GooPass ANIMAL MAGAZINEのInstagram更新中!

四国で撮影にもオススメの水族館5選

四国で撮影にもオススメの水族館

四方を海に囲まれた四国には、幻想的な水槽展示が話題の「四国水族館」や、イルカショーやペンギン・アシカが見られる「新屋島水族館」など、魅力たっぷりの水族館がたくさんあります。また、アメリカマナティやトドショーなど、珍しい展示やショーを見られる点も魅力です。

今回は、そんな四国の水族館の中でも、特に撮影にオススメの水族館をご紹介。オススメのショーや見どころ、撮影のコツも併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コロナウィルスの影響で、ショー・イベントが中止されている場合があります。詳細情報に掲載しているURLより開催状況を事前にご確認ください。

目次

四国でオススメの水族館マップ

このアイコンをタップすると、撮影スポット情報が表示されます。各撮影スポット情報の上部にあるYouTube動画では、各水族館にいる生き物やショー風景を確認できます。

左の地図にある上記のアイコンをクリックすると、撮影スポット情報が表示されます。各撮影スポット情報の上部にあるYouTube動画では、各水族館にいる生き物やショー風景を確認できます。

四国で撮影にもオススメの水族館5選

足摺海洋館 SATOUMI(高知県/土佐清水市)

出典:https://kaiyoukan.jp

高知県土佐清水市にある『足摺海洋館 SATOUMI(あしずりかいようかん)』は、足摺宇和海国立公園の美しい海を臨む水族館です。足摺海洋館には、豊かな太平洋に生息する様々な生き物、約350種15,000匹が展示されています。館内のメインエリアである四国最大級、水量430tの大水槽『竜串湾大水槽(たつくしわんだいすいそう)』では、足摺宇和海国立公園内にある竜串湾の海中景観を再現。シコロサンゴの群落と、カラフルな熱帯魚が泳ぐ幻想的な世界を楽しめます。また、全国的に珍しいシノノメサカタザメが展示されている点も、竜串湾大水槽の魅力。そのほか、ユーラシアカワウソやウミガメの展示も人気です。

見どころ

外洋
出典:https://kaiyoukan.jp

1Fにある『外洋』は、エイやサバ、サメ、カツオが泳ぐ水槽です。シンプルな水槽ですが、海面と青く深い海に魚が群れをなして泳いでいく様子を、まるで2画面のように見られます。

撮影場所外洋(1F)
オススメレンズ広角レンズ

イワシ

1Fの竜串湾エリアには、マイワシ約1万匹が展示されています。キラキラと輝きながら同一方向に泳ぐ様子は圧巻です。

撮影場所竜串湾(1F)
オススメレンズ標準レンズ

撮影のルール

写真撮影三脚一脚フラッシュ撮影
---

撮影の際は必ず各水族館の撮影ルールを順守しましょう。撮影ルールに関しては詳細情報のURLよりご確認ください。

詳細情報

スポット名足摺海洋館
住所〒787-0450 高知県土佐清水市三崎4032 
アクセス【電車・バス 】JR土讃線経由土佐くろしお鉄道「中村駅」より西南交通バスにて約1時間30分
【車】中村より国道321号(足摺サニーロード)に入り約45分
営業時間9:00~17:00
入場料1,200円
駐車場無料
URLhttps://www.kaiyoukan.jp/

四国水族館(香川県/宇多津町)

四方を海に囲まれた四国の豊かな水景を再現した『四国水族館』。館内には瀬戸内海エリアをはじめ、5つのエリアがあります。中でも1Fの太平洋ゾーンはオススメのエリアです。四国最大となる650立方メートルの巨大水槽に、太平洋を泳ぐ回遊魚を展示。飼育が難しいとされるカツオ類も展示され、豊かな北太平洋を再現しています。また、太平洋ゾーンでは、シュモクザメを下から見上げられる水槽『神無月の景』もオススメ。その他、アシカ・ペンギンショーを見られる水遊ゾーンなどがあり、1日中いても飽きない水族館です。

見どころ

神無月の景

アカシュモクザメの群れを下から見上げられるサメ水槽『神無月の景』。魚が遊泳する姿を横から眺める一般的な展示とは異なり、直径4.5メートルの丸窓からサメの魚影を見上げられる水槽です。まるで海底にいるような臨場感を堪能できます。

撮影場所神無月の景(1.2F)
オススメレンズ標準レンズ

イルカプレイングタイム

イルカが泳ぐ海豚プールの背後には、美しい多島海、瀬戸内海が広がります。海豚プールでは、1日に3回程度イルカショー『イルカプレイングタイム』が開催。海の向こうに沈む夕日と、オレンジ色の光の中をジャンプするイルカたちを堪能できます。

撮影場所海豚プール(2F)
オススメレンズ望遠レンズ

撮影のルール

写真撮影三脚一脚フラッシュ撮影
混雑時は不可混雑時は不可一部エリアは禁止

撮影の際は必ず各水族館の撮影ルールを順守しましょう。撮影ルールに関しては詳細情報のURLよりご確認ください。

詳細情報

スポット名四国水族館
住所〒769-0201 香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4(宇多津臨海公園内)
アクセス【車】瀬戸中央自動車道「坂出I.C」より約10分
営業時間9:00~18:00(日にちによって前後あり)
入場料2,200円
駐車場あり(600円/1回)
URLhttps://shikoku-aquarium.jp/

新屋島水族館(香川県/高松市)

出典:https://r.goope.jp/new-yashima-aq

香川県高松市屋島東町にある水族館『新屋島水族館(しんやしますいぞくかん)』。標高約300mの屋島山頂にある日本でも珍しい水族館です。そんな新屋島水族館では、アメリカマナティが大人気。大きな体をくねらせながら、ゆるゆると泳ぐ姿は愛嬌たっぷりです。また、屋外にある銭の形をした『ご縁水槽』には、ゼニガタアザラシが優雅に泳いでいます。1日数回行なわれているアザラシ、イルカ、ペンギン、カワウソ、ウミガメのエサやり体験も人気です。

見どころ

マナティ

新屋島水族館のマスコットキャラクターにもなっているマナティ。土日祝日の10:30からは、マナティがごはんを食べる『ごはんの時間』というイベントが開催されています。水槽の中をゆらゆらとただよいながら、キャベツを口に運ぶマナティはとてもチャーミングです。

撮影場所1F
オススメレンズ標準ズームレンズ

ゼニガタアザラシ

SNSで一躍有名になった傘をさすアザラシ・水雨(みう)ちゃんが大活躍する『アザラシパフォーマンス』。ドーナツ型水槽の中で逆立ちをしたり、2頭で相合傘をしたり、観客に向かって拍手をしたり…。可愛らしいパフォーマンスは必見です。クリスマスにはリースといった具合に、季節に応じて手にするものを変えている点も注目です。

撮影場所1F
オススメレンズ中望遠単焦点レンズ

撮影のルール

写真撮影三脚一脚フラッシュ撮影
--一部エリアは禁止

撮影の際は必ず各水族館の撮影ルールを順守しましょう。撮影ルールに関しては詳細情報のURLよりご確認ください。

詳細情報

スポット名新屋島水族館
住所〒761-0111香川県 高松市屋島東町1785-1
アクセス【電車・バス】ことでん「屋島駅」より、ことでんシャトルバス約10分
営業時間9:00~17:00
入場料1,500円
駐車場有料(300円)
URLhttps://r.goope.jp/new-yashima-aq

桂浜水族館(高知県/高知市)

出典:https://www.attaka.or.jp

高知の名勝「桂浜」公園の浜辺にある『桂浜水族館』。2021年5月にニュースサイトが行なった全国の水族館人気ランキングで、大阪の海遊館や沖縄の美ら海水族館など、50館の中から1位を獲得した人気の水族館です。設備は小規模ですが、約220種類4000匹が展示されています。桂浜水族館の魅力は、多くの生き物たちを間近で鑑賞できること。カピバラやウミガメにごはんをあげたり、クマノミに触れられたり、ペンギンのお散歩が見られたり…。大きな水族館だと大行列ができてしまうようなイベントも、最前列でじっくり鑑賞できます。また、トドやアシカなど、人気の動物ショーは、動物たちが客席までやってきてくれると大人気です。

見どころ

トドショー

四国でトドショーを開催しているのは、桂浜水族館だけ。ショーの途中ではトドがプールから出てきて客席まできてくれます。ショー終盤に見せる大技「バックフリップ」は見どころです。

撮影場所トドプール
オススメレンズ高倍率ズームレンズ

コツメカワウソ

桂浜水族館で人気の動物といえばコツメカワウソです。2020年9月に赤ちゃんが誕生し、現在は5頭で仲良く暮らしています。5頭で顔をくっつけて寝ているなど、その愛くるしい姿に癒されること間違いなしです。

撮影場所コツメカワウソエリア
オススメレンズ望遠レンズ

撮影のルール

写真撮影三脚一脚フラッシュ撮影
--一部エリアは禁止

撮影の際は必ず各水族館の撮影ルールを順守しましょう。撮影ルールに関しては詳細情報のURLよりご確認ください。

詳細情報

スポット名桂浜水族館
住所〒781-0262 高知県高知市浦戸778 桂浜公園内
アクセス【電車・バス】JR「高知駅」または「はりまやばし」からとさでん交通バス桂浜行で約30分
【車】高知自動車道「高知I.C」より30分
営業時間9:00~17:00
入場料1,200円
駐車場あり(有料:400円/1回)
URLhttps://katurahama-aq.jp/

むろと廃校水族館(高知県/室戸市)

出典:https://higashi-kochi.jp

高知知県室戸市室戸岬町の旧椎名小学校を改修した『むろと廃校水族館』。25mプールを利用した屋外型大水槽には、ブリやサバ、サメ、地元の定置網にかかったカメなどがゆったりと泳いでいます。また、屋内のユニークな展示も人気の理由。イカのすみで書いた習字が飾ってあったり、手洗い場でエビやヒトデに触れられたり…。理科室にはサメの肺や内臓のホルマリン漬けがずらりと並んでいます。他の水族館とは一線を画す、ユニークな展示が魅力の水族館です。

見どころ

跳び箱

跳び箱をリメイクした金魚の水槽は人気の展示です。この水槽にいる金魚は、校内の池を清掃しているときに見つかった金魚だそう。

撮影場所水槽エリア(2F)
オススメレンズ標準レンズ

プール

屋外にあるプールは見どころの一つ。階段上から見ることもできますが、プールサイドから生き物を間近で見るのがオススメです。

撮影場所プール 1F
オススメレンズ広角レンズ

撮影のルール

写真撮影三脚一脚フラッシュ撮影
--一部エリアは禁止

撮影の際は必ず各水族館の撮影ルールを順守しましょう。撮影ルールに関しては詳細情報のURLよりご確認ください。

詳細情報

スポット名むろと廃校水族館
住所〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町533-2
アクセス【車】高知自動車道「南国I.C」より車で約2時間
【バス】高知東部交通バス・安芸甲浦線「むろと廃校水族館前」下車徒歩1分
営業時間9:00~17:00(時期によって変更あり)
入場料600円
駐車場あり(無料)
URLhttps://www.city.muroto.kochi.jp/pages/page0343.php

水族館での撮影にオススメなカメラ・レンズの選び方

クラゲ 海月 水族館 幻想的 写真

水族館での撮影にオススメなカメラ・レンズの選び方を紹介します。

カメラ

ミラーレス一眼カメラ

水族館での撮影には、コンパクト軽量なミラーレス一眼カメラがオススメ。三脚の使用を禁止している水族館は多いため、手持ち撮影が基本です。水族館での撮影には1日中撮影しても疲れにくい、軽量・コンパクトなミラーレス一眼カメラが向いているといえます。

また、水族館内は暗いので、ミラーレス一眼カメラの中でも、高感度耐性の強いフルサイズ機や手振れ補正機構が搭載されたモデルを選ぶと良いでしょう。

一眼レフカメラ

水族館での撮影には、一眼レフカメラもオススメ。一眼レフカメラは、ミラーレス一眼カメラに比べてボディが大きく重いのが難点ですが、高感度耐性に優れたモデルが多く存在します。高感度耐性に優れたモデルは、ISO感度を上げても写真のザラつき(ノイズ)を軽減できるため、暗い水族館内での撮影に向いているカメラです。

レンズ

標準ズームレンズ

標準ズームレンズは、水族館の生き物や水槽をまんべんなく撮りたい場合にオススメです。広角側では大きな水槽全体を、中望遠側では主役の魚にクローズアップした写真が撮れます。レンズを選ぶ際は、暗い水族館でもISO感度を上げすぎなくて済むF2.8の明るいズームレンズがオススメ。また、焦点距離は広角側で24mm前後、望遠側で70mm前後を選ぶと良いでしょう。

単焦点レンズ

単焦点レンズは、深海魚など暗い場所に住む生き物を綺麗に撮りたい場合にオススメ。単焦点レンズはズームレンズよりF値の小さい明るいレンズが多いからです。F1.8以下の明るいレンズであれば、ISO感度2000以下で撮影できる場合がほとんど。単焦点レンズはF値が小さい分、ISO感度を上げなくて良いので、写真の画質を落とさず撮影できます。焦点距離は、魚が群がっている様子や1匹の魚をアップでも撮れる35mm、50mmがオススメです。

望遠レンズ

望遠レンズは、屋外で開催されるイルカショーやアシカショーなど、撮影したい生き物と距離がある場合にオススメです。望遠レンズを使用すると、イルカやアシカの表情や目線などの細かい部分までハッキリと写せます。また、望遠レンズは水槽の奥にいる魚を大きく写したいときにもオススメです。焦点距離は、動物の全身と顔のアップの両方が撮れる70mm-200mmのレンズを選ぶと良いでしょう。

まとめ

四国で撮影も楽しめるオススメの水族館5選をご紹介しました。夕日とイルカショーを一緒に見られる四国水族館や、相合傘をする可愛いアザラシが見られる新屋島水族館など、四国には魅力的な水族館がたくさんあります。また、トドやペンギンなどを間近で見られる桂浜水族館や、ユニークな水槽展示で話題のむろと廃校水族館もオススメです。ぜひ、本記事を参考に四国の水族館へ出掛けてみてください。

四国で撮影にもオススメの水族館

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【Zn8YfrQu】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年12月31日までに新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

"カメラのサブスク"・GooPassを展開するカメラブ株式会社の編集ライター。自社Webメディア『GooPass ANIMAL MAGAZINE』の編集スタッフとして、記事制作などを担当する。カメラを使い始めたのは2020年から。愛犬2頭を美しい景色の中で撮影するのが好き。使用カメラは、Canon EOS R6。

目次
閉じる