GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

群馬県でオススメの野鳥撮影スポット5選

群馬県でオススメの野鳥撮影スポット

都心からもアクセスしやすく、上毛三山などの山々がそびえ立ち、尾瀬・利根川などの清流が流れる群馬県。数多くの野鳥が生息し、ミヤマホオジロやオオルリなどの可愛らしい小鳥たちを撮影できます。美しい自然風景と相まって、野鳥たちをより魅力的に撮影できること間違いなしの県です。

今回は、そんな群馬県の野鳥撮影スポットの中でも、特にオススメの撮影スポットをご紹介。野鳥撮影が初めての方でも、撮影しやすい野鳥の多いスポットを中心に集めました。各スポットでの撮影にオススメのレンズや、撮影できる野鳥と季節も併せて紹介しているので、ぜひ野鳥撮影に訪れてみてください。

コロナウィルスの影響で、閉園している場合があります。詳細情報に掲載しているURLより開園状況を事前にご確認ください。

目次

群馬県でオススメの野鳥撮影スポットマップ

このアイコンをタップすると、撮影スポット情報が表示されます。各撮影スポット情報にあるYoutube動画では、各スポットの景色や撮影風景を確認できます。

左の地図にある上記のアイコンをクリックすると、撮影スポット情報が表示されます。各撮影スポット情報の上部にあるYouTube動画では、各スポットの景色や撮影風景を確認できます。

群馬県の野鳥スポットの特徴

群馬県の野鳥スポットの特徴は、自然豊かな公園の中で、森に生息する可憐な小鳥を観察できる点。ミヤマホオジロやジョウビタキなどの可愛らしい冬鳥や、オオルリやキビタキなどのカラフルな夏鳥を撮影できます。紅葉が良く似合う黄色のミヤマホオジロや、新緑に映える青いオオルリは、撮影に最適の野鳥です。また、館林市にある多々良沼や、嶺公園の大堤沼などでは、ハクチョウやオシドリなどの美しい水鳥を撮影できます。

群馬県で撮影できる野鳥

今回紹介するスポットで撮影できる野鳥一覧です。

撮影できる野鳥一覧

ミヤマホオジロ/カシラダカ/アトリ/アカショウビン/ヤマガラ/ルリビタキ/オオルリ/クロツヅミ/コガラ/コルリ/ゴジュウカラ/シジュウカラ/ヒヨドリ/キビタキ/コハクチョウ/オオハクチョウ/オナガガモ/マガモ/シギチ/コサギ/カンムリカイツブリ/ジョウビタキ/コゲラ/エナガ/トラツグミ/ヒレンジャク/カケス/アカゲラ/ウグイス

各スポットで撮影できる野鳥

小根山森林公園ミヤマホオジロ/カシラダカ/アトリ/アカショウビン/ヤマガラ/ルリビタキ
伊香保森林公園オオルリ/クロツヅミ/コガラ/コルリ/ゴジュウカラ/シジュウカラ/ヒヨドリ/キビタキ
多々良沼コハクチョウ/オオハクチョウ/オナガガモ/マガモ/シギチ/コサギ/カンムリカイツブリ
嶺公園ジョウビタキ/ヤマガラ/シジュウカラ/アトリ/コゲラ/ルリビタキ/エナガ/トラツグミ
赤城山ヒレンジャク/カケス/アカゲラ/ヤマガラ/エナガ/オオルリ/キビタキ/ウグイス

群馬県でオススメの野鳥撮影スポット5選

小根山森林公園【安中市】

https://epark.jp
撮影のしやすさ
オススメのレンズ
500~600mm
そのほか装備
三脚、レリーズ、いす

※撮影のしやすさとは…野鳥との出会いやすさ、近づいて撮影しやすいか、野鳥の多さ、アクセスの良さを総合的に評価したものです。5段階評価としています。

小根山森林公園は、東京ドーム約19個分の面積を持つ国有林の中にある公園です。遊歩道や展望台、野鳥観察小屋などが整備されています。緑豊かな園内には野鳥が多く、撮影に最適。園内を流れる小川では、初夏にはアカショウビンが現れることもあり、運が良ければ、春秋の移動の途中のアカショウビンが撮影できるかもしれません。

また、駐車場すぐの鳥獣資料館前も撮影にオススメ。水飲み場と餌台が設置されていて、ミヤマホオジロなどの小鳥たちが代わるがわるやってきます。小鳥たちが水浴びしている姿はとても可愛いので、ぜひ撮影してみてください。数時間待っていれば、確実に撮影できるので、アウトドアチェアなどを持って行き、座ってじっくりと撮影するのがオススメです。

水飲み場や餌台にいる小鳥は近づいて撮影できますが、森林にいる野鳥を撮影したい場合は、500mm以上の超望遠レンズがオススメです。

撮影できる野鳥とオススメの季節

冬の撮影がオススメ

鳥の名前
ミヤマホオジロ
カシラダカ
アトリ
アカショウビン
ヤマガラ
ルリビタキ

△:まれに見る ○:ふつう ◎:よく見る

アカショウビン
ミヤマホオジロ
カシラダカ

詳細情報

スポット名小根山森林公園
住所〒379-0301 群馬県安中市松井田町横川国有林
アクセス【車】横川S.Aから見晴らしの園地まで徒歩15分
【電車】JR「横川駅」から徒歩70分
営業時間9:00~16:30
入場料無料
駐車場あり(無料)
トイレあり
URLhttps://www.city.annaka.lg.jp/kanko_spot/oneyama.html

伊香保森林公園【渋川市】

http://www.ikaho-forestpark.info/
撮影のしやすさ
オススメのレンズ
500~600mm
そのほか装備
三脚

榛名山の東に位置する『伊香保森林公園(いかほしんりんこうえん)』。二ツ岳を中心に東西2.9km、南北1.9kmにおよぶ広大な公園です。ツツジやモミジ、カンバなどが植生している豊かな自然の中で、野鳥撮影が楽しめます。

伊香保森林公園での野鳥撮影は、オンマ谷とシダ池がオススメ。オンマ谷では、コルリやコマドリの撮影を楽しめます。藪の中で隠れていることが多いため、出てくるまで根気強く待ちましょう。また、管理事務所からすぐのシダ池では、野鳥の水浴びを撮影できます。水浴びをした後はじっとしていることが多いので、初心者でも撮影がしやすいはず。

伊香保森林公園ではクマの目撃情報があるため、クマよけの鈴などを携帯して撮影に訪れましょう。

撮影できる野鳥とオススメの季節

撮影は春がオススメ

鳥の名前
オオルリ
クロツヅミ
コガラ
コルリ
ゴジュウカラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
キビタキ
オオルリ
コルリ
コマドリ

詳細情報

スポット名伊香保森林公園
住所〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保999番地9
アクセス【電車】市営ロープウェイ「見晴駅」から約4分
【車】「渋川伊香保I.C」から渋川・松井田線経由で40分
営業時間9:00~16:00
入場料無料
駐車場あり(無料)
トイレあり
URLhttp://www.ikaho-forestpark.info/

多々良沼【館林市】

撮影のしやすさ
オススメのレンズ
500~600mm
そのほか装備
三脚

館林市と邑楽町(おうらまち)にまたがった多々良沼公園。冬になると、公園北部にあるガバ沼に100羽を超えるハクチョウが飛来します。飛来時期は11月~3月頃です。

越冬でシベリアから飛来してくるハクチョウは、主にコハクチョウ。午後3時からの餌やりの時間が近づくと、休息していたハクチョウたちが、多々良沼東の「夕陽の小径」にある給餌場へ移動し始めます。給餌場へ移動する時には、ハクチョウが飛ぶ迫力ある姿を撮影可能。西日に照らされて白い羽が輝く光景は、幻想的です。また、沼の中央にある浮島弁財天の桟橋の両側には、干潟があり、シギチやコサギなどが見られます。桟橋は見通しが良く、野鳥が見つけやすいので撮影にオススメの場所です。

ハクチョウやシギ類は比較的近距離で撮影可能なため、300mm程度の望遠レンズで撮影できます。しかし、カモ類など沼内にいる野鳥を幅広く撮影したいなら、500mm以上の望遠レンズがベターです。

撮影できる野鳥とオススメの季節

冬の撮影がオススメ

鳥の名前
コハクチョウ
オオハクチョウ
オナガガモ
マガモ
シギチ
コサギ
カンムリカイツブリ
コハクチョウ
オナガガモ
コサギ

詳細情報

スポット名多々良沼
住所〒374-0056  群馬県館林市松沼町30-10
アクセス【電車】東武伊勢崎線(スカイツリーライン)「多々良駅」から徒歩23分
【車】東北自動車道「館林I.C」から20分
営業時間24時間
入場料なし
駐車場あり(無料)
トイレあり
URLhttps://tataranuma.com/

赤城山【前橋市】

撮影のしやすさ
オススメのレンズ
300~400mm、500~600mm、800mm
そのほか装備
三脚

群馬県のほぼ中央に位置する『赤城山』。標高1,828mの黒檜山(くろびさん)を主峰とし、火口には大沼・小沼がある自然豊かな山です。面積が広く、多くの種類の野鳥を撮影できるため、ゆっくりと散策しながら撮影を楽しみたい方にオススメのスポットです。ハイキングをしながら山道を進むと、シメがマグノリアの冬芽を食べていたり、アトリが群れで木に留まっていたりします。

また、「小尾瀬」とも呼ばれる周囲約500mの貴重な湿原(覚満淵)もオススメ。初夏にはキビタキやウグイスの幼鳥など、可愛らしい小鳥たちを撮影できます。

霧や急な雨が多いため、機材は防水防滴がオススメです。赤城山周辺には小さい駐車場も含めれば、駐車場が10ヶ所程度あります。撮影したいポイント周辺まで車で行けるので、登山に慣れていない方でも安心して足を運べるスポットです。

撮影できる野鳥とオススメの季節

通年の撮影がオススメ

鳥の名前
ヒレンジャク
カケス
アカゲラ
ヤマガラ
エナガ
オオルリ
キビタキ
ウグイス
キビタキ
アトリ
ヒレンジャク

詳細情報

スポット名赤城山
住所〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山
アクセス【車】関越自動車道「赤城I.C」から山頂エリア大沼まで約40分
【電車・バス】JR「前橋駅」北口バスターミナル6番乗り場から関越交通バスで赤城山ビジターセンターバス停まで約70分
営業時間24時間
入場料無料
駐車場あり
トイレあり
URLhttps://www.maebashi-cvb.com/spot/1084

嶺公園【前橋市】

http://www.gunma-navi.net
撮影のしやすさ
オススメのレンズ
500~600mm、800mm
そのほか装備
三脚

嶺公園は、赤城山南面の美しい自然に恵まれた景勝地にあり、墓地と公園緑地部分を併せ持った墓地公園です。園内には、水の広場、冒険の森、湿生花園、林内には遊歩道などが整備されていいます。

撮影できる野鳥は、冬鳥がほとんど。ミヤマホオジロやアトリ、ルリビタキなど主に林にいる小鳥たちを撮影できます。「ヒッヒッヒッヒッ」「タッタッタッ」といった野鳥の声を頼りに探鳥してみましょう。また、園内には、多くの水鳥が集まる大堤沼という溜池があります。冬には、20羽を超えるオシドリや、餌を探すクサシギを撮影できるスポットです。

前橋市内とはいえ、冬は積雪が残っている場合もあります。園路ではなく、林などを歩き回って撮影したい場合は、スノーシューを準備して訪れるのが良いでしょう。

撮影できる野鳥とオススメの季節

冬の撮影がオススメ

鳥の名前
ジョウビタキ
ヤマガラ
シジュウカラ
アトリ
コゲラ
ルリビタキ
エナガ
トラツグミ
ルリビタキ
オシドリ
クサシギ

詳細情報

スポット名嶺公園
住所〒371-0125 群馬県前橋市嶺町1300番地
アクセス【電車・バス】JR「前橋」駅より永井運輸バス「嶺公園」行き(30分)「嶺公園管理事務所」下車 徒歩1分、または「嶺公園」下車 徒歩5分
営業時間24時間
入場料無料
駐車場あり(無料)
トイレあり
URLhttps://1000enpark.com/park/00539/

まとめ

群馬県のオススメ野鳥撮影スポットを5ヶ所ご紹介しました。自然豊かで多くの野鳥を撮影できる群馬県。可愛らしい冬鳥やカラフルな夏鳥は、写真映え抜群です。敷地面積の広いスポットが多いので、移動の負担にならない軽量なカメラやレンズを使用すると良いでしょう。オススメのレンズや撮影しやすい季節をもとに、お目当ての野鳥の撮影に出掛けてみてください。

野鳥の撮影にオススメのカメラ特集 バナー
野鳥の撮影にオススメのレンズ特集 バナー
野鳥を魅力的に撮影するコツ・方法
群馬県でオススメの野鳥撮影スポット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる