GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

カメラを構える位置(ポジション)・角度(アングル)とその効果

青空 カメラ 撮影 

普段の撮影でカメラの位置や角度を気にしたことはありますか?同じ場所で同じように撮っているつもりでも、カメラの位置や角度のちょっとした違いで、イメージ通りに撮れないことがあります。

そこで、この記事ではカメラを構える位置(ポジション)・角度(アングル)の種類と効果を作例と併せて解説。ポジションとアングルを理解すると、イメージ通りの写真が撮りやすくなります。また、カメラを構える位置と角度は構図を考える際にも大事な要素です。位置や角度を意識して撮影するだけで、写真の印象が大きく変わるので、ぜひ参考にしてください。

目次

カメラを構える位置(レベル・ポジション)とは

カメラ アイレベル ローポジション ハイポジション 一眼レフ ミラーレス
カメラを構えている姿を横から見た図
  1. ハイポジション
  2. アイレベル
  3. ローポジション

カメラを構える位置を「ポジション」といいます。ポジションは3種類です。ちなみに、ポジションはカメラの角度と関係なく、あくまで「位置」のみです。

一般的に、人の目線より高い場所から撮ることを『ハイポジション』。目線より低い場所から撮ることを『ローポジション』。目線と同じ高さから撮ることを『アイレベル』といいます。アイポジションとはいいません。

ハイポジション

カメラ アイレベル ローポジション ハイポジション 一眼レフ ミラーレス
カメラを構えている姿を横から見た図

人の目線より高い位置に構えて撮ることを「ハイポジション」といいます。カメラの角度(アングル)は関係ありません。ハイポジションは、写真の奥行きや空間を強調できるのが特徴です。

ハイポジションのメリット

ハイポジションは、人が普段見ている風景とは異なる写真が撮れるため、新鮮な印象を与えられます。また、ハイアングル(カメラを上から下に向けて構えること)との相性が良く、被写体や景色全体を、上から見渡した写真に仕上げることが可能です。

ハイポジションに向いている撮影シーン

  • 人が密集した混沌とした様子を俯瞰的に撮りたいとき
  • 景色全体を見渡して撮りたいとき
人混みを俯瞰で撮影

ハイポジションは俯瞰的な写真が撮れるので、人が密集する駅や街中で撮影すると、混沌とした様子を分かりやすく表現できます。「こんな広さの、こんな場所に、これくらいの人がいる」というのが一目で分かる写真に仕上がっていますね。

夜景 展望台 写真 ハイアングル
展望台からの夜景

展望台からの写真はハイポジションの定番です。この街の全体像を、1枚の写真で見ることができます。

ハイポジションのデメリット

ハイポジションのデメリットは雑多な印象を与える点です。特に広角レンズで撮影すると、主役の被写体が分からないごちゃごちゃした写真になりがち。また、人物やペットを上から撮ると、目つきが悪く威圧的に感じられることもあります。

ハイポジションに不向きな撮影シーン

ハイポジションは、景色全体を広範囲で写したり、俯瞰で写したりするのに向いているため、客観的な写真になりがちです。そのため、主役を強調させたい人物撮影やペットの撮影には不向きです。

アイレベル

カメラ アイレベル ローポジション ハイポジション 一眼レフ ミラーレス
カメラを構えている姿を横から見た図

人の目線と同じ位置に構えて撮ることを「アイレベル」といいます。人カメラの角度(アングル)は関係ありません。普段自分が見ている景色を、そのまま表現したいときに最適なポジションです。

アイレベルのメリット

アイレベルでは、見慣れたアングルの写真が撮影できるため、安心感や安定感を表現できるのがメリットです。標準画角のレンズ(35~50mm)で撮影すると、見る人が、被写体の恋人や家族になったような感覚になる写真が撮れます。

アイレベルに向いている撮影シーン

  • 家族や恋人のありのままの雰囲気を撮りたいとき
  • 目で見ている風景をそのまま表現したいとき
赤ちゃん お母さん 海辺 写真

アイレベルで人物撮影をすると、まるで、父親が奥さんと子供の二人を撮影したような、温かみのある写真に仕上げられます。

京都 赤 鳥居 写真
参道を実際に歩いている印象

アイレベル×水平で撮影すると、鳥居が並ぶ参道を実際に歩いているように表現することが可能。インパクトのある赤い鳥居が続いているので、単調さが感じられず魅力的な作品に仕上がっています。

アイレベルのデメリット

アイレベルは、人の目線とほぼ同じなので、何も考えずに撮ると単調で退屈な写真になりがちです。ボケを利用して遠近感を強調したり、色や被写体にインパクトのあるものを選んだりすると退屈になりません。

アイレベルに不向きな撮影シーン

大人の目線より低い位置にいる子どもやペット、花の撮影は被写体全体が写らないため、アイレベルには不向きです。

ローポジション

カメラ アイレベル ローポジション ハイポジション 一眼レフ ミラーレス ローポジション
カメラを構えている姿を横から見た図

人の目線より低い位置に構えて撮ることを「ローポジション」といいます。人の目線より低い位置から撮れば、カメラの角度(アングル)は関係ありません。

ローポジションのメリット

ローポジションでは、大人の目線よりも低くなるため、動物や子供が見ているような世界を写し出せます。また、ローアングル(カメラを下から上に向けて構えること)との相性が良く、主観的な表現ができるのも特徴です。見慣れた街に「こんなものがあったんだ!」というような新たな発見が生まれる写真が撮れます。

ローポジションに向いている撮影シーン

  • ペットや子どもを可愛く撮りたいとき
  • 花を主役にして撮りたいとき
猫 昼寝 背景ボケ 写真

ペットの撮影ではペットの目線に合わせることが大切です。そのため、ローポジションが最適。ペットの表情をありのままに表現できます。

秋桜 公園 写真

花を主役にした撮影もローポジションの定番です。「こんなところにコスモスが咲いていたんだ!」とコスモスを主役として引き立てた写真が撮れます。

ローポジションのデメリット

ローポジションは、景色全体の奥行き、建物と地面にあるものとの高低差を表現しにくいのが欠点です。ただし、道の奥行きなど前後の奥行きは出せるので、工夫して撮影すれば面白い作品が作れます。

ローポジションに不向きな撮影シーン

街全体や人がいる情景、雑踏を表現したいシーンには不向きです。あえて雑踏の中で、人の足元のみを写すなどの工夫が必要です。

カメラを構える角度(アングル)とは

カメラ ハイアングル 水平 ローアングル 画像
カメラを横から見た図
  1. ハイアングル
  2. 水平
  3. ローアングル

カメラを構える角度を「アングルといいます。アングルは3種類です。ちなみに、アングルはカメラの位置と関係なく、あくまで「角度」のみです。

カメラを上から下に向けて撮影することを『ハイアングル』。カメラを被写体に対して水平に構えることを『水平』。カメラを下から上に向けて撮影することを『ローアングル』といいます。ローアングルは「あおり撮影」ともいわれます。

ハイアングル

カメラ ハイアングル 角度 画像
カメラを横から見た図

カメラを上から下に向けて撮影することを「ハイアングル」といいます。カメラを構える位置(ポジション)は関係ありません。ハイアングル撮影では、チルト式やバリアングル式など、可動式の背面液晶モニターが備わったカメラを使用するのがおすすめ。モニターを動かしながら撮影できるため、無理な体勢を取らずに撮影できます。

ハイアングルのメリット

ハイアングルは、俯瞰的な写真になるため、写真に客観性を与えてくれます。「ここにこれがあります」と、見えているものを客観的に説明した写真が撮れます。そのため、ハイポジションとの相性が良いのが特徴です。

ハイアングルに向いている撮影シーン

  • テーブルフォトを撮りたいとき
  • 赤ちゃんを親目線で撮りたいとき
  • リフレクション(反射)を活かしたいとき
  • 人や花、建物などの密集具合を表現したいとき
苺 写真 テーブルフォト ハイアングル カメラ
テーブルフォト

料理やスイーツを被写体にするテーブルフォトではハイアングルが一般的。ハイアングルでは食べ物の美味しさが伝わりやすいといわれています。ハイアングルは、周りに配置したおしゃれな小物を一緒に見せられるのも良い点。お皿に盛られた1品料理を真上から撮影するアングルも流行っていますね。

赤ちゃん お母さん ハイアングル 撮影 写真
親目線の赤ちゃん

赤ちゃんをハイアングルで撮影する際は、ただ赤ちゃんだけを撮るのではなく、この写真のように母親を入れたり、ベッドに吊されたおもちゃを前ボケとして入れたりすると◎。寝相アートなど、寝ている赤ちゃんのそばに小物を追加して、面白い演出をするのも良いですね。

ビル リフレクション 水たまり ハイアングル 撮影 写真
水たまりに写るビル群

上記はリフレクション(反射)を利用した、水たまりでの撮影です。ビルは一般的にローアングルで見上げて撮影することが多い被写体ですが、この写真はハイアングルで撮影。リフレクションを利用すると、写真1枚にハイアングル・ローアングルの2つの効果が得られます。ただ撮っただけになりがちなハイアングルですが、リフレクションを利用すると一味違った面白い写真が撮れますよ。

菜の花 花 畑 黄色 写真
一面の菜の花

一面に咲く菜の花をハイポジション×ハイアングルで撮った1枚です。ハイアングルで撮ることで、菜の花畑全体を表現できるだけでなく、黄色い背景画像のような面白い作品にできます。家や人の密集度合いを表現するのも面白いですよ。

ハイアングルのデメリット

写真全体に地面が写る割合が多くなるため、平面的になりやすいのがデメリット。手前にあるもので前ボケを作ると、立体感が出るのでおすすめです。

ハイアングルに不向きな撮影シーン

上から見下ろす撮影になるため、人物撮影やペットの撮影では目つきが悪い印象を与えることもあります。

水平

カメラ 水平 アングル 画像
カメラを横から見た図

水平とはその名の通り、カメラを地面と水平に構えて撮影することです。カメラを構える位置(ポジション)は関係ありません。アイレベルと組み合わせて撮影することが多いのが特徴です。

水平のメリット

水平は、写真のバランスが取りやすいほか、その場にいるかのような臨場感を与えてくれます日常感や親近感、安定感が出のも特徴です。

水平に向いている撮影シーン

  • 人物撮影で親近感を表現したいとき
  • 目で見た景色を目で見たまま表現したいとき
  • 花畑の中に実際にいるような写真が撮りたいとき
ポートレート 女性 撮影 水平
記念撮影感

ポートレート撮影では、旅行先で撮る記念写真のような1枚に仕上げられます。これを良いと捉えるか悪いと捉えるかは撮る側のイメージ次第。恋人や家族と一緒に出掛けているかのような親近感を表現したければ、水平に構えて撮ると良いでしょう。

海 夕日 景色 写真
美しい景色をそのまま

水平での撮影は、実際に見た美しい景色を、目で見た通りに表現できます。単調に写ってしまいがちな海や山ですが、夕日や朝日など色にインパクトがあると、単調に見えません。

ひまわり 黄色 写真
ひまわり畑の中

花を水平で撮影すると、花と同じ高さになるので、自分も花畑にいるかのような写真が撮れます。水平に構えることで、背景の花々も重なりより華やかな印象にすることが可能。前ボケを入れてさらに華やかさをプラスするのも良いでしょう。

足元 階段 青 写真
一味違うスナップ写真

面白みに欠ける写真になりがちな水平でのスナップ撮影ですが、切り取り方を変えると面白い写真に仕上げることが可能。日常のありふれたシーンですが、普段とは違う目線を切り取ると、面白い写真になります。

水平のデメリット

水平で撮影した写真は、面白みに欠けるのが欠点です。特に広角レンズを使って水平で撮る場合は、スマホのカメラの画角に近いため、記録用になんとなく撮ったような写真になりがちです。F値を小さくして背景をぼかしたり、色のコントラスト(明度や彩度または色の対比)を強調したり、ちょっとした工夫があると個性が出ます

水平に不向きな撮影シーン

際立って不向きなシーンはありませんが、写真が単調にならないような工夫をしましょう。

ローアングル

ローアングル カメラ 撮影 画像 アングル
カメラを横から見た図

カメラを下から上に向けて撮影することを「ローアングル」、または「あおり撮影」と呼びます。カメラを構える位置(ポジション)は関係ありません。チルト式やバリアングル式など、可動式の背面液晶モニターが備わったカメラを使用するのがおすすめ。モニターを動かしながら撮影できるため、無理な体勢を取らずに撮影できます。

ローアングルのメリット

ローアングルは、写真を主観的に見せてくれるのが特徴ですそのため、主役を強調した写真が撮れます。広角レンズを使うと遠近感が強調されるので、いつも見ている街角に不思議な雰囲気や迫力を加えることが可能。また、被写体を上に見上げるため、爽やかさ」や「希望」など前向きなイメージを表現したい場合にも最適です。

ローアングルに向いている撮影シーン

  • 青空や星空を撮りたいとき
  • 被写体の迫力を表現したいとき
  • ペットや子どもを可愛く撮りたいとき
  • 人物のスタイルを良く見せたいとき
星空 写真 カメラ 撮影 星景
 星景写真

ローアングルの定番といえば、空や星空の撮影。この写真は、中心に配置した天の川を、木々のシルエットが囲んでいます。広角レンズとローアングルの遠近感により、主役の天の川がいっそう強調された写真です。

桜 青空 ローアングル カメラ 撮影
桜と青空で爽やかさ

空を入れた花の撮影もおすすめです。この写真では、爽やかな青空と桜が春の新鮮な気持ちを表現してくれています。新しい場所や人との出会いに希望を感じるような作品に仕上がっていますね。

竹林 ローアングル 広角レンズ 撮影 写真
竹林の迫力

ローアングル撮影は、写真に迫力を出したいときに適しています。この写真では、竹がこのまま襲ってくるかのような印象を受けますね。自然の偉大さや壮大さが感じられる、ローアングルならではの作品です。

コーギー 飛行犬 カメラ 一眼レフ ミラーレス 撮影 紅葉 落ち葉
飛行犬

飛行犬撮影など、犬が飛んでいるシーンを高く見せたいときもローアングルで撮影すると◎。実際は数cmでも、写真ではそれ以上に高くジャンプしているように見えますよ。

ポートレート 女性 おしゃれ 写真
脚長効果

人物撮影では、脚は長く、顔は小さく見える効果があります。スタイル抜群のモデルのような写真が撮れるため、ポートレート撮影ではローアングルが多用されがち。人物より少し低い位置からローアングルで撮影するのがコツです。

教会 天井 写真 撮影 カメラ
教会の天井

究極のローアングルといえるのが、撮影角度90°のアングル。レンズを真上に向けた撮影です。屋外であれば、空しか映りませんが、美しい建物の中では積極的に撮影すると良いでしょう。神社仏閣、協会などでレンズを真上に向けて水平垂直を合わせて撮ると、造形美が際立ちます。

ローアングルのデメリット

広角レンズを使ってローアングルで撮影する場合、写真の歪みが大きくなるので注意が必要です。

ローアングルに不向きな撮影シーン

ローアングルは、テーブルフォトや展望台からの撮影など、ハイアングルでしか撮れない撮影シーンには基本的に不向きです。また、主題のないローアングルでの撮影はインパクト不足になりがちです。

まとめ

カメラ アイレベル ローポジション ハイポジション 一眼レフ ミラーレス

写真をイメージ通りに仕上げる、カメラの構える位置と角度について解説しました。ポジションと角度をマスターして、イメージ通りの写真が撮れると、写真のレベルはワンランクもツーランクもアップします。また、被写体や風景に応じてポジションとアングルを組み合わせると、一風変わった面白い写真も撮ることが可能。ぜひ、この記事を参考に、さまざまな位置や角度で撮影にチャレンジしてみてください。

青空 カメラ 撮影 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる