GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

神奈川県でオススメの野鳥撮影スポット5選!最適なレンズや季節も解説

神奈川県の野鳥撮影スポット

みなとみらいなどの都会的な観光地が多い神奈川県ですが、中心部から少し離れると、野鳥が暮らす自然豊かなスポットがたくさんあります。それらのスポットでは、シジュウカラなどの林の鳥から水鳥、渡り鳥まで幅広く撮影可能。また、アオバトやヤマシギといった珍しい野鳥を撮影できる点もポイントです。

今回は、そんな神奈川県の野鳥撮影スポットで特にオススメの撮影スポットをご紹介。野鳥撮影が初めての方でも、撮影しやすい野鳥の多いスポットを中心に集めました。撮影にオススメのレンズや、撮影できる野鳥と季節も併せて紹介しているので、撮影の参考にしてみください。

コロナウィルスの影響で、閉園している場合があります。詳細情報に掲載しているURLより開園状況を事前にご確認ください。

目次

神奈川県でオススメの野鳥撮影スポットマップ

このアイコンをタップすると、撮影スポット情報が表示されます。各撮影スポット情報にあるYoutube動画では、各スポットの景色や撮影風景を確認できます。

左の地図にある上記のアイコンをクリックすると、撮影スポット情報が表示されます。各撮影スポット情報の上部にあるYouTube動画では、各スポットの景色や撮影風景を確認できます。

神奈川県の野鳥スポットの特徴

神奈川県の野鳥スポットの特徴は、アオバトやヤマシギなどの珍しい野鳥が撮影できる点です。中郡大磯町にある照ヶ崎海岸では、岩礁に群れで舞い降り、波をかいくぐりながら海水を飲むアオバトの大群を撮影可能。高く上がった波しぶきから飛び出すオリーブ色のアオバトは、迫力満点です。また、横浜市にある舞岡公園では、関東で唯一、毎年ヤマシギが観察可能。山林に住み、警戒心の強いヤマシギは非常に珍しいといえます。

神奈川県で撮影できる野鳥

撮影できる野鳥一覧

アオバト/ウミネコ/トビ/シジュウカラ/メジロ/ヒヨドリ/コゲラ/カルガモ/キンクロハジロ/アオジ/ムクドリ/ヤマシギ/タシギ/カワセミ/エゾビタキ/モズ/ツグミ/エナガ/キビタキ/ツツドリ/シメ/シロハラ/ルリビタキ/カワウ/アオサギ/スズメ/オオバン/カルガモ/カワヒラ

各スポットで撮影できる野鳥

照ヶ崎海岸アオバト/ウミネコ/トビ
三ツ池公園シジュウカラ/メジロ/ヒヨドリ/コゲラ/カルガモ/キンクロハジロ/アオジ/ムクドリ
舞岡公園ヤマシギ/タシギ/カワセミ/エゾビタキ/コゲラ/モズ/ツグミ
権現山(弘法山公園)エゾビタキ/エナガ/キビタキ/ツツドリ/シメ/シジュウカラ/シロハラ/ルリビタキ
多摩川カワウ/アオサギ/スズメ/トビ/ムクドリ/オオバン/カルガモ/カワヒラ

神奈川県でオススメの野鳥撮影スポット5選

照ヶ崎海岸【中郡】

撮影のしやすさ
オススメのレンズ
500~600mm
そのほか装備
三脚、いす

※撮影のしやすさとは…野鳥との出会いやすさ、近づいて撮影しやすいか、野鳥の多さ、アクセスの良さを総合的に評価したものです。5段階評価としています。

照ヶ崎海岸(てるがさきかいがん)は、アオバトの集団飛来地として神奈川県の天然記念物に指定されている海岸です。アオバトの巣がある、県北西部の丹沢山地から、一日延べ数千羽が照ヶ崎海岸に飛来します。多い時は一度に100羽以上のアオバトが海岸に飛来することも。岩礁に砕ける波に負けず海水を飲みに来るアオバトは、一見の価値ありです。撮影にオススメの日は、晴れの日。青い海・青い空・白い波しぶきと、飛び立つアオバトを同時に収めることができます。海岸ギリギリのポジションにカメラマンがいるので、一緒に並ばせてもらうと良いでしょう。

アオバトは近距離にいることも多いため、300mmの望遠レンズで撮影できます。海や空を利用して背景を青一色にしたい場合や、アオバトが飛んでいる姿を狙いたい場合は、500mm以上の望遠レンズがオススメです。撮影は夏がメインのため、熱中症対策を忘れないようにしましょう。

撮影できる野鳥とオススメの季節

撮影は夏がオススメ

鳥の名前
アオバト
ウミネコ
トビ

△:まれに見る ○:ふつう ◎:よく見る

アオバト

ウミネコ

トビ

詳細情報

スポット名照ヶ崎海岸
住所〒255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯
アクセス【車】西湘バイパス「大磯港I.C」からすぐ
【電車】JR「大磯駅」から徒歩約10分
営業時間-
入場料-
駐車場あり(有料:800円/1回)
トイレあり
URLhttps://www.kanagawa-kankou.or.jp/?p=we-page-single-entry&spot=336458&type=spot

三ツ池公園【横浜市】

撮影のしやすさ
オススメのレンズ
500~600mm、800mm
そのほか装備
三脚

三ツ池公園は、三つの池を豊かな樹林が囲む公園です。この公園の最大の特徴は、桜と野鳥を撮影できる点。日本の「さくら名所100選」に選ばれている三ツ池公園では、およそ1,600本の桜が咲き誇り、桜の花の蜜を吸いにメジロやヒヨドリなどが訪れます。普段は枝から枝へ素早く移動するメジロなどの小鳥も、桜の木の上では、同じ場所に留まる時間が長くなります。そのため、桜が咲く時期は、動きの機敏な小鳥たちを撮影する絶好のチャンスです。小鳥たちが桜のフレームに入った可愛らしい写真に仕上がるはず。

撮影には桜が満開の時期が良いと思われるかもしれませんが、7~8分咲きがベストタイミング。満開の時期は、散り始めの枯れた花が混じってしまうことにくわえて、花で野鳥が隠れてしまうためです。また、桜の時期には、池の水面に桜が反射するため、ピンクの水面を泳ぐカモ類の撮影もできます。

撮影できる野鳥とオススメの季節

通年の撮影がオススメ

鳥の名前
シジュウカラ
メジロ
ヒヨドリ
コゲラ
カルガモ
キンクロハジロ
アオジ
ムクドリ

メジロ

カルガモ

ヒヨドリ

詳細情報

スポット名三ツ池公園
住所〒230-0013 神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1 
アクセス【電車・バス】JR「新横浜駅」より市営バス6系統、104系統の「鶴見駅西口」行き「三ツ池公園北門」を下車後、徒歩3分
【車】首都高速神奈川7号横浜北線「岸谷生麦I.C」より8分
営業時間終日開放(ただし、駐車場の利用時間あり)
入場料無料
駐車場あり(有料期間あり)
トイレあり
URLhttps://www.kanagawaparks.com/mitsuike/

舞岡公園【横浜市】

出典:とつかフォトコレクション
撮影のしやすさ
オススメのレンズ
300~400mm、500~600mm
そのほか装備
三脚、双眼鏡

神奈川県横浜市にある『舞岡公園(まいおかこうえん)』。都市部にありながら、田んぼや畑、雑木林など昔ながらの田園風景が残されている公園です。そんな舞岡公園は、ヤマシギが越冬する場所として有名。ヤマシギが飛来すると、多くのカメラマンが撮影に訪れます。柵で隔離された湿地内で、落ち葉の下にいるミミズなどを探しているので、注意して観察してみましょう。ヤマシギの色は落ち葉とそっくりなため、見つけるには双眼鏡が必須です。また、別の湿地では、タシギの他にもクイナやヒクイナが見られる場合があるので併せて探してみるといいでしょう。

舞岡公園では、カワセミなどの留鳥もよく見られます。一つ一つの池があまり大きくない分、野鳥との距離が近いため、500mm程度のレンズであれば表情を鮮明に捉えることができるでしょう。

撮影できる野鳥とオススメの季節

撮影は冬がオススメ

鳥の名前
ヤマシギ
タシギ
カワセミ
エゾビタキ
コゲラ
モズ
ツグミ

カワセミ

出典:https://wetwing.com/myhill/index.shtml

エゾビタキ

出典:https://wetwing.com/myhill/index.shtml

ヤマシギ

詳細情報

スポット名舞岡公園
住所〒244-0813 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町1764
アクセス【電車】横浜市営地下鉄「舞岡駅」より徒歩25分
営業時間終日開放
入場料無料
駐車場あり(有料:300円/2時間)
トイレあり
URLhttp://maioka-koyato.jp/

権現山(弘法山公園)【秦野市】

出典:https://rarea.events
撮影のしやすさ
オススメのレンズ
300~400mm
そのほか装備
三脚、いす

浅間山(せんげんやま)、権現山(ごんげんやま)、弘法山(こうぼうやま)の3つの山一帯は弘法山公園と呼ばれ、県立自然公園にも指定されています。そのうちのひとつである、標高243mの権現山の山頂にはバードサンクチュアリ(野鳥の生息場所)があり、観察窓から小鳥たちが水浴びする様子を撮影可能。水浴びにやってくるのは幼鳥が多く、エナガやエゾビタキなどの可愛らしい小鳥が見られます。複数羽で水浴びをすることもあるので、じっくり待って撮影してみてください。しかし、観察窓は窓の数が少ないうえ、人気のため、空くのを待たなければならないときも…。その場合、冬であれば、周辺の歩道でルリビタキやシジュウカラなどを探すと良いでしょう。

水浴び場は200mm~500mm程度の望遠レンズで撮影できます。600mm以上で撮影すると、画角から野鳥がはみ出てしまうので注意しましょう。撮影に訪れる際は、弘法山にある駐車場に駐車するのがオススメ。権現山にある駐車場より頂上までの傾斜が緩く、徒歩でアクセスしやすいためです。

撮影できる野鳥とオススメの季節

撮影は秋・冬がオススメ

鳥の名前
エゾビタキ
エナガ
キビタキ
ツツドリ
シメ
シジュウカラ
シロハラ
ルリビタキ

エナガ(幼鳥)

キビタキ

ツツドリ

詳細情報

スポット名権現山
住所神奈川県秦野市権現山
アクセス【電車・バス】小田急線「秦野駅」より徒歩35分
バス秦25「曽屋弘法行き」で約10分、「弘法山入口」下車後、徒歩約20分
営業時間終日開放
入場料-
駐車場あり(無料)
トイレあり
URLhttps://www.kankou-hadano.org/pointinformation/pointinformationguide/point_koubouyama.html

多摩川【川崎市】

撮影のしやすさ
オススメのレンズ
500~600mm
そのほか装備
三脚

多摩川は、東京都と神川県の県境を流れる流域面積約1,240kmの一級河川です。多摩川河口付近の神奈川県側、大師橋から河口までの堤防上には歩道・サイクリングロードが整備されており、バードウォッチングや野鳥撮影ができる場所として人気を博しています。

多摩川を訪れる水鳥はもちろんのこと、干潟ではシギチドリ、ヨシ原ではオオヨシキリやオオジュリンなどの小鳥類など、一年を通して多くの野鳥を撮影可能。また、等々力(とどろき)陸上競技場付近の多摩川土手には、毎年2月下旬から3月上旬ごろ河津桜が咲いており、桜の蜜を吸うメジロの撮影ができます。

堤防上の歩道やサイクリングロードは、自転車や歩行者が多い場所のため、野鳥を撮影する際は通行の邪魔にならないように十分注意しましょう。

撮影できる野鳥とオススメの季節

撮影は春がオススメ

鳥の名前
カワウ
アオサギ
スズメ
トビ
ムクドリ
オオバン
カルガモ
カワラヒワ

オオヨシキリ

メジロ

カワウ

詳細情報

スポット名多摩川
住所神奈川県川崎市
アクセス-
営業時間-
入場料-
駐車場あり(有料)
トイレあり
URLhttps://www.city.kawasaki.jp/530/page/0000020718.html

まとめ

神奈川県のオススメ野鳥撮影スポットを5ヶ所ご紹介しました。意外にも自然豊かで、その土地ならではの野鳥を撮影できる神奈川県。海上を舞うアオバトや、桜に留まるメジロは写真映え抜群です。また、都市部にもかかわらず、ヤマシギなどの珍しい野鳥を撮影できる点も魅力。本記事で紹介したオススメのレンズや撮影しやすい季節をもとに、お目当ての野鳥の撮影に出掛けてみてください。

野鳥の撮影にオススメのカメラ特集 バナー
野鳥の撮影にオススメのレンズ特集 バナー
野鳥を魅力的に撮影するコツ・方法
神奈川県の野鳥撮影スポット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる