れられますよ。

上を向かせる
価格
0円
メリット デメリット
特別な機材が必要ないので簡単
犬の表情が明るく見える
1人だと難しい

犬を白い椅子に乗せる

椅子 撮影 犬 白 キャッチライト

犬を白い椅子に乗せるのも効果的です。太陽の光を白い椅子の座面が反射して、椅子に乗っているワンちゃんにキャッチライトが入るためです。直接顔に光を当てるのではなく、あくまで反射した光が顔に当たるので、光が柔らかくふんわりとした写真が撮れます。白い椅子でなくても、白いタオルや紙を椅子に引いてあげればキャッチライトが入りますよ。

椅子は小さいワンちゃんでも高さが出るので、背の高い花と一緒に写真を撮るにも便利。また、高さがあるので、ワンちゃんもじっとして撮影を頑張ってくれるはずです。

椅子はデザインにこだわらなければ、ワンコインで購入できるのも良いところ。撮影用の椅子を販売されている作家さんもいらっしゃいます。ただし、犬が乗れるサイズとなると、そこそこの大きさがあるので、持ち運びは少々大変です。

椅子
価格
500~7,000円程度
メリット デメリット
光が柔らかい
高さが出せる
持ち運びにくい

白い厚紙を地面に置く

キャッチライト 白い厚紙 犬 カメラ 撮影

白い厚紙も椅子と同じ効果で、光を反射してくれます。そのため、簡単にキャッチライトが入ります。ワンちゃんの場合は、厚紙を地面に置いて、撮影すると良いでしょう。ただし、撮影する角度によっては撮影した写真に厚紙が写り込んでしまうので注意しましょう。ローアングル(犬を下から見上げて撮ること)など紙が写り込まない角度を探して撮影しましょう。

厚紙
価格
100~500円程度
メリット デメリット
光が柔らかい
持ち運びやすい
紙が写らないよう注意する必要がある

LEDライトを使う

LEDライト リングライト 撮影 キャッチライト カメラ 一眼レフ ミラーレス

LEDライトも簡単にキャッチライトが入るので便利です。Youtuberが使っているような自撮り用のリングライトは値段も安く軽いのでおすすめ。飼い主さんが手に持ってワンちゃんの顔を照らせば、簡単にキャッチライトが入ります。

ただし、屋外など太陽の光が強いシーンでは、安価なLEDライトだと光量が足りず、キャッチライトが入らないことも…。その場合はサイズの大きいものや、撮影用の光量の多いLEDライトを使うと良いでしょう。

LEDライトは電源を入れれば光っぱなし。そのため、光がどう当たっているかを撮影画面で確認しやすく、初心者の方でも意外と簡単に使えます

LEDライト
価格
2,000~40,000円程度
メリット デメリット
比較的簡単に使える
軽い
安価なものだと光量が足りない

レフ板を使う

レフ板 キャッチライト 撮影 犬 カメラ

レフ板とは光を反射する撮影機材のことです。太陽の光をレフ板で反射することでキャッチライトを入れられます。椅子と同様に、光を反射させて犬に当てるので、柔らかくふんわりとした写真が撮れます。

犬の場合は直径60cm前後のレフ板であれば、キャッチライトが入れられるかつ、全身を明るく撮影できます。ただし、直径60cmとなると、犬自身より大きい場合も…。大きな物を怖がる子もいるので要注意です!写真嫌いにならないためにも、慎重に使いましょう。また、1人で撮影しながら、レフ板を当てるのは至難の業です。1人でレフを使用して撮影したい場合は、レフ板用ホルダーなどが必要です。

レフ板
価格
1,500~3,000円程度
メリット デメリット
光が柔らかい 1人で撮影するのが難しい
犬が怖がる可能性がある

ストロボを使う

ストロボ 犬 撮影 キャッチライト カメラ 一眼レフ ミラーレス

ストロボとは、瞬間的に発光するカメラ機材のことです。フラッシュとも呼びます。ストロボを使えば、太陽やライトなどの光源が無い場所でも、人工的に光が作れます。そのため、キャッチライトを入れるのもも思いのまま!ストロボ自体は、ある程度の光量があればどんなものでも大丈夫です。

ストロボは強い光を当てることもできるので、犬の顔に影ができやすい屋外での逆光撮影でも簡単にキャッチライトを入れられ、さらに顔の影も消してくれます。また、サイズはマグカップ程度なので、持ち運びもしやすく便利な機材です。

そんな便利なストロボですが、操作方法や光の当て方については勉強が必要です。その分、様々なライティング(光をコントロールして撮影すること)が楽しめるので、ある程度撮影に慣れてきたら使ってみてほしい機材です。

ワンちゃんの目に良くないので、強い光を何度も当てて撮影するのはやめましょう。

ストロボ
価格
30,000~50,000円程度
メリット デメリット
光量が多い
持ち運びがしやすい
様々なライティングが楽しめる
使い方の勉強が必要

まとめ

今回は、キャッチライトの必要性とキャッチライトの入れ方を6つご紹介しました。ストロボなどハードルの少し高いものもありますが、まずは太陽とワンチャンの顔の向きを意識しながら撮影してみてください。キャッチライトが入ると、ワンちゃんはより可愛く、写真自体も主役のワンちゃんが引き立った写真が撮れるはず!可愛い愛犬、ぜひより一層可愛く撮影してあげてください。

犬 花 撮影 キャッチライト カメラ 一眼レフ ミラーレス

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる